ボルト
ホーム > 作品情報 > 映画「ボルト」
メニュー

ボルト

劇場公開日

解説

ハリウッドのスター犬の冒険を描いた3DCGアニメーション。人気子役のペニーに引き取られ、撮影スタジオで育ったボルトは、“スーパーパワーでペニーを守る”というTVの設定を現実だと信じ込み、毎日必死でペニーを守る日々を過ごしていた。ある日、TVの中でペニーが悪役にさらわれ、ボルトはペニーを救出するためスタジオを飛び出すが……。ボルトの声をジョン・トラボルタ、ペニーの声をマイリー・サイラスが務める。

スタッフ

監督
製作
クラーク・スペンサー
製作総指揮
ジョン・ラセター
脚本
ダン・フォーゲルマン
クリス・ウィリアムズ
音楽
ジョン・パウエル
アートディレクター
ポール・フェリックス
ルック&ライティング監督
アドルフ・ルジンスキー
ストーリー部門ヘッド
ネイサン・グレノ
アニメーションスーパーバイザー
ダグ・ベネット

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 Bolt
製作年 2008年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 96分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第81回 アカデミー賞(2009年)

ノミネート
長編アニメーション賞  

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

ノミネート
最優秀主題歌賞 “I Thought I Lost You”
最優秀長編アニメーション映画賞  

インタビュー

製作総指揮ジョン・ラセターが語る「素晴らしいアニメを生み出す要素」とは?
インタビュー

ピクサーを立ち上げ、幾多の作品を成功させてきたジョン・ラセターが、06年にディズニー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)に就任。ピクサー/ディズニー双方のクリエイティブ面の指揮を執るようになった。「...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ピクサー体制による新生ディズニーの門出
ボルトの映画評論・批評

ディズニーといえば、言わずと知れたアニメスタジオの老舗だが、いまでは〈質のピクサー〉と〈量のドリームワークス〉という2大スタジオの後塵を拝している。配給契約を結ぶピクサーの成功に刺激を受けて、「チキン・リトル」(05)からCGアニメ製...ボルトの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全27件)
  • 良かった!! 何となく見逃してたけど、超よかった! ディズニー作品だけどジョン・ラセター体制後の作品だったのね。 ボルト、ミトンズ、ライノ。3匹のキャラがそれぞれいい。 ...続きを読む

    青空ぷらす 青空ぷらすさん  2018年12月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最高 「頼まれなくても行くんだよ」 ライノ最高。 ハトのシーンちょっと不思議な感じで好き。 誰かのヒーローになりたい。 ...続きを読む

    タウンマーチ タウンマーチさん  2017年11月22日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • キャラクターそれぞれが魅力的 ストーリーもよかったし、子供だけじゃなく大人が一緒に見てもまあ楽しめると思う。 ...続きを読む

    コイキングz コイキングzさん  2017年3月2日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ボルト」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi