シャドー・チェイサー

劇場公開日

シャドー・チェイサー
1%
15%
60%
22%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スーパーマン」をリブートする「マン・オブ・スティール」(2013)でスーパーマン役にも抜てきされた注目の若手ヘンリー・カビルを主演に、ブルース・ウィリス、シガニー・ウィーバーが脇を固めるサスペンスアクション。スペインの海辺のリゾート地に、家族とバカンスにやってきたアメリカ人青年のウィル。しかし、海上のクルーザーから家族が何者かに誘拐された上に、捜査を依頼した地元警察に襲われてしまう。そこへ突然、父親のマーティンが現れウィルの危機を救うが、そこでウィルは父が実はCIA工作員だったという事実を告げられる。ほどなくして父も凶弾に倒れ、異国の地で孤立無援の状態に追い込まれたウィルは、自分と家族が国際的な陰謀に巻き込まれていたことを知る。監督は「その男、ヴァン・ダム」のマブルク・エル・メクリ。

2012年製作/93分/G/アメリカ
原題:The Cold Light of Day
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)Fria Luz del Dia, A.I.E. 2011, Artwork (C)2012 Summit Entertainment, LLC, All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0気軽に楽しめる作品ではあります。

よしさん
2021年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

家族を拉致された青年が、家族を取り戻すべく奮闘する物語。

ブルース・ウィリスが脇を固めるスパイ・アクションです。
素人の主人公が、ある切っ掛けで諜報戦に巻き込まれます。素人の彼が、プロを相手に奮闘する設定は興味と期待を持たざるを得ないものでした。
実際、幾つものピンチを必死に切り抜け家族を救おうと奔走する主人公の姿は、緊迫感を感じるもので、映画として楽しめるものでした。

ただ、全体的に中途半端で、高い評価を付けるのは躊躇います。
一番残念なのが、プロの諜報員たちの凄さが中途半端。鑑賞者としてスパイに期待してしまう「情報収集能力」や「戦闘力」を見ることが出来ません。それに対して主人公は中途半端に強く、「素人が、プロを相手に奮闘する」設定については、物足りなさを感じてしまいます。

主人公をもう少し弱くして、アイデアやアクシデント等で出し抜く・・・等の工夫があれば、基本設定が活きたと思うのですが・・・少し残念ですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

1.5絶対救出不可能な状況から運良く機会が巡ってきて訳の分からない構図が...

2021年11月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

絶対救出不可能な状況から運良く機会が巡ってきて訳の分からない構図が出来上がってた
そっちが味方になるんかいっていう意外な展開だけ良かった
それにしても一般人に負けるCIAってどんだけだよ
キャストと予算の無駄遣いだ本当
真面目な駄作

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コルチゾるくん

2.0自分だけ、知らないー

としさん
2021年2月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

2.5テンポだけ良い

2021年2月20日
iPhoneアプリから投稿

テンポ良く進むけど、とこどころ映像が雑だったり緊迫感無いアクションに黒幕がすぐわかる。
ブリーフケースを奪うためのカーチェイスはずが、失敗して逃げ羽目になり。ここまで主人公がポンコツな映画も珍しい。ブルース・ウィルスもクズなパパぶりもこの作品ならではじゃないかな。スカッとしない終わり方。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アトレイル
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る