ミステリーズ 運命のリスボン

劇場公開日:

  • 予告編を見る
ミステリーズ 運命のリスボン

解説

ポルトガルの文豪カミロ・カステロ・ブランコの小説を、「見出された時 『失われた時を求めて』より」「クリムト」のラウル・ルイス監督が映画化したミステリー大作。舞台は19世紀前半の激動するヨーロッパ。リスボンの孤児院で育った14歳の少年ジョアンと孤児院の神父ディニスが、ジョアンの出生の秘密を解き明かしていく過程で、情熱や欲望、嫉妬、復讐にかられたさまざまな人々と交錯し、壮大なドラマを織り成していく様子を4時間半にわたって描き出す。本国フランスでは1年間にわたりロングラン上映され、米サテライト賞の最優秀外国語映画賞を受賞するなど海外でも高い評価を得た。病気のため11年8月に他界したルイス監督にとって、生前に本国公開された最後の作品となった。

2010年製作/267分/G/ポルトガル
原題:Misterios de Lisboa
配給:アルシネテラン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)CLAP FILMES (PT) 2010

映画レビュー

3.5出生の秘密の入れ子構造

2014年1月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
arakazu
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る