トマトのしずく

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
トマトのしずく

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

5年の交際を経て入籍したさくらと真は、2人で美容院を経営しながら、幸せな新婚生活を送っていた。しかし、さくらは中学生のときに母親を亡くして以来、父親の辰夫と疎遠な関係が続き、真は義父に一度も会ったことがなかった。ある日、辰夫が美容院を訪ねてくるが、さくらと気まずい雰囲気になってしまい、トマトのぎっしり詰まった紙袋を真に託しその場を去っていく……。主演に小西真奈美、共演に吉沢悠、石橋蓮司ら。監督は「ぼくのおばあちゃん」「誘拐ラプソディー」の榊英雄。2012年に製作されたが公開機会に恵まれず、お蔵入りになっていた映画にスポットを当てる「お蔵出し映画祭2015」でのグランプリと観客賞の受賞を受け、17年1月に劇場公開。

2012年製作/91分/G/日本
配給:アークエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2012 ファミリーツリー

映画レビュー

1.0薄いというか浅いというか

2017年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

こちらも映画祭のコンペ相手様の作品だったのですが、、、申し訳ないけどあまり心には残りませんでした。

親子の確執を描いた作品なんですが、その理由が大したことが無いので、薄いというか、浅いというか、、、そんな所です。

これ以上感想がありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鈴木公成

4.0最初からずっと泣いてました

2017年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

疎遠になった理由は「え?それだけ?」と正直思ったけど、そう思う人は恵まれていると思った。
些細なことで家族と疎遠になる人は自分が思っている以上に沢山いる。
どの人にも当てはまるように敢えて細かいところは描いていないのかなとも考えられる。

映画の前半はあまりセリフが最小限。
最初のおんぶのシーン。
そこから私の涙腺は緩み、ほぼずっと泣いていた。

途中とあるシーンは笑いがありつつも、徐々に胸が締め付けられる。
そして泣く。

小西真奈美演じる「さくら」がちょっとぶりっ子に感じるシーンもあるけれど、あれは好きな人だけに見せている姿と思うと愛おしくなる。
石橋蓮司演じる「夏目漱石」さんはもうそこに座っているだけで哀愁。
自分の親が将来こうやって生きていくのかなと思うとそれだけで涙。

不器用な人の為に背中を押す映画でもあった。

シンプルにずっと泣いていました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まえじー

3.020年

Bacchusさん
2017年1月15日
フィーチャーフォンから投稿

泣ける

幸せ

確かに想いを語らないけれど、父親をそこまで嫌う理由が良くわからないし、心が変わる理由も伝わらない。トマトを抜いた理由も自分には読み取れなかったけど…思春期じゃあるまいし、娘が一方的に毛嫌いしているだけ?

しかしながら、明るく切なくテンポも良くて、幸せを感じるストーリーにあたたかい気持ちになれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「トマトのしずく」以外にこんな作品をCheck-inしています。