デンジャラス・ラン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
デンジャラス・ラン
デンジャラス・ラン
6%
41%
44%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ主演で元CIAエージェントの逃亡劇を描くアクション。CIAを裏切り36カ国で指名手配を受け、10年間逃亡を続けていた元工作員トビン・フロストが、南アフリカにあるCIAの収容施設に収監される。しかし、その直後、謎の傭兵部隊が施設を襲撃。施設の管理を任されていた新人工作員のマットは、トビンを連れて別の収容施設へ避難することになるが……。

2012年製作/115分/PG12/アメリカ
原題:Safe House
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0デンゼル・ワシントンの悪役は癖になりますね。

よしさん
2020年11月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

南アフリカで、CIAを裏切った凄腕スパイと現地CIA局員が、謎の敵と対決するバディアクション。

デンゼル・ワシントンが凄みのある悪役を演じます。「トレイニング・デイ」でもそうですが、悪役を演じさせても天下一品です。
「トレイニング・デイ」と比較して、嫌味がない分、個人的には好みに感じます。

設定、ストーリー展開も無理がなく、最後まで物語に引き込まれます。
ややラスボスやクライマックスの迫力に弱い印象があり、評点自体は4にしましたが、一見の価値がある良作だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.0結構好き

2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

最後のセーフハウスでの銃撃戦が好き。
冷酷なデンゼルワシントンの目がとても印象的。

話も割と単純で、武装勢力とCIAからとにかく逃げるお話。

ライアンレイノルズの何か頼りない表情と
デンゼルワシントンの何も信じない感情の起伏がない男の
対比を見るのが楽しかった。

カーチェイスも見応えあるし、
銃撃戦も音がデカくて迫力があった。
デンゼルワシントンのアクションは派手ではないけど、
無表情で何を考えてるか分からない冷徹なアクションは
見応えあり。

1番のネックであるファイル。には捻りはないけど、
見やすいと置き換えれば面白い映画だったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

3.5君はよくやった。あとは我々に任せろ。

kossyさん
2020年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ビックリ!序盤でいきなりデンゼル・ワシントンが殺されたかと思ったよ。スピーディで切り替えの激しい画像では見分けがつかない。そんなスタイリッシュ映像のおかげで画面に釘付けとなってしまいました。

 CIA工作員になりたいが、暇な南アでのハウスキーパーを続けるマット・ウェストン。恋人アナとの関係も順調だったが、いきなりの“客”がやってきた。“隠れ家”に客がやってきたら、とにかく守らなければならない使命。そんな誰も知らないはずの隠れ家がいきなり何者かのグループに襲われる。1年間南アに住んでいたおかげで道には詳しくなったマットがトビンを守りつつ逃走するストーリーだ。

 元々CIA工作員だったが裏切り、9年間逃亡を続けているトビン。なぜ彼は南アに来たのか、なぜ武装勢力に狙われているのか。疑問に思いつつもトビンを拘束し、逃げなければならないスリリングな展開。心理戦が得意なトビンにより洗脳されそうになりながら、自分も狙われ、やがて警官殺害の罪で警察にも追われることになるマット。CIA本部の中に内通者がいるに違いない!

 普通に面白いスパイアクション。諜報機関内部の汚職という恐ろしさも伝わってくる。さらにデンゼル・ワシントンの心理攻撃。「君はよくやった。あとは我々に任せろ」という言葉もショッキング。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0R・レイノルズの災難映画として通常の出来

shotgunさん
2020年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

CIAの裏切り者フロストが勾留された。隠れ家の管理人であるマットは隠れ家が襲撃されたことからフロストと共に逃走することになり…。
宣伝ほどフロストの凶悪さを感じず全体的に先読みしやすい。R・レイノルズが相変わらず大変な目に合う作品として平均的な出来でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun
すべての映画レビューを見る(全46件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る