コレラの時代の愛

劇場公開日

コレラの時代の愛

解説

「百年の孤独」のノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスによる同名小説を「フェイク」(97)、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のマイク・ニューウェル監督が映画化。1897年のコロンビア、郵便局員フロレンティーノは配達先の令嬢フェルミナと恋に落ちるが、身分の違いを理由に引き裂かれてしまい……。フェルミナの結婚後、50年以上に及び彼女を待ち続けるフロレンティーノを、「ノーカントリー」でアカデミー賞を受賞したハビエル・バルデムが好演。

2007年製作/137分/アメリカ
原題:Love in the Time of Cholera
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 ゴールデングローブ賞(2008年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)Copyright 2007 Cholera Love Productions, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.02文字でいうなら【執念】の映画。 感覚が全く違うのと行動が行動なの...

2022年7月11日
スマートフォンから投稿

2文字でいうなら【執念】の映画。
感覚が全く違うのと行動が行動なので、待ち続けたという気持ちになれない。
成就するところは感動的なシーンのはずなのだが感動しない。
凄いとは思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
collectible

2.5ストーカー男にドン引きする前半の99%

きりんさん
2022年2月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ハビエルの黒歴史か w

「ライオン・25年目のただいま」という感動名作があったが、本作はまったくもって「50年目の“がぶり寄り”日記」である。

マザコンにしてシスコンのおっさんの生き様については、うーん、どう反応してよいものか・・622ページ、たっぷり悩ませてもらった迷作であった。

・・・・・・・・・・・・

50年越しの愛にあなたは感動できますか?

以前に観た「セレンディピティ」という、ライトタッチなアメリカのラブコメ、
⇒あれは恋人たちの“すれ違い物語”だった。
あの映画で、劇中の小道具として登場し続ける一冊の本、それが「コレラ時代の愛」、その初版本。
南米のノーベル賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの著書だった。
あれをきっかけにようやく本作DVDを探し当てての鑑賞。

マグダレナ川
オリノコ川
ラプラタ川
ネグロ川と
巨大な河が滔々と悠久の時を従えて流れる「河川小説」が原作。

時の河は流れて止まらない。
しかし人間たちの思いは遥か大河を遡りゆき、流れに乗ってゆっくりと下り、再びそこを遡る。
舞台としては不足はない。

ところが延々と見せられるのは盛りのついたキモ男の女体への沈溺なんですが。
「マカ」はかの地南米の名産だが、梅毒もあの地の風土病だったはずたがなぁと、雑念妄想に悩まされる。

オスカー俳優にも、そりゃあ黒歴史はあるだろう。
原作者がいくらノーベル賞作家でも、脚本の出来や監督のパーソナリティーを見抜いて出演の可否を決定するのがいかに俳優にとって難しい事なのか ―
それを証明する好例かもしれない。

原作は
大著だが、Amazonのレビューでは好評価を受けている。
映画ではなんの狙いか、矢鱈とトップレスを登場させるばかりで、あれは視聴率を稼ぎたかっただろうか?
仕舞いにはハビエルの汚い全裸も見せられたが・・萎えた。
B級。

「あ!この男、ちょっと変だ・・」
市場で再会したときのフェルミナの「直感」。
ああいう「直感」は終生大切にしなければならないのです。
ところが、最後の1%のエンディングで、多少文学めいたシーンを持ち込んではみてもキモ男の挽回は無理なのに、
フェルミナに失礼でしょ!

僕の制止も聞かず毒牙にかかるフェルミナ。
唖然とする他なかった。

・・・・・・・・・・・・

赤ひげ薬局提供

.

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きりん

3.5あるぶっ飛んだ愛の物語

2020年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ピンクマティーニ

3.0きっと私が哀れな抜け殻だからだろう

2012年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shimo
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る