劇場公開日 2019年9月6日

  • 予告編を見る

ブレードランナー ファイナル・カットのレビュー・感想・評価

3.8111
33%
46%
16%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全111件中、1~20件目を表示

4.0もはや新作と見まごうクリアさ。

2017年10月28日
PCから投稿

興奮

知的

『ブレードランナー』に関しては、リドリー・スコットが劇場公開バージョンで不満だった箇所を片っ端から直した「最終版」で止まっていたので、「ファイナル・カット」はデジタルリマスターくらいに思っていた。が、オールドファンにすれば冒頭の2019年のロサンゼルスを俯瞰で捉えた特撮ショットからして、仰天モノではないだろうか。

まず驚いたのはタイレル社のピラミッドビルの窓がこんなにも多かったっけ?ということ。昔観たバージョンのフィルムの質感とはまったく別種の、あまりにも細密でクリアな映像。ミニチュアのピラミッドに針の穴のように空けられた窓から漏れる光のひとつひとつが、猛烈に粒立っているのである。

特に65㎜で撮られた特撮シーンは一事が万事この調子で、まるで『ブレードランナー』を最新の撮影機材で寸分たがわず再現したようにすら見える。物語や展開的には「最終版」とほぼ同じだが、スコットこだわりのディテールを味わうためには一番のバージョンであることは間違いなかろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
バッハ。

2.0以前から気になっていた作品。

miharyiさん
2019年11月11日
PCから投稿

ターミネーター:ニュー・フェイト を観るにあたり、気になっていたこちらを鑑賞。
まず、作品設定が今まさに2019年11月になっていたので、現時点で酸性雨が降ってなくて良かった。

ラストにグっとくるものがあったけれど、このラストのために長々暗い画面を見せられるのは
ごめんなさい、自分には無理で苦痛でした。

ライアン・ゴズリングが主演だったのでとりあえず鑑賞したブレードランナー2049もよくわからなかったし。
むしろ、この作品の評価がなぜこんなに高いのかが自分は知りたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

5.0アトムの世界

2019年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

実用ロボットが人型なのは日本だけだとどこかで読んだ。
手塚治虫先生の『アトム』の影響なのだと。

そんなアトムに通じる映画。
アトムも、人間とアンドロイドの狭間で悩んでいたし、奴隷化されたロボットの反乱やロボットの権利を求める回を描いたものもある。
とはいえ、ハウアー氏、ヤングさん、フォード氏の名演によって、さらに”情緒を刺激されて胸を打つ。

科学者の傲慢。人に近づけるロボット。科学者としては冥利に尽きるのだろうが、制作された”もの”としては…。

「人は殺していない」確かにそうなのだけれど…。
人殺しをしているような描写。
意思を持ったロボット。人間との差とは何なのか。

主人公はレプリカント狩りなのだけれど、レプリカントを知るだけに、何をもってして、人と人じゃないものと分けるのか。主人公の気持ちが揺れているところがやるせない。

デッカードもレプリカントという説があると聞いたが、デッカードが”人間”である方が、”命””人間”というものに、深い考察を与える。

神の領域。
 アステカ神殿に似た本部。
 エジプト・ピラミッドかと見まごう金色に彩られた映像・インテリア。
 そんな中で何度も繰り返し現れる「強力わかもと」。胃腸薬なんだけれど、滋養強壮の効き目もある。監督はその中身まで知って採用したのか。その広告の女性がロボットっぽい表情をしているのがまた映画の雰囲気を掻き立てる。
 チャイナタウンの雰囲気も、不老不死を求めた徐福を彷彿とさせる。
 デカルトの言葉。
 処女の守り神ユニコーン。
 『ファウスト』に出てくるメフィストフェレスを彷彿とさせる警察のボスとデッカードを繋ぐ役目。導かれるのはダンテの世界か。
 キリストの”聖痕”をもイメージさせる。
 ロシアのモナリザとも称えられる絵画『忘れえぬ女」を彷彿とさせるレイチェルの眼差し。『黄金のアデーレ』にも似ている。
 エリザベス1世かと思うような衣装。
 『未知との遭遇』を彷彿とさせる光の洪水。

近未来な造形の中に織り込まれた古典。

 雑多な中でのあがき。

だからこそ、SFとして現実世界とかけ離れた世界の物語ではなく、すぐそこにある物語と乗り込んでしまう。

鑑賞後、自分の生きる意味とかいろいろな思いが押し寄せて、雄たけびを上げてしまった。

原作未読。
他のバージョン未鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

3.5地獄の鬼ごっこ

ジジさん
2019年10月17日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ジジ

5.0ブレードランナーが描く2019年

movieさん
2019年9月17日
Androidアプリから投稿

169. 2019年現在、40年近い時を越えて、iMAXの効果炸裂

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
movie

3.5何年かに一回は観たい作品

2019年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

 IMAXシアターでの鑑賞はなかなかの迫力であった。随分前だと思うが、この映画をテレビで観た記憶がある。空中を移動する自動車やハリソン・フォードのリアルな格闘シーンに衝撃を受けた。SF映画もここまで進んだかと思ったものである。
 しかしその後のコンピュータグラフィックスの進歩で実写に匹敵するどころか実写を遥かに上回るCG映画が次々に登場するに至っては、本作品の映画としての面白さは観客のCG慣れの分だけ減ってしまった。
 とはいえ、人間そっくりに遺伝子から作られているレプリカントは人間との見分けがつかず、人間が人間として認められる条件は何なのかというアイデンティティの問題を提起した意義は大きいと思う。加えて人間が生命を作ることが当たり前になった社会、宇宙への植民地主義、階級格差など、現在および将来の人類が向き合わなければならない問題がさり気なく提起されている。
 物語のテンポはかなりゆっくりで現代的ではないが、CGやアクションはこれから先も鑑賞に耐えうるものである。そして問題提起はいつも新しい。読書好きの人が周期的に古典を読むように、本作品も何年かに一回は観たい作品のひとつに違いない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
耶馬英彦

4.0ブレランIMAX半端ないって!

evawevawさん
2019年9月14日
iPhoneアプリから投稿

劇場公開から37年後の🎬"ブレード・ランナー/ファイナル・カット版"in IMAX 鑑賞。
1982年7月3日 : オリジナル版公開
2007年11月17日 : ファイナル・カット版公開
2017年10月27日 : 続編 ″ブレードランナー2049″公開
2019年7月19日 : ルトガー・ハウアー(75)死去
2019年9月6日 : ファイナル・カット版IMAX公開
2019年11月X日 : 時代設定
ここ最近、未来の設定が追いつく映画が多い中、現実は追いついていないなぁ。と感じる今日この頃。
当時こんな STORY、ART、MUSIC、CGよく作ったなぁ。
昔の映像をよく鮮明に再現できるなぁ。
酸性雨が劇場に降っている臨場感半端ないなぁ。の117分でした。
ルトガー・ハウアーさんのご冥福をお祈りします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
evawevaw

5.02019

tanmyaさん
2019年9月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

知的

リドリー・スコットのコメントを見ても映画のエンドロールを見てもIMAXシアター向けに最適化したわけではなく4K化したついでの公開のようだ。
だからと言って見る価値がないかと言えばそうでは無く映像の細かさ(新しい発見がある)と特に音響の臨場感はこれまでのどのブレードランナーよりも没入感があり映画館に足を運ぶ価値のあるものになっている。
何より2019年、そして奇しくもルトガー・ハウアーの没年となったこの年に劇場で鑑賞できる機会を作ってくれたことにファンとしては感謝したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tanmya

3.5昔のSF映画だが今見ても遜色無い

2019年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

正直言ってストーリーは良く分からなかった。後からネタバレサイト見て何と無く分かった程度なので、ある程度予習は必要なのかもしれない。公開された当時は相当斬新な作品だったと思われる。今見てもそんなに違和感が無い。ただ、劇中のモニタの映像を見るとやはり大昔に作られた作品なんだだなと認識させられる。舞台は東京っぽいが現代でいうと中国の深セン、上海、北京あたりかな。未来を描くSFというのはレディプレイヤー1の時もそうだったけど大抵無機質な大都市が多いよね。ハリソンフォードがとにかく若かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
canghuixing

5.0サイバーパンクSF不朽の名作

しずるさん
2019年9月13日
Androidアプリから投稿

悲しい

楽しい

興奮

昔深夜のTVで本作を見て夢中になった。好きな映画を挙げろと言われれば、5つの内には必ず入るであろう作品。それが大スクリーンで見られるとは!

当時最先端のSFXも、大画面で見ると多少の古臭さは否めない。続編『2049』のCG凄かったもんな。それでも、暗く荒廃した世界のテクスチャーにはその粗さもマッチしているし、iMAXで臨場感たっぷりのサウンドはモブの台詞の隅々まで聞こえる。何より、サイバーバンクな世界観とビジュアルの素晴らしさは、今見直しても色褪せない。
『2049』が公開された時、設定がありきたりで然程面白くないと若者世代の反応イマイチと聞いて、馬鹿言え、甲殻機動隊も銃夢もコレが原点じゃ!と憤慨した年寄りですが(笑)
止まない雨、薄汚いスラム、人種文化混合のカオス都市。堪らん。
しかし、冒頭の『2019年』のテロップを見て仰天した。今年かよ!まあ第三新東京市もとっくに過ぎたしなぁ。

ところで、人生指折りのフェイバリット映画だが、ラストで台無し、アレさえ無ければ!!という作品が、過去2つありまして。
それが『ネパーエンディングストーリー』と今作。
TVで初めて見た劇場版。ラストシーン、あてもなく逃亡するデッカードとレイチェルの車に被さるナレーション。「レイチェルには4年の寿命が無い」。
いやいや、そりゃ無いよ!アカンだろう。そんなサラッと覆されたら、あれだけ苛烈なロイの絶望は?徹底してレプリカントの悲哀を見せつけておいて、最後一台詞で全てぶち壊しやん!!と憤慨を…。逆ギレ多いな今回(笑)それだけ大好きな作品なんです。ご容赦。
公開当時の一般受けを考慮して付け加えられた部分らしい。ファイナル・カット版はそのシーンが除かれている。
作り物としてのレプリカントの悲哀、人間としてのアイデンティティ。多分残された時間は僅か、今度は追われる側に回った二人。物語の完成度としても、こちらの方が断然いい。トラウマの払拭ありがとう!

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
しずる

4.0この世界観がすでに当たり前の世代なんだなと実感

さん
2019年9月12日
PCから投稿

2019年に初鑑賞。
ブレードランナーの独特の世界観が色んな作品・世界観に影響を与えたのは知っていたのですが、もう全てが色んな作品で見たものばかり!それも、どれもこれもリアルに再現してるなぁ…(こっちが先なんだけど)と、いかに後世へ影響を与えた世界観だったのかと感動しました。

フィリップ・K・ディックの小説が原作ですが、ブレードランナー以後の作品(ドラマ含め)で先に堪能してしまったので、映画のシナリオ自体に驚き自体はなく、少し弱めに感じた。

とは言っても、映像や演出方法はまた見返したくなりさすがだなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
恵

4.5新しい情報が満載

2019年9月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

『ブレードランナー』自体はトータルで、過去劇場で4~5回は観たはずですが、LDやVHSの何十回も記憶が混じって、どのバージョンをいつどの媒体で観たか、既に記憶が怪しいです。

ファイナル・カット自体は、スクリーンで2回目。
IMAX版は初めて。

内容の感想は今更さておき、技術面の話。
こんなに映像がクリアとは驚きでしたわ~

酒に混じる血とか、雨の激闘における服の襞とか、銃のディテールとか。
今まで黒で潰れていた部分が、キッチリ見えました。
決して新しい内容はないのですが、新しく気づいたビジュアル情報が満載でした。

マスターフィルムがちゃんと残っていて、そこからデジタルリマスターするって、素晴らしいですね。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
コージィ日本犬

4.04k.DLP.IMAXで鑑賞‼️

おさむさん
2019年9月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1982.新宿ミラノ座のフィルム上映後は衝撃、感動の嵐でした。
今回、デジタル上映を見て思ったのは。オリジナルの音響、画質は良い環境の中で鑑賞しなければならないと思いました。凄い良かったです!
しかし、ストーリーは最初に上映された形をキープしてほしいです。それがオリジナルなのでは?
特に、この作品は初公開バージョンとファイルカットではまるで違う印象になるから!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おさむ

5.0全てが美しい映画

ミッチさん
2019年9月12日
Androidアプリから投稿

昨年もBDをレンタルして観たが、IMAXで上映するのを知り、居ても立ってもいられなくなり観賞。

驚愕の映像美、これからの時代こそ考えさせられるストーリー、魅力的な登場人物、唯一無二の音楽、監督の思い通りになった編集も、IMAXのスクリーンと音響で全てが美しく至極の時間を味わえる。

スピナーがビル群の隙間を飛び交い、屋上にたどり着くシーンの美しさは、未だにこれ以上のSFシーンに出会ったことがない。

それと、デッカードとレイチェルが部屋で徐々に距離を縮めるシーンも二人交互にフォーカスするカメラ、レイチェルの美貌・・・芸術作品の絵画を観ているようでウットリしてしまう。

バッティの存在感は言うに及ばず、デッカードがレプリカントと思わせる演出もわたしは有りだと思う。

この映画は私にとって数少ない、正に特別な映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミッチ

5.0総合芸術の極みの一つ

SHさん
2019年9月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

でかい画面、音響が整った所で観賞すると、この作品がいかに音と映像が融合した優れた総合芸術かが理解できる。
時代と技術の進歩とともに、徐々に古さを感じてしまうところも出てきてはいるけれど、この創造物は不滅な気がする。
あらゆる原点が詰まった作品で、想像を刺激されること間違いなし。
個人的には冒頭とエンディングでバンゲリスが鳴り響くと鳥肌が立ってしまいます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
SH

4.52019年に劇場でブレードランナーを観ることが出来た幸せ

2019年9月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たなかなかなか

4.0IMAXでの鑑賞です。 2年前の続編公開の前にDVDで見てはいたの...

2019年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

IMAXでの鑑賞です。
2年前の続編公開の前にDVDで見てはいたのですが、劇場の大スクリーンでIMAXだと大迫力ですね。

内容に関しては中学生ぐらいの時にナレーション入りのバージョンを見ても???だったのが、大人になってから見るとなるほど!と思ったり、今回見てもここはそういうことだったのかという新しい発見があったりします。
再度、ナレーション入りのバージョンを見たくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
すーるしゃーる

5.0或いは一つのハッピーエンド

2019年9月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
森のエテコウ

4.5美しい。

2019年9月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

IMAXで鑑賞。
この映画は面白いか面白く無いかではなくもはや芸術の域に達していると感じる。
リドリースコットが描く荒廃した未来は現実味があり、どこか美しい。1カット1カットを切り抜いても全て絵になるこれぞ映画と言えるだろう。
圧倒的なビジュアルとサウンドそして観客に生と死を問いかけてくる哲学的な内容、まさに映画史に残る一本だと感じた。
tears in rain

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Journeyman

4.0雨に濡れる涙のように

2019年9月8日
iPhoneアプリから投稿

2年前の続編の出来の悪さには腰が抜けたけど、オリジナル版のファイルカットがIMAX上映とのことで、抜けた腰をはめ直して行ってきました。
セットやミニチュア、マットペインティングがきれいに修正され、美しく奥行きのあるシーンを大画面で観ることができて至福のひとときでした。今にしてみると、50年代のクラシックなハードボイルド映画のようで、暗黒の未来社会と妙にマッチしているのがこの作品の魅力です。レプリカントの最後のセリフも、美しく儚げで一編の詩のようで、胸にグッときます。まさに、『タフであり、優しい』上質のハードボイルドでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネマディクト
「ブレードランナー ファイナル・カット」の作品トップへ