クロッシング

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
クロッシング

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

引退を1週間後に控えたベテラン警官エディ(リチャード・ギア)、麻薬捜査課の刑事サル(イーサン・ホーク)、覆面捜査官のタンゴ(ドン・チードル)、そして伝説のドラッグディーラー・キャズ(ウェズリー・スナイプス)が、ニューヨーク・ブルックリンを舞台に繰り広げる犯罪群像劇。監督は「トレーニング・デイ」「ザ・シューター 極大射程」のアントワン・フークア。共演にウィル・パットン、リリ・テイラー。

2008年製作/132分/R15+/アメリカ
原題:Brooklyn's Finest
配給:プレシディオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2008 BROOKLYN'S FINEST PRODUCTIONS, INC

映画レビュー

3.5正義と苦悩のクロッシング

近大さん
2019年7月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

知的

NYブルックリンの犯罪多発地区を舞台に、3人の警官のドラマが交差するクライム・サスペンス。
見始めはイマイチな感じだったが、見ている内に段々と面白くなっていった。
アントワン・フークアらしい硬派な作風の、2009年の作品。

3人の警官。
ベテラン警官のエディ。
麻薬捜査官のサル。
潜入捜査官のタンゴ。

定年退職まで後一週間となったエディ。最後の仕事は、新人教育。ヤル気マンマンの新人とは対称的に、何事も無く退職したいエディは軽犯罪や市民のモメ事などを見て見ぬフリを決め…。

家族の為に引っ越しを考えているサル。が、金が足りない。資金調達に困ったサルは、汚職や法の道を外れる事もしばしば…。

潜入捜査に全てを捧げ、人生も家族も犠牲にしてきたタンゴ。昇進も無く、危険な任務に嫌気が差していた。潜入捜査官という立場ながら、ギャングのボスのキャズとは固い友情で結ばれ…。

3つのドラマが同時進行していくが、最初は特別交錯したりせず、それぞれ展開していく。
唯一共通しているのは、3人共、警察官という仕事に不平不満を持っている事。
浮かばれない、満たされない、辛く苦しいだけ…。
そんな時3人にそれぞれ、転機となる事件が起きる…。

新人ととある店で、店主と若いチンピラのいざこざの制止に入ったエディ。新人にこの場を任せ、車の無線で報告に行った矢先、新人がチンピラを…。
チンピラが麻薬を保持していた為、警察は都合よく解決しようとするが、エディは責任を取る…。

ある麻薬現場に踏み込んだサル。そこで、大金を発見する。
誰も見ていない。横領するか否か、激しく揺れる…。

タンゴに昇進と引き換えにある命令が下る。キャズの逮捕。
ある話を持ち掛けて網に掛けようとするも、友情と任務の間で揺れ動く。そんな時、思わぬ襲撃が…。

この3人に降り掛かった危機が、代わる代わる展開していくシーンはスリリング。
3つのドラマが同時進行していくからこそ重層的だが、一つ一つでも充分見応えアリ。
リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルらの熱演。
特に、チードル演じる潜入捜査官タンゴのドラマが良かった。ギャングのボス役のウェズリー・スナイプスも久々に実力派としてのいい演技を見せている。

20年勤務した警察を事務処理的に退職したエディ。もう何の未練も無い…筈だった。
行方不明となっている少女がギャングに連れ去られる場面を目撃する…。

自暴自棄になったサルはある現場へ。そこで遂に、大金を懐に…。

ある報復の為、下っ端ギャングを追うタンゴ。行き着いた先は…

序盤~中盤はすれ違う程度だった3人の命運が遂に交錯する。
ラストはなかなかに重苦しい。悲劇的でもあり、まさかの展開。
それぞれの正義と苦悩の“クロッシング”の果て。
決して正義は勝つ!とか、後味良いものではないが、その分リアルに突き刺さる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

3.0家族、友情、そして正義

2019年5月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

三人それぞれ、陥った環境に目的や任されている任務も違うが同じ警察。

家族を守る為に四苦八苦する男、昇進の為だったが友情を選ぶ男、職務を全うすることに疲れたような男、同じ現場でシンクロしながらそれぞれの目的を果たそうとする三人の物語。

誰に感情移入しながら観れるか、やはりE・ホークの物語がリアルに現実的で共感できる。

罪悪感と正義、双方で揺れながら三人それぞれの正義を果たそうとする姿、報われるのは誰か?

D・チードルの役はデンゼルで、お願いしたかった!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.5刺激的な面白さ

ke_yoさん
2017年12月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

クロッシングの意味もあまり想像せず、予告もジャケットもネットも見ないで、何となく出演者だけで借りて見た。

人生で他人から知人以降の関係になるのは、些細な縁とタイミング。色んな人とニアミスしていて、いつもクロッシングの可能性を持つ。

Brooklynは治安が悪いようだが、ずっとそういう土地に身を置いてると善悪のボーダーが曖昧になってしまうのだろうか。警察官たちの公私の境がメチャクチャだったなー

面白かったけど、何がどう面白かったのか具体的に書きづらいなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ke_yo

3.5困った時はフークア作!

2017年12月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何を見ようか迷った時はフークア作を観ればまず間違いない。
リチャードギアか…あまり期待しないでおこう、と思って観たらめちゃくちゃ面白い!
映像が重くてヒリヒリしてるし、展開力と場面転換が秀逸で一気に引き込まれた。
イーサン・ホークのダメな感じは相変わらず悲哀に満ちて素晴らしいし、ドンチードルもさすが、リチャードギアもやさぐれ感と良い親父具合が素晴らしかった。
登場人物がすれ違う度に「おう!」と鳥肌が立った。
お互いの人生に関与はしてないが、同じように人生の転機があって、勝負の時がやってくる。というのは、映画的であるけど現実味もあって、この手法はメモしとかないと!と思った。
汚職警官がいなくならないのもイーサン・ホークを見てるだけで分かってしまうような、金と家族のために自分が汚れる事を良しとするというのは気持ちは分かってしまう。

欲を言えば、あのラストの後も観たかった。
イーサン・ホークの同僚はイーサン・ホークの家族に金を渡しててほしいなぁ…なんて想像してしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥嶋ひろまさ
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「クロッシング」以外にこんな作品をCheck-inしています。