悪魔の沼

劇場公開日

悪魔の沼
0%
50%
30%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ホテルを訪れた客をつぎつぎに残虐な方法で殺害し、ペットの鰐に食わしていた男の話。製作はマーディ・ラスタム、監督は「悪魔のいけにえ」のトビー・フーパー、脚本はアルヴィン・L・ファスト、マーディ・ラスタム、撮影はロバート・カラミコ、音楽はトビー・フーパー、ウェイン・ベルが各々担当。出演はネヴィル・ブランド、メル・ファーラー、スチュアート・ホイットマン、マリリン・バーンズ、ウィリアム・フィンレイなど。

1976年製作/91分/アメリカ
原題:Death Trap
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

テキサスの小さな町。クララ(ロバータ・コリンズ)は、ミス・ハッティ(キャロリン・ジョーンズ)の淫売宿を追い出されて、スターライト・ホテルに部屋をとる。崩れかかった建物のそばにある沼にはアフリカ産の鰐(クロコダイル)が棲息していた。クララが淫売宿から来たと知ると、ホテルの主人ジャッド(ネヴィル・ブランド)は怒り出し鋤で殺して死体を沼になげ入れる。鰐は大きな顎をあけ死体に食いつく。ロイ(ウィリアム・フィンリー)とフェイ(マリリン・バーンズ)の夫婦が、娘アンジー(カイル・リチャーズ)をつれてやってくる。ペットの犬を鰐に食われたショックでアンジーは半狂乱となり、部屋に運び入れ落ち着かせる。ハーヴェイ(メル・フィーラー)とリビー(クリスティン・シンクレア)父娘が、娘のクララを捜し求めてやってくる。ジャッドはクララが来たことを否認し淫売宿に行って見ろと示唆する。ハーヴェイは警察に行き、保安官ドワイト・マーティン(スチュアート・ホイットマン)の案内で、ミス・ハッティの淫売宿にゆくが、ここでも否認される。疲れたハーヴェイは1人ホテルに戻る。動顛していたロイはショットガンで鰐を射殺しようとする。ジャッドは、「やめてくれ」という頼みをきいてくれぬと知ると、大鎌をロイの首すじにぶち込む。ベランダの手すりをぶちやぶったロイの身体は鰐によって沼に引きづられてゆく。バス・ルームにいたフェイを襲って縛りあげ、それを見たアンジーを大鎌を持って追い廻す。アンジーは縁の下に逃げこむ。彼女の助けを求める声を聞いたハーヴェイが、耳をすましていると、ジャッドの大鎌が首にくい込む。ぐいぐい力を入れるジャッドとのたうつハーヴェイ。彼の死体も沼のなかに投げ入れられる。土地の若者バック(ロバート・イングランド)が恋人リネットを連れてやってき、部屋にひきこもり、愛撫を始める。が、フェイのたてる音にムードをこわされたバック。外に出て見ると少女の叫び声を聞きつけ、出所を調べていると、ジャッドに沼につきおとされる。リネットは大鎌を手にしたジャッドに追われるがからくも逃げきる。ホテルに戻ったリビーは縛られているフェイを自由にしてやる。ジャッドは鰐を縁の下に入れ、フェイを追い重傷を負わせる。逃げまわったアンジーは金網をのぼる。彼女を落そうと金網をゆらすジャッドを瀕死のフェイが沼につき落す。アンジーは無事たすかる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0キル・ビル

kossyさん
2018年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

さすがにチェーンソーと比べると、大鎌では物足りない。おまけに、宿屋の主人は自分の右足をワニに食われて義足なので、動きが鈍いところが襲われるという恐怖感が少ないのかもしれません。それでも、小さな女の子がずっと床下で逃げ回っている様子はハラハラドキドキものでした。スケベなロバート・イングラムも早く助けてやれよ!と祈るような気持ちに・・・

 冒頭でそのロバート・イングラムが売春宿にやってきた女の子を襲うシーンがあるのですが、「名前はバック・・・」という台詞はそのまま『キル・ビル』でオマージュされているところだ。思わずニヤリとしてしまいました。そのバックさん。売春宿では2人の女の子をあてがわれたのに、その日のうちにガールフレンドとまた・・・飼われていたワニの食欲も凄いものだったけど、バックさん色狂いも激しすぎます。

 猟奇殺人の犯人の性格は『悪魔のいけにえ』と違い、どちらかというと『サイコ』風。しかし風貌は猟奇的だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.5トビー・フーパー監督のご冥福をお祈りします。

2017年8月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

笑える

チープなハリボテの巨大クロコダイルに目をつむることが出来れば、美女たちの絶叫も耳に心地よい、低俗極まりないB級ホラーとして楽しめることでしょう。おまけに画面からは惜しげもなく生おっぱいがぽろりぽろりとこぼれ落ち。

町のはずれで小汚いホテルを経営するジャッドは、孤独とカントリー・ミュージックとホテルの敷地内の沼で飼育しているクロコダイルをこよなく愛する風変わりなオヤジである。
特に彼のクロコダイルに注ぐ愛情はハンパなく、自分の片足を喰いちぎられようとも、愛しいクロコダイルのお腹を満たしてあげる為に夜な夜な手製の大鎌を振りかざして宿泊客たちに襲いかかるのであった、と以上が大まかなあらすじであるが、はっきり言って何のヒネリもございません。
クロコダイルに襲撃されるシーンも、そのほとんどが演者の一人芝居でしょう。
しかし、この尋常でないジャッドのイカれっぷりに嫌悪感を抱きたくなるどころか、度肝を抜かれるような殺戮シーンの数々に目が釘付けになってしまいます。
トビー・フーパー監督と言えば真っ先に『悪魔のいけにえ』が思い浮かぶが、本作も捨てがたい怪作だと思うんだけどなぁ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る