ペーパーボーイ 真夏の引力

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ペーパーボーイ 真夏の引力
ペーパーボーイ 真夏の引力
8%
41%
35%
14%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督が、米作家ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したサスペンス。1969年、フロリダで暮らす青年ジャックは、問題を起こして大学を追われ、父親の会社で新聞配達を手伝うだけの日々を送っていた。ある日、大手新聞社の記者で兄のウォードが、ある殺人事件の死刑囚にかけられた冤罪疑惑を取材するために帰省。ジャックはウォードの調査を手伝い、その過程で出会った死刑囚の婚約者で、謎めいた美貌の持ち主シャーロットに心を奪われる。殺人事件をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれたジャックの人生は、大きく変わっていく。ミステリアスな美女にひかれ泥沼にはまっていくジャック役をザック・エフロン、兄ウォードをマシュー・マコノヒー、謎めいた美女シャーロットをニコール・キッドマンが演じる。

2012年製作/107分/R15+/アメリカ
原題:The Paperboy
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 カンヌ国際映画祭(2012年)

出品

コンペティション部門
出品作品 リー・ダニエルズ
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.5 《狂気!殺人ドライブイン / 怨念の巣窟!死者たちの集い》
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.6 《巨大 怨霊ホテル / 御霊が眠る、迷宮洞窟》
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 北野誠のぼくらは心霊探偵団 事故物件を鑑定せよ!
  • 北野誠のぼくらは心霊探偵団 怪異ミッション『ミステリースポットを体験せよ!』
  • ビーチ・シャーク
  • ゾンビシャーク 感染鮫
  • パニック・マーケット
  • シャークネード
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2012 PAPERBOY PRODUCTIONS,INC.

映画レビュー

3.0誰が変態やねんフロリダ・ソウルショー

kossyさん
2020年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 夏だから、こうなった。童貞ジャックと女中アニタの関係がもっとも信頼できる仲だったけど、ビッチなシャーロットのおかげで意外なキャラ・人間関係が暴かれていくお話。誰が変態って、やっぱりジョン・キューザックとニコール・キッドマンでしょ!

 暑い夏。人間の罪深さを曝け出し、救助のためとはいえ顔面おしっこする様子や刑務所での面会でも変態ぶりを発揮する・・・夏!夏だからこうなった。冤罪についての取材という設定もただの前振りにしか過ぎなかった序盤の展開。観終わって頭の中で整理しても、序盤では作者が社会派サスペンスを書こうと思ったに違いない。

 兄ウォード(マコノヒー)の性癖や黒人の問題などにも切り込んで切り込んで、最終的には切り込みすぎの犯罪者を暴くといった謎の展開。沼地の住居はとにかく不気味。さらに不気味なおじさんも終盤見かけなかったということは、彼も切り刻まれてたのか・・・?

 時代設定が1969年。ベトナム戦争も末期の頃だし、公民権運動も終わりに近づいていた頃で、そんな時期の猟奇殺人事件。水泳選手だったというジャックの伏線も生かされ、沼地から顔を出すなんてのは、フロリダでも『地獄の黙示録』があったのか!という笑うに笑えない終盤でした。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

2.0私には少し難しかったです。

よしさん
2020年7月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

冤罪の可能性が高い事件を調べる新聞記者たちの群像劇。

サスペンスではなく、新聞記者とその弟を中心とした人間関係を描いた人間ドラマです。
製作者は、この映画のどこを鑑賞者に見て欲しかったのでしょうか?正直私には分かりませんでした。
よって、当たり前ですが、私的評価はかなり低いです。
評価出来たのは、犯人役を演じたジョン・キューザックの不愉快な魅力(褒めています)、その犯人とニコール・キッドマンの刑務所でのシーン、アメリカ南部のうだるような暑さを画面から感じられた、その3点だけでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

2.5ニコールキッドマンおばはん

13さん
2020年6月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ニコールキッドマンが美人に見えない
お兄ちゃんかわいそす、くらいしか感想がない
確かに面白かったんですが、あまり言うことがない

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
13

2.5年増なビッチ

2020年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

一体誰が得するのだろう?捨身な演技のニコール・キッドマンがとにかくエロい。

綺麗なお尻まで披露したマシュー・マコノヒーの終始、ヤラれっぱなしな姿に哀愁漂い!?

囚人に興味を持ち結婚までする話は日本でも実際にあったり、N・キッドマンがそこまで惹かれてしまう説得力も感じられないし、仕事とはいえ冤罪を晴らすために奔走するM・マコノヒーの行動自体に違和感も。

時代的に人種差別問題を挟みつつ、それぞれに隠された真実を裏テーマ?に最後まで何を伝えたいのかピンとこない物語。

とにかく、N・キッドマンが、とにかく、エロかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る