赤いアモーレ

劇場公開日

0%
50%
44%
0%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

外科医の男と貧しい境遇の女性との、不倫の恋愛を描いたラヴ・ストーリー。監督・脚本・主演は「マーサの幸せレシピ」などの俳優として知られ、これが監督第2作となるセルジオ・カステリット。原作は、監督の妻でもあるマルガレート・マッツアンティーニの小説『動かないで』。共演は「トリコロールに燃えて」のペネロペ・クルス、「パッション」のクラウディア・ジェリーニほか。2004年イタリア・アカデミー賞(ドナテロ賞)最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞受賞。

2004年製作/121分/イタリア
原題:Non Ti Muovere
配給:ギャガ

ストーリー

バイク事故を起こした少女が病院に担ぎ込まれた。同じ病院で外科医をする彼女の父ティモーテオ(セルジオ・カステリット)は、娘が瀕死だと聞いて愕然とし、ふと15年前に失った愛の出来事を思い出し始める。ある夏の日、ローマ郊外の貧しい町で、往診の帰りに車の故障に見舞われたティモーテオは、そこに住むイタリア(ペネロペ・クルス)と運命の出会いを果たす。最初は衝動的にイタリアを抱いたティモーテオだが、その後も彼女との密会を重ねるようになった。ティモーテオにはジャーナリストとして活躍する美しい妻エルサ(クラウディア・ジェリーニ)がいたが、イタリアを本気で愛するようになる。そんな時、イタリアの妊娠が発覚。これを機にティモーテオは真実を妻に打ち明けようと決心するが、皮肉にもエルサもまた妊娠していた。事態を察したイタリアは、ティモーテオに黙って中絶の道を選ぶ。やがてエルサが出産。一方、矢も盾もたまらなくなったティモーテオは、故郷に帰るというイタリアの旅に同行。しかしイタリアは中絶手術の不備が原因で、死の病に侵されてしまった。イタリアの命と引き換えたかのように授かった娘。そしてその娘すら失おうとしている今、ティモーテオは病院の窓の外にいる、イタリアによく似た後ろ姿の女性に奇跡を懇願する。すると娘は回復し、一命を取り留めるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0ペネロペ!

kossyさん
2018年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 静かに始まる事故現場から病院のシーン。医者は娘アンジェラの父親なのだ。スタッフはすでに諦め気味。もちろん父親もそうだ。そして、家族のこと、ある女のことを回想する・・・

 車の故障で電話を貸してくれた女イタリア(ペネロペ・クルス)。飲み屋で酔っ払ってしまい、レイプにて関係を結んでしまう。妻といてもつまらない。それからイタリアの元へ火曜ティモーテオだった。

 ストーリーは単なる不倫ものといった感じだけど、命の大切さを扱っているのか、暴力もあるけど全体的に優しさに満ちているような。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0ペネロペの

ぼのさん
2015年10月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

表情がたまらない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぼの
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る