南極料理人

劇場公開日

南極料理人
30%
49%
17%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南極観測隊員の西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を、「クライマーズ・ハイ」の堺雅人を主演に映画化。極寒の南極ドームふじ基地にやってきた8人の観測隊員の1人、西村の仕事は隊員の毎日の食事を作ること。約1年半、遠く離れた日本に家族を残し、隊員たちは悪戦苦闘しながらも次第に絆を深めていく。共演に生瀬勝久、きたろう、高良健吾ら個性派が揃う。

2009年製作/125分/日本
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5個性派キャストのアンサンブルを味わう逸品

2020年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

久しぶりに再見。沖田修一監督作はお気に入りが多いが、2009年公開の本作は「キツツキと雨」「横道世之介」と並ぶ私的ベスト3だ。南極観測隊員を演じる面々には、映画初主演を果たす前の高良健吾を筆頭に、古舘寛治や黒田大輔らこの10年で格が上がった俳優も多く、今観ると贅沢な顔ぶれだとの思いを一層強くする。

原作のエッセイ本の題は「面白南極料理人」だが、映画化で“面白”を外したのは正解。観たらすぐ分かるように、堺雅人が演じる料理人の西村が面白いわけではなく、観測基地で個性的な隊員たちと過ごす日常や巻き起こるハプニングが、穏やかな笑いや大爆笑をもたらすのだ。さらに言えば、南極の中でも隔絶された高所にある基地でのさまざまな不便、家族と長期間会えない寂しさなども丁寧に描かれ、ユーモアとペーソスの配分もばっちり。沖田シェフが素材を活かして絶妙に味付けした逸品料理と相成った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

4.0盛大なロケで作ったちっぽけなホームドラマ

2021年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

男性宇宙飛行士と不倫していた米国の女性飛行士が、相手が別の恋人をつくったのを怒って、宇宙から地上に舞い戻り、遠路はるばるその女性を襲いに行くという事件があった。
米国メディアは「なんと狭い宇宙なんだw」と書き立てたが…この映画には何だかそんな雰囲気がある。

凄い寒冷地まで、恐らくはかなりの資材とスタッフで出かけ、長期間ロケを敢行して、多額の製作費をかけて作ったのは、壮大な南極物語…ではなく、ちっぽけなホームドラマなのであるw

観測隊のメンバーは隊長を父、料理人を母、雪氷学者や医師を兄弟とする疑似家族だ。
寡黙ながら明るい隊長、全員の食事に気を遣う料理人、気の強い雪氷学者、飄々とした医師、サボってばかりのずぼらな車両係等々が美味い料理に舌鼓をうったり、凍り付いた雪原にジュースでダイヤモンドを描いて野球したり、でかい肉塊を松明のようにして焼いたりする。
どれもちっぽけなお話しであり、どこにでもいそうな隊員たち…彼らが
喜び合ったり、喧嘩したり、酒を酌み交わしたりする映画。まさにホームドラマだ。

もちろん極地ゆえのこまごまとした楽しい仕掛けも出てくる。でも、中身は隊員たちの日常生活の情景(とくに食事)と個々の人柄を楽しむ映画なのである。

洒落た企画の意外性が楽しいし、食事がどれも美味そうで見惚れる。俺はステーキを焼くシーンと中華を作るシーンが好きだな。あと、伊勢海老のエビフライには笑った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

4.5食という最大の娯楽

N.riverさん
2021年10月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

南極越冬隊の日々を、料理担当である主人公視点でとらえた作品。
ゆえに主役は厳しい大自然や、過酷な調査ではなく、
極寒の中にあって暖かな食卓と、囲む隊員たちだ。
いささか男だらけのホームドラマのようにさえ感じながら観る。

極限の環境はやはり人を狂気に走らせるのか。
追い詰められてちょっと、おかしくなりかける人もいたり、
そりゃあ、閉鎖空間、陽も当たらずではメンタルやられるだろうなぁと思う。
だとしても必ずすくのは腹で、食こそが最後の砦と皆の期待を集める。

たとえばこれはそんな極端な話だが、でなくともやはり日々食は
栄養を摂取し、命を繋ぐだけではもう成り立たない、今やエンタメであり娯楽だろう。
基地で食卓を囲む隊員たちを見ていて飽きないのが
りその証拠だと思えて仕方なかった。
特に何ら事件が起きたり謎が投げ込まれるわけでもないのに、
まるっ、と気づけば二時間、見てしまえるその魅力は、ちょっと形容しがたい。

生命の維持に欠かせないながらも、それでいて最大のエンタメである食の偉大さ。
本作の成功は、最強タッグがうまく料理された結果、と観る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
N.river

4.0コミカルでヒューマンドラマ

2021年9月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

予告で惹かれて、鑑賞。

おもしろかった。
コミカルなんだけど、ヒューマンドラマな雰囲気もあって、見た後ほんわかした。

タイトルも主役も、南極料理人なんだけど、
観測地にいるそれぞれが個性的で、どの人のキャラクターも好き。

個人的には、伊勢海老のくだりが好き。

あと実際どうかは分かんないけど、
観測隊の皆さんは、不便な中で、
水、ご飯、トイレ、電話、Fax、時間等、
工夫して、耐えて過ごしておられるのが伝わった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あめまぁる
すべての映画レビューを見る(全130件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「南極料理人」以外にこんな作品をCheck-inしています。