マーターズ(2007)

劇場公開日

マーターズ(2007)
19%
35%
36%
4%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1970年初頭のフランス、行方不明となっていた少女リュシーが路上を彷徨っているところを発見される。何者かに廃墟に監禁され、長期に渡って拷問と虐待を受けていたリュシーは事件の詳細を語らないため、捜査は難航を極めていた。養護施設に収容されたリュシーは、少女アンナの献身的な介護で平穏な生活を取り戻してゆくが……。監督はフランス・ホラー界の新鋭パスカル・ロジエ。

2007年製作/100分/フランス・カナダ合作
原題:Martyrs
配給:キングレコード、iae

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 霊的ボリシェヴィキ
  • アルカディア
  • マシニスト
  • HAZE
  • カオス
  • 江戸川乱歩の陰獣
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅰ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅱ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅲ
  • インサイダーズ 内部者たち
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film

映画レビュー

4.0映画よ、これ以上はやめてくれ

2020年12月16日
iPhoneアプリから投稿

フランス版。
初見。エグ過ぎ。
映画よ、これ以上はやめてくれ。
疲れ切らせて尚ここから本題、の構成に唸った。
悪が全く猟奇的ではないという不気味も買おう。
パスカル・ロジェには残酷描写を封じての例えばロマコメ快作を期待。
構成の意外で魅せろ。
米版も見るか、修行の為に。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0ゴーストランドの惨劇を観る前に再鑑賞しました。

刺繍屋さん
2020年11月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
刺繍屋

5.0圧・倒・的・大・傑・作!

2020年3月13日
iPhoneアプリから投稿

監禁された少女が脱走して数年後、復讐の為に武器を持ち、凱旋する話。

私はスプラッターは得意ではないのですが、今作は好みを超越。
開始5分に圧倒され…
中盤の衝撃展開を経て…
終盤【並のホラーとは格の違う】凄みのある恐怖を味わえる大・傑・作!
(2014/2/4)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥さんと見る映画の記録

4.0いたい。。深い。。

jukokoさん
2019年1月1日
Androidアプリから投稿

所謂胸糞描写が満載。。
そういう描写は得意ではないけど映画なら大丈夫、という感じ。
色々解釈があって賛否がわかれてるっぽいけど、どや顔で過激な描写を見せてるだけの映画ではないと思う。監督曰く「ラブストーリーだけど孤独と人生の敗北についての映画」との事。

ベースとなる価値観として、痛みや悲しみ、絶望や怒り、喜びなどなどの「経験」や「な感情」は他者とは完全に共有出来ない信用出来ない、というのがあると思う。

あれだけ酷いことをされたリュシーが事件後唯一信頼したアナが自分を疑っていた事を知り、絶望し、自殺してしまう。そしてアナはリュシーのことを何も分かっていなかった事とリュシーの絶望を理解し「マーターズ」、となる。カルト宗教的な物が出てるけど殉教者、というより「大義の為に苦難を受け入れる事で知る事ができた者」というイメージかと思う。大義というのは恐らくリュしーに対する贖罪意識からくるもの。

そして最後にマドモアゼルが自殺したのは何故か。恐らくアナの言葉を聞いて絶望したからだと思う。

ではマドモアゼルに発した最後の言葉は何か?
恐らく「リュシーとアナ」と「自分」を絶望的に隔てる言葉、リュシーとアナの繋がりを示す言葉だろうと思う。何かはわからないけど、自分が必死に求めている物が絶対に手に入らない、知ることが出来ないと悟り、自分の人生の虚しさを知ったのではないか。

最初に書いた「他者の共感」、不可能なそれをできる事を目の当たりにすると同時に自分には不可能であると。

最後の目撃者の言葉はアナのことであり、マドモアゼルの事ではないかと思う。

以下は蛇足
この「他者との共感とその先」について、同様のテーマで漫画(趣味)を描いた事があるからこのような考察になったのかも。

もし自分ならアナの抜いたセリフは、機能を持たせるだけで特に限定はしないと思う。
(こんな感じの事、程度)

もっと言うとその漫画はそのテーマには誰も気づかずにただの鬱漫画と思われている節がある。。表現って難しい。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
jukoko
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る