ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー

劇場公開日

ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー
10%
30%
60%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ヌーベルバーグを代表する監督として敬愛されるフランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールに迫ったドキュメンタリー。「大人は判ってくれない」のカメラテストを受けるジャン=ピエール・レオや演出の細部について語るトリュフォー、商業映画の世界から身を引いていた時期のゴダールの姿など、貴重な資料映像の数々で構成される。トリュフォーやゴダールの評伝本を執筆した「カイエ・デュ・シネマ」元編集長のアントワーヌ・ド・ベックが構成を担当。

2010年製作/97分/フランス
原題:Deux de la Vague
配給:セテラ・インターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Films a Trois 2009

映画レビュー

3.5トリュフォーに一票

2020年4月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

難しい

トリュフォーなくしてゴダールの「勝手にしやがれ」は存在せず、生い立ちも環境も正反対のふたりは意気投合し最後には喧嘩別れ。

トリュフォーに宛てたゴダールの手紙はイメージ通りの人物像で、捻くれているというか性格悪いなぁと思わせる内容で、トリュフォーに対して拭えない妬みや嫉妬に近いモノがあるように思える。

ゴダールの人間性を鋭く解いたトリュフォーの手紙に納得させられてしまう、映画は芸術ではあるけれど哲学や政治に走ってしまう内容よりも、やはり純粋に物語を観たい欲求に駆られてしまう。

ふたりのインタビュー映像や当時の雰囲気に作品など、時代を感じさせる作りが楽しめるし、互いの人間性も分かりやすく描けていると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」以外にこんな作品をCheck-inしています。