ラストデイズ

劇場公開日

7%
23%
50%
17%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

孤独なロック・スターの最期の2日間を詩的に描いた作品。ロック・バンド“ニルヴァーナ”のフロントマン、故カート・コバーンをモデルにしている。監督・脚本・編集は「エレファント」のガス・ヴァン・サント。撮影も「エレファント」のハリス・サヴィデス。音楽監修はロック・バンド“ソニック・ユース”のサーストン・ムーア。出演は「サラ、いつわりの祈り」のマイケル・ピット、「ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ」のルーカス・ハース、「サラ、いつわりの祈り」(監督も)「ランド・オブ・ザ・デッド」のアーシア・アルジェント、“ソニック・ユース”のメンバーであるキム・ゴードン、「マグノリア」のリッキー・ジェイ、「ジュリアン」などの監督として知られるハーモニー・コリンほか。

2005年製作/97分/アメリカ
原題:Last Days
配給:エレファント・ピクチャー

ストーリー

人気の絶頂にあるカリスマ・ロック・ミュージシャンのブレイク(マイケル・ピット)は、ひとりリハビリ施設を抜け出して森の中を彷徨っている。やがて廃家のような自分の屋敷にたどり着いたブレイク。ここには彼の取り巻き連中が居候しており、今日はルーク(ルーカス・ハース)、スコット(スコット・グリーン)、アーシア(アーシア・アルジェント)、ニコール(ニコール・ヴィシャス)の4人がいた。屋敷にはセールスマン(タデウス・A・トーマス)やモルモン教の布教活動をしているフライバーグ兄弟(アダム&アンディ・フライバーグ)、近所に住むドノヴァン(ライアン・オライオン)と彼が連れてきた私立探偵(リッキー・ジェイ)、そしてレコード会社の重役(キム・ゴードン)らが訪ねてくる。夜、居候たちが寝静まったあと、ブレイクはひとりで自曲を弾き語りし、ふらふらとクラブに出掛ける。明け方に帰宅したブレイクは、まっすぐ温室に向かい、猟銃で自殺する。屋敷を出た居候たちは、ニュースでブレイクの死を知るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第58回 カンヌ国際映画祭(2005年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ガス・バン・サント
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5ファンじゃないと、正直、つらい。

tochi59さん
2021年12月2日
PCから投稿

カート・コバーンの最後の2日間を描いた映画。
つらいというのは、同じようなシーンが延々と続くというつらさ。
そして、物語としてのつらさ。
どこまで事実なのかは知らないが、
一緒に過ごす取り巻きが違っていたら、こういう
エンディングにならなかったんじゃないかな。

考えてみると、ファンにとっても、
とてもつらい作品なのかもしれませんね。
グッと入り込んでしまうだろうし、
自分が好きなミュージシャンがこんな最後を
迎えていたとしたら………。

ミュージシャンのエンディングをここまで
深く掘り下げた作品は、他にないかもしれません。
ガス・バン・サント監督らしい作品だとも思いました。
「エレファント」のあの重苦しい感じを
思い出すなあw

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tochi59

2.0アナタは神を信じま~すか~?

kossyさん
2021年8月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 人気絶頂のバンド、ニルヴァーナのカート・コバーンが突如自ら命を絶ったことをヒントに作った映画らしい。正直言って、ニルヴァーナはよく知らない・・・観客がいつもより多く若い人が中心だったことからも、よほど人気があったに違いない。と感じたくらいです。よって、以下は何も知らないで観た普通のおっさんの戯言と受け取ってください。

 ミュージシャンの死に様というのはショッキングなものが多い。特にロックやジャズの世界では、ヤク中になってボロボロになり若死にするパターンばかりだ。この映画でも麻薬のリハビリ施設を抜け出したという設定なので、そう珍しい死に様ではないような気がします。そんな有り触れた内容よりも、感電死したとか、殺虫剤で死んだとか、ロシアンルーレットで死んだとかいった伝説的ミュージシャンを扱ったほうが興味深いのに・・・

 この映画の主人公ブレイクは麻薬は断ち切れたようにも思えたのですが、躁鬱状態は深刻でした。彼の心までは推し量れるものではなかったけれど、別荘に住みついた彼の取り巻き達は全くの放置状態であり、「クローゼットに銃がある」とメモまで残す酷さ。孤独感から徘徊を繰り返し、突如ドラムを叩き出したりする症状の彼に対しても普段通りの接し方。「悲痛な叫び」も「普通の叫び」と捉えてしまったのかもしれません。

 しかし、そうした心情に訴える映画であっても、前半の電話帳セールスマンやモルモン教の勧誘などの描写によってゆるいギャグとしか思えない演出があり、メッセージ性も薄れてしまったのではないでしょうか。さすがはガス・ヴァン・サント監督。全てを丸投げ状態です。せめてもう少し音楽映画風にしてくれれば・・・

【2006年7月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.5淡々としている

ミカさん
2015年3月25日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

カート・コバーンの持つ空気感と、ガスの世界観は似ていると思っていたので、マッチングはしていたと思います。

ただ淡々としすぎていたので、もう少しエンタメ性があった方が、映画として楽しめると思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

3.5安易に見ちゃいけなかった(汗)

2014年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

これほどまでに、自分がこの映画に巻き込まれるとは… うっすらと避けてきたこの映画だったが、迂闊にも観てしまった… カート・コバーンがもういないという現実を、改めて突き付けられたですよ。彼がいないことも忘れて生きている現代と自分の退屈さを突き付けられた感じですよ。この画面で表現されている感覚すべてを感じたいと求めていた自分を思い出すですよ。うーん、いかんよ、この映画は…
ボロボロのジーンズ、ジャックパーセル、ネルシャツ、そしてベルベッツ…
忘れてはいけないよ、カート・コバーンのこと…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る