戦場でワルツを

劇場公開日

  • 予告編を見る
戦場でワルツを
16%
60%
18%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスのセザール賞ほか数々の賞に輝き、第81回アカデミー外国語映画賞にもノミネートされたイスラエル映画。2006年のある夜、旧友に呼び出された映画監督のアリは、26匹のどう猛な犬に追われる悪夢に悩む話を聞き、それは自分たちが従軍した82年のレバノン侵攻の後遺症ではないかと疑う。しかし自分に当時の記憶が全くないことに気付いたアリは、その謎を解こうとかつての戦友たちを訪ねるが……。監督のアリ・フォルマンの実体験に基づいて製作されたアニメーションの意欲作。

2008年製作/90分/PG12/イスラエル・ドイツ・フランス・アメリカ合作
原題:Waltz with Bashir
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第81回 アカデミー賞(2009年)

ノミネート

外国語映画賞  

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

第61回 カンヌ国際映画祭(2008年)

出品

コンペティション部門
出品作品 アリ・フォルマン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2008 Bridgit Folman Film Gang, Les Films D'ici, Razor Film Produktion, Arte France and Noga Communications-Channel 8. All rights reserved

映画レビュー

4.0「記憶」はぼくらを必要な方向に導いてくれる

h.h.atsuさん
2021年1月17日
iPhoneアプリから投稿

82年イスラエル軍のレバノン侵攻におけるサブラ・シャティーラの虐殺をテーマにした作品。当事者であるAri Folman監督自身が参戦した虐殺現場での記憶をたどる旅をアニメーションで描いている。

正直、日本のアニメ技術に馴染んでいる身としては、イスラエルのそれはお世辞にも優れた技術とはいえないが、内容とともに鮮烈に印象に残る映像だ。そして、最後は痛ましい実際の映像を突きつけられる。

Ari Folman監督の症状は「解離性健忘」といわれ、トラウマやストレスによって引き起こされる記憶喪失(健忘)のことで、自分にとって重要な情報が思い出せなくなる、自己防衛の現れらしい。

この作品もあまりにも酷い話のためアニメーションでの表現にせざるを得ないのか、アニメーションだから勇気を持って表現できたのか。

パレスチナ側からみる記述は多いが、加害者側であるイスラエル側からの視点は伝えていくべき貴重な記録。戦場には善も悪も神もない。そしてその惨状は今でもシリアなどで繰り返されている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
h.h.atsu

4.5アニメ版「地獄の黙示録」

柴左近さん
2020年12月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

難しい

1982年のレバノン内戦時にイスラエル軍に従軍していた主人公。
旧友と再会しその時の記憶が曖昧なことに気づいた主人公は、知り合いの心理学者や当時軍にいた人、ジャーナリストなどの話を聞き、段々と記憶を取り戻していく…

アニメ映画ではあるが内容は監督自身の体験であり、ドキュメンタリーである。
登場人物が語る証言、主人公が思い出す記憶全てが地獄絵図。この世で起きているとは思えない光景の数々。実写で撮っても過激すぎて「ま、映画だしね。ちょっと誇張してるでしょう」と脳が解釈してしまいそうだが、アニメーションで表現することによってすんなりと見せ、最後に実際の映像を映し出すことによって「アニメだったけど全部本当のことだったんだ」と理解させることに成功している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
柴左近

4.0誰のための戦い

ikuya3531さん
2018年8月10日
iPhoneアプリから投稿

元イスラエル軍兵士のアリは、抜け落ちたレバノンでの記憶を探るためにかつての戦友を訪ねる。

最初に観たときは、私の勉強不足もあり何がなんだかわからなかった。
レバノン内戦は、複雑でいろんな国が軍事介入してくるのである程度、知識を入れてから観たほうがいいかもしれない。

一体誰が敵で何のために戦うのか?よくわからない。でもこれは、登場するイスラエルの青年兵も一緒だ。
ただ恐怖しかなく動くもの全てに発砲していく青年兵たちそして犠牲になっていくのは、一般市民。

そしてかつての戦友を訪ねる事でわかってきた数々の虐殺行為。
そして最後に起こる最大の虐殺行為……。
アリは無理矢理忘れようとしていた自分達の犯した罪を。

基本的にこの映画はアニメーションで描かれているが最後の事件は、実際の映像で観せられることになる。

ユダヤ人の彼等も虐殺されてきた歴史があるのに結局、彼等も同じ事をしている。

戦争をアニメーションで描くのはやはり斬新。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ikuya3531

3.5よかった

2018年7月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
吉泉知彦
すべての映画レビューを見る(全16件)