僕は君のために蝶になる

劇場公開日

  • 予告編を見る
僕は君のために蝶になる
0%
0%
75%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

台湾のアイドルグループF4のビック・チョウ、「ドラゴン・キングダム」のリー・ビンビン主演のラブ・スト-リー。監督は「マッスルモンク」「エレクション」のジョニー・トー。大学の人気者でミスキャンパスの恋人もいるアトンに密かに想いを寄せていたエンジャ。思いが通じて2人は次第に惹かれ合い結ばれるが、ある日喧嘩別れしたままアトンは交通事故で帰らぬ人となってしまう。事故から3年。立ち直れないエンジャの夢に毎晩アトンが現れるようになり……。

2007年製作/88分/香港
原題:蝴蝶飛
配給:クロックワークス、ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2007 Sundream Motion Pictures Limited All Rights Reserved

映画レビュー

2.5流石のジョニー・トーでも

2015年3月25日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

題名から恋愛映画と思うと…。

「これ…幽霊映画?」

事故から3年。元カノが恨みを持って主人公の女性の前に現れる。

ジョニー・トー版『ゴースト ニューヨークの幻〜逆恨みバージョン〜』(笑)

本家『ゴースト』は、見えないけれど存在を感じさせる切ない恋愛映画だったけれど。こちらは完全に見えちゃうから。しかも、「出て来て!」と言えば出て来ちゃうから(笑)

最後には結局切ない恋愛映画として着地するんですが、観ていて何だか都合が良すぎる様な…。

出来ればジョニー・トー監督らしい、クレーン撮影をふんだんに駆使したり、不必要な位の長廻しを使ったり…といった遊びが欲しかった位でした。
流石のジョニー・トーも題材が題材だけにやり切れなかった…ってところでしょうか。
とは言え、突然に蝶々が飛ぶ場面では「まるでジョン・ウーの鳩じゃん!」(笑)と思ってしまいましたが。

(2008年11月2日シアター渋谷TSUTAYA/シアター1)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

2.5中途半端なラブストーリー。

2011年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

ビック・チョウ、リー・ビンビン共演のラブストーリーだが、彼女のスタンスが脚本上中途半端。思いっきり悲劇なのかサイコスリラーか、はたまたサスペンスか、生きている人物と死んだ人物の違いが分からず、意味不明な箇所が多いです。多分台湾では蝶が使者を送るのが常識なんでしょがそのあたりも感情移入ができません。そもそもリー・ビンビンはショートカット似合わないし、明るく気が強い女性を演じるのが良いと思う。過去のトラウマを引きずる中途半端な役は似合わない。
正直F4のファン以外は面白いと思わないと・・。
それ以外の方はオススメできません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としぱぱ
すべての映画レビューを見る(全2件)