灼熱の魂

ALLTIME BEST

劇場公開日

解説

レバノン出身のカナダ人劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲をドゥニ・ビルヌーブ監督が映画化し、第83回米アカデミー外国語映画賞にノミネートされたヒューマンミステリー。

心を閉ざして生きてきた中東系カナダ人女性ナワルは、ある日、実の子で双子のジャンヌとシモンに謎めいた遺言と2通の手紙を残してこの世を去る。手紙はジャンヌとシモンが知らされていなかった兄と父に宛てたもので、まだ見ぬ家族を探すためナワルの母国を訪れたジャンヌとシモンは、母の痛切な過去と向き合うことになる。

後にハリウッドで「メッセージ」「ブレードランナー 2049」「DUNE デューン 砂の惑星」など話題作を次々に手がけ、高い評価を受けるビルヌーブ監督の出世作となった一作。2022年8月、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

2010年製作/131分/PG12/カナダ・フランス合作
原題:Incendies
配給:アルバトロス・フィルム
日本初公開:2011年12月17日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第83回 アカデミー賞(2011年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2010 Incendies inc. (a micro_scope inc. company) - TS Productions sarl. All rights reserved.

映画レビュー

4.0衝撃的な筋書きだが救いのある結末 になっているのは双子の強さによる...

2022年8月14日
iPhoneアプリから投稿

衝撃的な筋書きだが救いのある結末
になっているのは双子の強さによるのだろう。
拷問人は知っていたのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やすべー

3.5三連星

Bacchusさん
2022年8月13日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

カナダで公証人の秘書をしていた母親が死に、遺言書と共に手紙を託された双子が父親と存在も知らなかった兄を捜す話。

遺言書を開封する「双子」の章から始まる父親と兄を捜す為に母親のルーツを追う双子の姉のストーリーと、「ナワル」から始まる1970年代からの母親のストーリーを章立てて交互にみせていく。

多分公開当時?に観た記憶があって、それ以来の2度目の観賞だから、細かいところは全然憶えていなかったけれど…。

宗教と戦争のキツい部分に触れて掘って晒してハマって行く恐ろしさとやり切れなさはやはり堪らなく、観賞している側には早々にみえてくるものもあるけれど、歌う女の話しが出てからの流れはなかなかに衝撃的で、それを知ったジャンヌ、そしてさらに先を知ったシモン、と結末を知ってはいたけれど重かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Bacchus

4.5再上映してくれて良かった、こんな映画を知らずにいた。 フィクション...

2022年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

再上映してくれて良かった、こんな映画を知らずにいた。

フィクションであることが救われるけれど

事実は小説よりも奇なりというし、、、

約束(誓い)とか許しとかは

宗教上とてつもなく深い意味があるのだろうと想像できた。

いずれにしろ

厳しい戦渦を生き抜く人たちが、例え一瞬でも

安らかな気持ちでいられたら良いな、と思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
jung

5.01+1=1の悲劇

bionさん
2022年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 ラストに至るまでに、精神的に相当なカロリーを消費したが、エンディングでは精魂尽き果ててしまった。

 母親であるナワル・マルワンの回想が始まるや否や、名誉殺人らしきシーンがスクリーンに映り、中東における一族の掟の非情さに衝撃を受ける。ナワルが過酷な半生を送ったことは、予告編でほのめかされていたが、想像をはるかに超える苛烈さで、生かされた事自体が罰ではないかと思える。
 多くの宗教と部族がモザイク状態で混在しているレバノン(劇中では、ぼかされている)が抱える問題をナワルがすべて背負わされている。民族間対立にととまらず民族浄化にまで激化した内戦、敵対勢力の子供をさらって洗脳教育を施して戦士に仕立て上げる民兵組織、徹底した拷問を行う収容所。この物語の結末を聞くのが恐ろしい。

 劇場の集中できる環境で打ちのめされて、「赦す」ということは何であるかを理解できる糸口を見つけることができた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bion
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る