アラジンと女盗賊

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アラビアン・ナイトを土台にし、ルーサー・デイヴィスが書いた脚本を、「ボーイハント(1961)」のヘンリー・レビンが監督したお色気冒険物語。撮影は「バグダッドの盗賊(1961)」のトニーノ・デリ・コリ。音楽は「ローマ・オリンピック1960」のアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノが担当。出演するのは「嬉し泣き」のドナルド・オコナー、「恋はすばやく」のヴィットリオ・デ・シーカ、仏映画界のノエル・アダム、イタリア映画界のアルド・ファブリッツィ、ファウスト・トッツィ、ジョバンナ・カレッティなど。製作はジョー・レビン。

1961年製作/アメリカ
原題:The Wonders of Aladdin
配給:MGM映画

ストーリー

昔々のバグダッド。母が買ってくれたランプをもって市場を歩いていたアラジン(ドナルド・オコナー)は母に食べさそうと食物篭をとって巨人のオマールに追いかけられた。しかし危ないところをランプの精(ヴィットリオ・デ・シーカ)に助けられオマールも生涯の従者にしてしまった。アラジンは恋人のドヤルマ(ノエル・アダム)とともに王子とツアイナ姫の結婚式に出かけたが、ビッツィエル公の陰謀に巻きこまれてしまった。公は王子を殺して王国を我がものにしようとしたのだ。ドヤルマと王子は捕らえられ、砂漠にとり残されたアラジンは女盗賊団に助けられた。ところが喜んだのも束の間、彼らがアラジンをいけにえにしようとしていることを知ってランプの精をよび、逃げ出すとともに王子を救った。公は姫をだまして結婚しようと盛大な式を催したが、その席上アラジンはランプの精とともに現われ、公の陰謀を粉砕してしまった。やがてアラジンは貴族に取り立てられドヤルマと結婚。ランプの精は静かに天国へ去って行った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る