戦慄迷宮3D

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
戦慄迷宮3D
戦慄迷宮3D
0%
0%
40%
44%
16%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界最大のお化け屋敷としてギネスブックに登録された富士急ハイランドにあるアトラクション「戦慄迷宮」を、「呪音」シリーズで知られる清水崇が3D映画化したスリラー。柳楽優弥、勝地涼、前田愛らが出演。幼馴染のケン、モトキ、リン、ミユ、ユキの5人はある遊園地のお化け屋敷に遊びに行くが、その際にユキが行方不明となってしまう。それぞれが青年へと成長した10年後のある日、突然4人の前にユキが現れる。

2009年製作/95分/G/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)ショック・ラビリンス・フィルム・コミッティ2009

映画レビュー

2.0うさぎのリンちゃんとモテモテケンちゃん

kossyさん
2020年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 3Dはあまり好きじゃないので、TV放映を待って見た。中盤までは結構面白い展開で、ケン(柳楽優弥)が仲間を殺した疑いで警察に取り調べを受けるのです。刑事が松尾スズキだから、何かのギャグかと思っていたのですが、どうも真剣に尋問してるみたいだ・・・と、ケンの口から真相が語られるというものだ。

 10年前の小学生だった頃にこっそりお化け屋敷(富士急ハイランドの戦慄迷宮)に入った5人の少年少女。ケン、モトキ、目の見えないリン、ユキとその妹ミユ。閉館した後だったため、誰もいないお化け屋敷ではぐれてしまった彼ら。ユキは階段から落ちて死んだかと思われたが、そのまま行方不明だということに・・・

 母の死をきっかけにケンは転校し、記憶も朧げなまま10年が過ぎ故郷へと戻ってきた。モトキとリンは結婚していたが、リンはずっとケンのことが好きだったし、ユキもまたケンが好きだった。行方不明になっていたのに、ケンの帰郷と同時に彼らの前に姿を現したのだった。そして、確認のため妹のミユの実家へ赴くがそこでユキが階段から落ちて意識不明。病院を探し回る再会したばかりの仲間たちだったが、たどり着いた病院が!

 呪怨シリーズの清水崇らしく、時空を飛び越えたホラー作品となっていました。10年前のお化け屋敷と病院がリンクしていて、目まぐるしく過去の体験に絡んでゆく。階段の踊り場付近では何度も同じ光景が出てきたり、ユキを暗闇へと引っ張った人物が〇〇だったとは!というサプライズシーン。少年たちから見ると、未来の自分たちが幽霊に見えるという摩訶不思議時空世界。もうホラーファンタジーと言ってもいいくらい、頭がくらくらする内容でもありました。

 2Dであっても浮遊感漂うという錯覚にも陥り、人間と人形のリンクという面白さもあったけど、恐怖度はそれほどでもない。むしろタイムパラドクスを楽しむことで、過去の過ちとノスタルジーさえも感じられた。また、リンの目が見えないことや、誰が誰を好きだったという設定が無駄だったようにも思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0むしろ笑えた

てん。さん
2010年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

富士Qのあの有名アトラクション戦慄迷宮!
それが舞台だなんてかなり期待してたのですが。

私的には全然怖くないし、面白みもなかったです。
アトラクションの中が見れたのはよかったです。
あと柳楽くんの変貌っぷりが気になって気になって。

清水監督とはあんまり相性よくないです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
てん。

2.5お化け屋敷とコラボ。

小太郎さん
2010年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

3Dでの鑑賞ではない。鑑賞し終えて、別に3Dでなくてもよかったから、MAXの状態を観ていないで語るなと言われる筋合いもないかな。

 お化け屋敷とのコラボということで、かなりきつかった。ホラーに大切なものはギャグセンスだと思っている。ホラー好きだから、真面目に鑑賞しているが、ホラーはフィクションの域を1ミリたりとも出ないのだから、エンタテイメント性がないとダメだろう、と思うのだ。あまり真剣に来られると冷めてしまう時がある。怪談は面白く語ってもらわないと。
 手枷、足枷で身動きもままならない中で、清水監督の遊びが所々見られて、鑑賞できる作品にはなっていた。

 一番、好きな場面は、トぺ・アトミコの大連発。ギャグセンスが怖さを誘う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小太郎

3.0目が疲れた!

2009年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

新宿バルト9で3D見ましたが、この映画は飛び出し感よりも奥行き感で見せる映画ですね、
リアルぽっくいい感じでしたが、しかし・・・
暗いシーンでは映像が2重になり(ゴーストがでていて)はっきり見えなかった、
また赤、青のレジずれのようなフレアが発生していた。
明るいシーンは綺麗に立体に見えました。
ホラーて暗いシーンが多いのでこれは致命的、目が疲れるました。
DOLBEY3Dのようですが、たまたま私の3Dメガネが不良だったのか?
もともとそうゆう映画なのか??
ワーナーマイカル系はREAL3Dなので、
他の3Dで確認したいですね。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さばGG
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る