ミルク

劇場公開日

  • 予告編を見る
ミルク
ミルク
21%
54%
24%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

同性愛者であることを公表した上で、米国史上初めて公職に就いた政治家ハービー・ミルクの半生を描いた伝記ドラマ。1970年代のサンフランシスコ。生来の人柄でゲイやヒッピーたちに慕われる同性愛者のミルクは、マイノリティに対する権利と機会の平等を求め、世間の差別や偏見と戦いながら市制執行委員会の選挙に立候補する。第81回アカデミー賞では、主演男優賞(ショーン・ペン)、オリジナル脚本賞を受賞。監督は「エレファント」のガス・バン・サント。

2008年製作/128分/アメリカ
原題:Milk
配給:ピックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ショーン・ペン
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C) 2008 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.51970年代のアメリカで、同性愛者であることとを公表した上で初めて...

2020年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

1970年代のアメリカで、同性愛者であることとを公表した上で初めて公職に就き、人種や性別、年齢による全ての差別撤廃のために戦った実在の政治家ハーヴィー・ミルクの姿をドラマ化した本作は、ミルクその人のまっすぐで揺るぎない信念と行動が胸に迫る感動のドラマだ。

何より、ショーン・ペンが演じたミルクがとにかく魅力的だ。まだLGBTに対する理解も薄かった当時のアメリカで、すべての弱き人々のために声を上げるミルクを、その弱さも含め、熱演している。

また、ミルクを支えた友人を演じたジェームズ・フランコやエミール・ハーシュ、そして人々に愛されるミルクを憎み、ついには彼を暗殺してしまうジョシュ・ブローリンなど、脇を固めたキャストのアンサンブルも素晴らしいので必見だ!

なお、主人公が同性愛者というだけで、映画を観る事をためらう人もいるかもしれないが、それはあまりにももったいない。誰かを好きになる気持ちは、きっと理解できるはずだし、自分の信じる世界の実現のために力を注いだミルクの姿に、きっと何か感じるものがあるはずだ。

本作は、ガス・ヴァン・サントの生涯の代表作になる1本だと心から思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
senden_daddy

3.5同性愛者の権利獲得の過程

a0064さん
2018年11月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
a0064

4.0ゲイをカムアウトした世界で初めての政治家の物語。当時のアメリカは同...

HaDoSonさん
2017年9月24日
Androidアプリから投稿

ゲイをカムアウトした世界で初めての政治家の物語。当時のアメリカは同性愛者は理由もなく警察に殴られたり、逮捕されていた。そんな現状を変えるべくミルクは立ち上がる。

最後は美しくないが、実話だからこそ心に響くものがある。ミルクから学んだ。人は希望があるから生きてゆける。 https://t.co/UiI75wZmYw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HaDoSon

3.5主人公がどうして死の危険を感じるようになっていったのかがもっと描か...

2017年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主人公がどうして死の危険を感じるようになっていったのかがもっと描かれてるとよりよかったかな、と思う。あまり描いてないことが逆に良いのかもしれないけど。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
フォレスト
すべての映画レビューを見る(全34件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る