ゴッド・ブレス・アメリカ

劇場公開日

  • 予告編を見る
ゴッド・ブレス・アメリカ
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

現代社会に不満を抱える中年男と女子高生が、社会にはびこる許せない人々を抹殺していく姿を、ブラックユーモアとハードなバイオレンスを交え痛快に描くカルトムービー。離婚、リストラ、不治の病と理不尽な不幸が続き自暴自棄になっていたた中年男フランクは、TVのリアリティ番組に出ていたわがままセレブのクロエに怒り爆発。クロエを拉致して処刑してしまう。その様子を偶然目撃した女子高生ロキシーは、フランクの行為を絶賛。2人はコンビを組み、マナーの悪い若者グループや過激な発言ばかり繰り返すTV司会者、狂信的な宗教指導者など、世の中の許せない奴らを次々と抹殺していく。主演はビル・マーレイの弟ジョエル・マーレイ。

2011年製作/104分/R15+/アメリカ
原題:God Bless America
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Darko Entertainment, LLC 2011

映画レビュー

4.5ラブ・ストーリーかも

刺繍屋さん
2019年5月2日
iPhoneアプリから投稿

設定が好みだったせいもあり、かなり楽しめました。

フランクとロキシーのコンビもとても良い雰囲気でしたし、ラストも定番ながら痛烈でもあり、個人的には結構好きです。

作中ではボニー&クライドの名前が出ていましたが、自分としてはミッキー&マロリーを思い出しましたし、この作品もひとつのラブ・ストーリーという位置付けでも良いかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
刺繍屋

4.5おっさんと女子高生に明日はない

2018年10月27日
Androidアプリから投稿

まず本編の感想の前に言わせてください。

・・・ヒロインが可愛いすぎる!!!!!!!
タラ・リン・バーという女優さんのようですが、現時点で今まで観てきた映画(といっても700本弱ですが)の中で一番可愛いと言っても過言ではない。
役柄もそうですが、インタビュー映像を見るに素の彼女もとても純粋で、一目惚れしてしまいました。
そんな子が狂った役を演じる訳ですが・・・w

この作品は「俺たちに明日はない」や「タクシードライバー」の現代版と言えます。
バラエティ番組やニュース番組における過激な演出や差別主義な笑いを世間も受け入れている事に腹を立てたおっさんが、親切心をセクハラ扱いされたり、職を失ったりと酷い目にあっていき、ついに人殺しを企てる。
それに惹かれた女子高生が暇だから・楽しそうだからという単純な理由で行動を共にするといったストーリー。
まさにボニーとクライドである!

現代のカルチャーへの皮肉を織り交ぜたり、コメディ要素も多くて、笑えて爽快な秀逸な映画。
今の日本にも通じそうですね。
正直、過激な番組とかは好きなのでテレビの規制にはうんざりなのですが、優しさを何でもセクハラやらロリコンやらで言われてしまう部分はまさにこの国と一緒。

ただ、聞いたことのない歌手や映画の名前がちょこちょこ出てくるので、アメリカ文化に詳しくないと8割も理解できないと思う。
自分もそうでしたけど、おっさんと女子高生というコンビだからこそ醸し出す異様な雰囲気にハマりましたね。
B級映画ではありますが、面白さは保証します!

予想外に人を殺しまくるし、ストレスの溜まった人が観ればスカッとすること間違いなし。
劇中のテレビ番組に出てくるワガママ娘だったり、特別学級生がスター歌手を目指したり、いかにもアメリカらしいキャラクター達にも笑いが止まりませんでした。

あぁ、こんな可愛くてイカした娘との旅は羨ましい限りである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました)

5.0崖っぷちオヤジの血塗れな心の旅

よねさん
2018年5月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

バツイチのしがないサラリーマン、フランクは職場の女子を元気づけようとして親切でやったことがことごとく誤解されてセクハラ認定で突然解雇、さらには医師に脳腫瘍で余命いくばくもないと宣告される。絶望して自殺を図るフランクだったが、不思議ちゃん女子高生ロキシーと出会ったことから、成金モンスターペアレント、上映中のシネコンでケータイ使うオッサンや大声で雑談する男女等を次々にブチ殺す殺人行脚に旅立つことになる。
ブロンソンの『狼よさらば』やロバート・ギンティの『エクスタミネーター』など街に蔓延るダニ共を血祭りに上げるいわゆるヴィジランテ映画の隆盛を経て、レンタルビデオを巻き戻さないで返す奴やゴミを分別しない主婦など殺しの対象をグッと身近に引き寄せた『シリアル・ママ』や『フォーリング・ダウン』に至った系譜にまた傑作誕生。主人公が利己的なバツイチ、デブ、ハゲ、失業者、難病という不幸のロイヤルストレートフラッシュ、殺人行脚が他人への思いやりを取り戻す心の旅であるところが白眉。フランクとロキシーが交わすセリフの一つ一つが胸にグサグサ突き刺さります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よね

3.0ムカつくやつは射殺旅作

しゅんさん
2016年5月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しゅん
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る