もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
4%
21%
48%
21%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2009年12月に発売され、発行部数236万部を超えるベストセラーとなった岩崎夏海の同名小説を、人気アイドルグループ「AKB48」前田敦子の初主演で映画化。公立高校の弱小野球部でマネージャーを務める川島みなみが、勘違いして購入した経営学者ピーター・ドラッカーの著書「マネジメント」を参考に野球部を改革し、甲子園出場という夢を実現するために奔走する姿を描く。監督は「うた魂♪」の田中誠。共演に瀬戸康史、峯岸みなみ(AKB48)、池松壮亮、川口春奈、大泉洋ら。

2011年製作/125分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

監督
原作
岩崎夏海
脚本
岩崎夏海
田中誠
総合プロデュース
秋元康
エグゼクティブプロデューサー
濱名一哉
吉田正樹
企画プロデューサー
森川真行
プロデューサー
大原真人
渡邉義行
アソシエイトプロデューサー
渡辺敬介
石塚清和
ラインプロデューサー
鈴木嘉弘
撮影
中山光一
照明
市川徳充
美術
小泉博康
録音
小原善哉
編集
大永昌弘
音楽
服部隆之
主題歌
AKB48
スクリプター
吉田久美子
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
VFXスーパーバイザー
道木伸隆
助監督
塩入秀吾
制作担当
齋藤大輔
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第35回 日本アカデミー賞(2012年)

ノミネート

話題賞 作品部門/俳優部門 前田敦子
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2011「もしドラ」製作委員会

映画レビュー

4.0ひたむきに生きよう!

Lotusさん
2020年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

「わかりきった答えが正しいことはほとんどない。」この言葉に心を打たれました。考えに考え抜いて物事の本質を見極めなければならないと感じました。

ドラッカーの「マネジメント」を実際に僕は読んだことがないので、詳しいことは言えませんが、を野球部という具体的かつ非営利組織の例でドラッカーの「マネジメント」をわかりやすく解説されていて、すんなり理解することができました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Lotus

2.045点

2020年7月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

寝られる

映画評価:45点

10年前に流行っていた
「もしドラ」

当時は気になっていたので
その映画版ということで拝見しました

都合が良すぎる部分も多く非現実的でしたが
結論、普通に楽しめました

でも、いくつか気になる点もあります

①前田敦子さんの演技はぎこちなく、
それでも一生懸命頑張っていたのですが
感傷的なシーンではロボットみたいで
中々観ているのが厳しかったですね……

②後半部分はドラッカーのマネジメントというよりは、普通の青春野球ドラマ的なノリで
それはそれで楽しいけど、
テーマが途中でぶれてしまったのは見辛い印象を受けました

③最後のクライマックスで主人公が逃げ出すのですが、その逃げ出す理由も含めて
このストーリーに要らなかった気がします
原作を知らないので何とも言えないのですが

④高校生離れした選手が多すぎる(笑)

とまぁ色々言わせて頂きましたが、
頭を空っぽにして見る分には楽しめると思います

ご興味があったら
見てみて下さい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

3.0マネジメントのきっかけに。

2019年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こうのすけ

2.0うむむ…なんともかんともでございます。

2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

知的

萌える

「水曜プレミアシネマ」での地上波初放送を鑑賞。

原作はブームになったときに読みました。高校2年生でした。
なかなか目から鱗な内容で、斬新なビジネス書だなと思いました。
本書以降、題名が文章みたいな小説なりビジネス書なりが増えたような気がします(笑)。

それはさておき、当時私はAKB48のファンであり前田敦子推しだったこともあって、彼女が映画初主演を飾った本作の公開は大変嬉しい出来事でした。
しかし反面、「果たして映画館に観に行く価値があるんだろうか?」と冷静な目で見つめる自分もいて…オタクに成り切れていなかったんでしょうかねぇ…(笑)
なので映画館へは足を運ばず、DVDも買わず、上記の放送が初鑑賞でした。

…正直な話、ファンの贔屓目で観てもあっちゃんは演技が下手でしたねぇ…。峯岸みなみもしかり。というか、出演陣が若手俳優オンパレードでそれぞれがまだまだ拙い部分があり、なんともかんともな作品でした。大泉洋がかわいそうだなぁ、と思いました(笑)
しかし、その中でも池松壮亮は秀でていたように感じました。その後の活躍は言わずもがな。あ、野村周平もね!

“アイドル映画”だという先入観があったからか、あっちゃんの魅力を縦横無尽に切り取ってくれているのかと言えばそうでもなく、非常に違和感しか無かったです。何だろうこれは、みたいな(笑) 今ひとつ盛り上がれませんでした。
いやいや、あっちゃんがめちゃくちゃかわいいので、それで全てを許しそうになりましたが…それでも納得できないところがあるのはやっぱり拭えない!
ぶっちゃけた話、何で主題歌が「Everyday、カチューシャ」だったんでしょう…全然歌詞の内容が物語に寄り添っていないじゃないか、と今では強くそう思います(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅうへい
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」以外にこんな作品をCheck-inしています。