エドワード・ヤンの恋愛時代

劇場公開日:

  • 予告編を見る
エドワード・ヤンの恋愛時代

解説

「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」「ヤンヤン 夏の想い出」などで知られる台湾の名匠エドワード・ヤンが1994年に手がけた青春群像劇。

急速な西洋化と経済発展が進む1990年代前半の台北。企業を経営するモーリーは、自分の会社の経営状況も、婚約者アキンとの仲も上手くいかずにいる。モーリーの会社で働く親友チチは、モーリーの仕事ぶりに振り回され、恋人ミンとはケンカが絶えない。そんなモーリーとチチの2人を中心に、同級生・恋人・同僚など10人の男女が2日半という時間の中で織りなす人間模様を描き、心に空虚感を抱える彼らが自らの求めるものを見いだしていく姿を映し出す。

1994年の金馬奨で脚本賞・助演男優賞・助演女優賞を受賞し、第47回カンヌ国際映画祭にも正式出品。第79回ベネチア国際映画祭にてワールドプレミア上映された4Kレストア版で2023年にリバイバル公開。

1994年製作/129分/G/台湾
原題:獨立時代 A Confucian Confusion
配給:ビターズ・エンド
劇場公開日:2023年8月18日

その他の公開日:1995年(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第47回 カンヌ国際映画祭(1994年)

出品

コンペティション部門
出品作品 エドワード・ヤン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Kailidoscope Pictures

映画レビュー

5.0都市を描く映画の名作

2023年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

エドワード・ヤン監督の一番の代表作は『クーリンチェ少年殺人事件』だというのが定着している。しかし、キャリア後期には『クーリンチェ』のイメージとは異なる、軽やかな作品を作るようになったのだけど、これはその走りとなった作品だ。この映画は、確か『クーリンチェ』から3年後に発表された作品だと思うが、前作とは全く異なる作風になっていて驚く。個人的には後期の軽やかなタイプの作品のが好きだ。

とにかくこの映画は、台北という街が魅力的に見える。観光的な魅力ではない。きれいな風景がいっぱいでてきたり、遊びに行く場所がたくさん映っているとかそういう意味ではなく、都市とそこに生きる人の息づかいがすごく伝わってきて、「ここで暮らしてみたいな」という気にさせるのだ。軽薄なようで何か切実なようで、人はこの都市で何を求めて生きているのか、都市に生きる生態系みたいなものが、軽やかだけど克明に刻まれている感じがする。都市を描く映画として映画史の中でも特筆すべき一本だと思う。
エドワード・ヤンの近代都市を捉える眼差しはこの後の作品でも存分に発揮され、『カップルズ』に『ヤンヤン 夏の想い出』へと結実する。軽やかだけど人間を見つめる眼差しは鋭い。この肩の力の抜けた余裕に痺れる。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
杉本穂高

3.5分からなかった

2024年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

あんまり分からない。もう少し歳取ったら分かるような気もする。
終わり方良かった。エレベーター開いた瞬間、お互い「あ!」ってなっただろうね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なにわ

5.0人はパンのみにて生きるにあらず

2023年10月7日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

幸せ

物質的な豊かさだけで心は満たされない。
そんな心の空洞を埋めるものを見つけたいともがく人たちへの、慈愛の眼差しが、ロウソクの灯りのように温かい。
暗転して切り替わる場面が、独立していて、それらが一つの物語を紡いでいる、新鮮!

コメントする (0件)
共感した! 1件)
アメリカの友人

4.0そうだ!このスピード感👍青春時代の毎日

2023年10月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

目まぐるしく展開する周囲
あっちでも、こっちでも
いつも、誰かが、波風立てる。
そして、深く悩み、語り合う。

青春時代は、まさに。

前半は、アメリカ映画のようでもあり
現代の韓国TVドラマのようでもある。
言葉が飛び交い
イケイケの場面が、どんどん変わる。

そして、後半
日本映画のような、暗く、重い
シーンで、綴られていく。

なんとも、憎い、構成。

で、ラストは、どうなるの?
と、気になってしょうがない。

この展開で
どう終わらせるの?

でラストカット
まいった😂
これぞ、青春映画!
👏👏👏

コメントする (0件)
共感した! 0件)
SkyLock