ラストデイズ

劇場公開日

8%
23%
50%
15%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

孤独なロック・スターの最期の2日間を詩的に描いた作品。ロック・バンド“ニルヴァーナ”のフロントマン、故カート・コバーンをモデルにしている。監督・脚本・編集は「エレファント」のガス・ヴァン・サント。撮影も「エレファント」のハリス・サヴィデス。音楽監修はロック・バンド“ソニック・ユース”のサーストン・ムーア。出演は「サラ、いつわりの祈り」のマイケル・ピット、「ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ」のルーカス・ハース、「サラ、いつわりの祈り」(監督も)「ランド・オブ・ザ・デッド」のアーシア・アルジェント、“ソニック・ユース”のメンバーであるキム・ゴードン、「マグノリア」のリッキー・ジェイ、「ジュリアン」などの監督として知られるハーモニー・コリンほか。

2005年製作/97分/アメリカ
原題:Last Days
配給:エレファント・ピクチャー

ストーリー

人気の絶頂にあるカリスマ・ロック・ミュージシャンのブレイク(マイケル・ピット)は、ひとりリハビリ施設を抜け出して森の中を彷徨っている。やがて廃家のような自分の屋敷にたどり着いたブレイク。ここには彼の取り巻き連中が居候しており、今日はルーク(ルーカス・ハース)、スコット(スコット・グリーン)、アーシア(アーシア・アルジェント)、ニコール(ニコール・ヴィシャス)の4人がいた。屋敷にはセールスマン(タデウス・A・トーマス)やモルモン教の布教活動をしているフライバーグ兄弟(アダム&アンディ・フライバーグ)、近所に住むドノヴァン(ライアン・オライオン)と彼が連れてきた私立探偵(リッキー・ジェイ)、そしてレコード会社の重役(キム・ゴードン)らが訪ねてくる。夜、居候たちが寝静まったあと、ブレイクはひとりで自曲を弾き語りし、ふらふらとクラブに出掛ける。明け方に帰宅したブレイクは、まっすぐ温室に向かい、猟銃で自殺する。屋敷を出た居候たちは、ニュースでブレイクの死を知るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第58回 カンヌ国際映画祭(2005年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ガス・バン・サント
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5淡々としている

ミカさん
2015年3月25日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

カート・コバーンの持つ空気感と、ガスの世界観は似ていると思っていたので、マッチングはしていたと思います。

ただ淡々としすぎていたので、もう少しエンタメ性があった方が、映画として楽しめると思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

3.5安易に見ちゃいけなかった(汗)

2014年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

これほどまでに、自分がこの映画に巻き込まれるとは… うっすらと避けてきたこの映画だったが、迂闊にも観てしまった… カート・コバーンがもういないという現実を、改めて突き付けられたですよ。彼がいないことも忘れて生きている現代と自分の退屈さを突き付けられた感じですよ。この画面で表現されている感覚すべてを感じたいと求めていた自分を思い出すですよ。うーん、いかんよ、この映画は…
ボロボロのジーンズ、ジャックパーセル、ネルシャツ、そしてベルベッツ…
忘れてはいけないよ、カート・コバーンのこと…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る