劇場公開日 2013年3月1日

  • 予告編を見る

ジャンゴ 繋がれざる者のレビュー・感想・評価

3.9134
32%
54%
12%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全134件中、1~20件目を表示

4.0 タランティーノ監督の西部劇

モビさん
2020年5月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

 以前に後半から観て印象に残った作品だったので今回は始めからちゃんと観る。
 ドイツ人歯医者の演技も重厚かつ軽妙で達者。
レオナルド・ディカプリオも悪役を熱演。よく
やっている。銃撃シーンもかなりの迫力。
最後に爽快感すら感じる作りにタランティーノ
らしさを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モビ

5.0復讐を誓うため立ち向かう黒人ガンマンジャンゴVS極悪人、キャンディことディカプリオ❗️

2020年4月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

豪華なスター達が共演した西部劇、ホントに凄かったです❗️
ディカプリオの悪役もクレイジーなとこも最高でした‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
HIDE Your Eyes

4.0ラストで超すっきり。

2020年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

黒人奴隷が自由を与えられて賞金稼ぎに、しかも南部一と称されるほどの銃の名手。この設定だけでもう中二病患者にはたまりません。
R15指定の映画のためスプラッタな表現がやや強いですが、だからこそ銃撃戦が絵になります。黒人奴隷が残酷な方法で殺されたりするシーンがあるので耐性がない方は注意。
リアルで嫌なことがあってストレスが溜まってる。そんな方におすすめの映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えねころろろ

こんなオタクに西部劇を撮らせるより、黒人や先住民や女性に撮らせた方がよほどマシだ。

jackyさん
2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

タイトルにも書かれてある通り、本作品を見るより、黒人監督が撮った「マグニフィセント・セブン」の方が数倍も面白いし、第一、健全な描写であり、娯楽作品である。

まともに、マニュフェスト・デスティニーもフロンティア・スピリットも理解していない、歴史書も読まないような、「オタク」に面白い西部劇を作れる筈がない。

先住民の立場も奴隷として当時生きた黒人の苦労もその過去の映画作品からの表層的な面しか、なぞらない者に分かる訳がない。

「マカロニ・ウエスタン」ばかり見るのでなく、タランティーノはちゃんと歴史書に目を通せ。
そして、南北戦争の子孫と思しき両南北部の生き残りの方々から語録を受け取れ。

 そして、本国では一番禁句なNワードを連発した罪を犯した愚行に対し、黒人の観客にタランティーノは土下座せよ。

こんなくだらない映画を量産し続けるくらいなら、とっとと映画監督なんて辞めちまえ!

(; ・`д・´)"(-""-)"( `ー´)ノ(-"-)(# ゚Д゚)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jacky

4.0何も考えずに見たい

2020年3月17日
iPhoneアプリから投稿

何も考えなくていいです。このカッコ良さに酔いしれればいいんです。

確かに南北戦争前のアメリカですので、差別についてどうこう考えたくなる気持ちもわかります。でももうそんなことどうだっていいくらいカッコいい。監督を確認せず見ましたが、納得のタランティーノでした。パルプフィクションやキルビルに通じる魅せ方ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Wataru Kumazawa

5.0シビレル~!

№57さん
2020年1月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

言うことなしにかっこよくてシビレル。
西部劇リスペクト感と肉厚なストーリー構成に最後まで飽きずに観られました。
キャスト陣も素晴らしく、レオ様目当てで観てたはずが全員がピカイチでやられた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
№57

4.5解放感がとても良かった

ツネミさん
2020年1月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ツネミ

4.0"タランティーノらしい、ブラックの描き方と勧善懲悪の取り方。あの歯...

JYARIさん
2019年11月27日
PCから投稿

"タランティーノらしい、ブラックの描き方と勧善懲悪の取り方。あの歯医者とジャンゴのバディムービーとしても最高の一作でしたな。
ジャンゴが強烈にかっこいいよね。アフリカ系アメリカ人って寡黙だとどうしてああもかっこいいのだろう。クリストフヴァルツも今作めっちゃよかったな!?超かっこいいよ、あの人。
俳優がみんながみんな自分に合った役をもらって、最高の演技で返してるような映画でしたね。

これで助演男優賞とれんかったんは訴えてもいいレベル。

☆タランティーノ映画ベスト3
1 デスプルーフ
2 ジャンゴ
3 ヘイトフルエイト

まだシンシティとジャッキーブラウン、キルビルの2作見ていないので何とも言えないけど、不変な気がするよ。シンシティは違うか"

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

0.5脳みそタランティーノ

2019年10月11日
PCから投稿

猿も木から落ちる、弘法も筆の誤り。
こんな駄作をつくることもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.0自分が「クリストフ」になった理由の作品

2019年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

テイストは「キル・ビル」、
流れは「イングロリアス・バスターズ」。
雰囲気もさほど重くもなく、タランティーノ祭な感じでした。
識者の方々が仰っている、社会暗部としての奴隷制の表現は、
何と言ってもディカプリオの「ムッシュ・カンディ」のイカレっぷりと、
序盤訪れる農園の後に襲ってくる奴ら
(のちのクー・クラックス・クランらしい)の間抜けさに、
たっぷりと注がれて、愛情溢れて描かれている。
「イングロ~」のナチスが、
ここでは奴隷を買い漁る白人に置き換えられ、大粛清。
完全なるヒーロー物の爽快感はタランティーノの前作より増しているが、
スケールとしてはダウンかな。
前作は歴史を「書き換え」ちゃったからねぇ。

しかしクリストフヴァルツ、オスカー助演賞獲ったけど、ほぼ主演だって。
この中での助演賞は寧ろサミュエルLジャクソン、
いややっぱりディカプリオ…、ん~悩む。
誰も彼もキャラが立っているのが、タランティーノ映画の醍醐味。
残酷描写はそんなに気にならなかった。
これくらいフツー、と自分が慣れちゃっただけかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
クリストフ

4.0クエンティン・タランティーノが監督・脚本を手がけるウェスタン。南北...

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

クエンティン・タランティーノが監督・脚本を手がけるウェスタン。南北戦争直前の1858年、アメリカ南部。黒人奴隷として売りに出されたジャンゴは、元歯科医の賞金稼ぎでキング・シュルツと名乗るドイツ人に買われる。差別主義を嫌うシュルツはジャンゴに自由を与え、賞金稼ぎとしての生き方を教える。クリストフ・ワルツ、、出演作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.0前半がより面白い

サラさん
2019年8月22日
iPhoneアプリから投稿

タランティーノ監督が素晴らしいと思える作品でした。レオ様登場までの前半がより面白い!馬車の上に🦷の飾りがボヨヨ〜ンと付いてたり、どれでも着ていいよって言ったら王子様みたいな衣装選ぶジャンゴが可愛かったり、とにかくジャンゴとシュルツ2人のバディの旅が良かったですね。勘の鋭いサミュエルの登場から次第に緊張感が高まってきますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サラ

4.5レオナルド・ディカプリオの黒人をモノとしか見ない狂気の農園領主を演じる姿に戦慄を覚えた作品

NOBUさん
2019年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

 一般的には、南北戦争直前のアメリカ南部の黒人の立場を露わに描き出した作風も後押しし、アカデミー脚本賞とクリストフ・ヴァルツの助演男優賞受賞が表に出ている作品だが、私の印象ではレオナルド・ディカプリオの狂気を帯びた農園領主を演じる姿が忘れ難い。

 今更ではあるが、この俳優の底知れない演者としての力量を再確認させられた作品である。

 勿論、当時の黒人の置かれた状況をシビアに描き出しているし、それに抗おうとするジェイミー・フォックス演じるジャンゴとその妻、ブルームヒルダ演じるケリー・ワシントン及びこの人の後釜は誰なんだというくらいの圧倒的存在感を誇るクリストフ・ヴァルツの姿も忘れ難いが、矢張り今作品はレオナルド・ディカプリオの印象が強烈に残っている。

<2013年3月9日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

4.0タランティーノの考えるカッコイイ西部

shiipさん
2019年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

タランティーノ特有の人物や画が濃すぎるせいで、もたれやすいです。中身はしっかりした成り上がりモノ、復讐劇でした。

前半のおしゃべりはいつものノリで、後半の銃撃戦はケレン味たっぷりで見ごたえもありました。

個人的にこの映画でクリストフ・ヴァルツを知ることができたのは収穫でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shiip

4.5やっぱりタランティーノ監督の作品は良いですね。

刺繍屋さん
2019年6月19日
iPhoneアプリから投稿

割りと長めの作品でしたが、決してテンポが悪い訳ではありませんでしたし、登場人物が魅力的なのに加えて演出が良いために全く飽きずに最後まで楽しめました。

覆面のくだりのような笑いにしても、吹き上がる血飛沫が印象的だったガンアクションにしても、不必要に格好良い絵面にしても、やっぱりタランティーノはセンス良いですよね。

それに加えて、俳優の起用がとても巧いですよね。予めこの俳優って決めてから脚本を書いているのかと思うくらい役柄と俳優さんがぴったりですよね。

飄々とした雰囲気ながら味のあるクリストフ・ヴォルツも良かったのですが、サミュエル・L ・ジャクソンの嫌味なジジィっぷりは最高でした。
そして、ディカプリオ。
絶対ディカプリオはトラボルタと同じく悪役やった方が格好良いですよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
刺繍屋

4.5とても面白かった

hide1095さん
2019年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

萌える

とても面白かったです☆。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hide1095

3.5サミュエルの癖が強すぎる!!(笑)

トラ吉さん
2019年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

怖い

相変わらずのバイオレンスと時折あるくだらない会話とセンスの良い音楽!
役者はジェイミーも良かったけど、クリストフ・ワルツの飄々として冷静な正義感強い演技、ゲスで残虐なディカプリオ・・・そしてS・L・ジャクソンの眼力&甲高い声からの癖の強いキャラ!!すべてがザ・タランティーノであり、タランティーノだから際立つ!
今回個人的には初めてクリストフ・ワルツ観たけど流石はオスカー俳優!良かった。
でもやっぱり、S・L・ジャクソンが好きだ。最高!

ただ犬に殺されるシーンと格闘の末に殺されるシーンはとてもしんどい。それありきの、シュルツが撃ち合うってのは解るけど・・・。なので星3.5。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トラ吉

4.0ブラックムービー×西部劇。タランティーノこれまた傑作。

2019年3月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

笑える

楽しい

興奮

これまで多くの作品を手掛けてきたクエンティン・タランティーノだが、彼の才能は全く衰える気配が無い。どの作品においても、彼の持つ独特なスタイルが色濃く炸裂していて、絶対に期待を裏切らない監督だ。新作が出る度にこれほど安心して観ることのできる監督も中々いない。傑作ばかりで駄作の無い凄い監督だ。

この作品も文句なしに面白い。ブラックムービー×西部劇というタランティーノらしい異色の内容だ。この異色の融合、タランティーノが西部劇やマカロニウエスタン マニアなのは有名な事であるし、彼のブラックムービー愛は「ジャッキー・ブラウン」で証明されている。映画というものを隅々まで知り尽くすタランティーノだからこそ創ることの出来た傑作だと思う。

ストーリーも勿論最高だ。相変わらず劇中の会話が面白い。キャンディ邸での「エリーゼのために」が流れ、始まる会話は、これまでのタランティーノ作品の中でもお気に入りのシーンのひとつだ。

脇役達の演技が凄い。特にレオナルド・ディカプリオ。彼の演じたカルビン・キャンディは根っからの差別主義で、彼が今までに演じたことのないくらいゲスなキャラクター。素晴らしい怪演でディカプリオの演技力の高さを再感した。
タランティーノ作品常連のサミュエル・エル・ジャクソンとクリストフ・ワルツの安定感のある素晴らしい演技も印象的だった。
主演のジェイミー・フォックスが影に隠れるくらい、彼ら3人の一癖も二癖もある演技はインパクトがあった。

そして他のタランティーノ作品同様に、この作品でも音楽の使い方が最高だ。「レクイエム」などのクラシックミュージックから、エンリオ・モリコーネのマカロニウエスタンの名曲達、そしてリッチー・ヘブンスや2PACといったブラックミュージシャン達の楽曲などなど。タランティーノの才能溢れる選曲と曲の使い方も見どころのひとつだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
アントキのバンデラス

4.0異色西部劇

kossyさん
2019年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 黒人が主人公という異色西部劇。タランティーノの人種差別に対する思いが吹き溢れ、それでも彼らしく血肉吹き飛ぶグロ映像も満載(笑)。

 まずはシュルツの賞金稼ぎたる存在の面白さ。いきなり善良な保安官も殺すのか?と思わせておきながら、そいつも指名手配犯だったというからくり。そして連邦保安官が現れても法執行中につき云々という決め台詞によって手出しさせない面白さ。ジャンゴを拾ったのも、実は列車強盗をはたらいた悪人たちを見つけるため。その屋敷でのやりとりも面白いが、用心棒を殺されたとして農園主や従業員たちが彼らを夜襲する・・・その中にジョナ・ヒルもいた!

 徐々にガンマンとして成長したジャンゴを連れ、彼のために性奴隷とされていた妻を救うために旅をする。どこの大農場でも黒人奴隷の扱いのひどさが浮き彫りにされ、一見立派な大農場主(ディカプリオ)も黒人差別の酷さが痛快に描かれる。

 ドイツ語を喋れるという珍しいジャンゴの妻ブルームヒルダはすぐに見つかるが、奴隷格闘技の奴隷を買おうとするシュルツの作戦はまんまと失敗。結局は銃撃戦で修羅場と化す。シュルツも農場主もあっけなく死んでしまうところもタラちゃんらしい演出なのか・・・

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

4.0立ち上がれっ!奴隷たち!

カメさん
2019年3月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.2
タランティーノ十八番のリベンジストーリー。
流石のキレッキレなセンスで、人物の会話だけで背筋がゾクゾクくる。
そしてこの物語の世界観と空気感を作っているのは、紳士的かつ即決で悪人を葬るクリストフ・ワルツ。圧巻な演技で2度目のオスカーも納得。
タランティーノ作品常連のS・L・ジャクソンも、老いた執事役もハマりまくり、眼光鋭く素晴らしい。
珍しく悪役で出演のディカプリオもなかなか良い。
物語の最後は立ち上がれ奴隷たち!というような白人達に対しての黒人からのリベンジに繋がる展開。いつもの個人的リベンジではなく、もっと大きなテーマがあり、後味も最高なストーリー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
カメ
「ジャンゴ 繋がれざる者」の作品トップへ