アドルフの画集

劇場公開日

アドルフの画集
22%
56%
22%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

独裁者アドルフ・ヒトラーの無名時代と、彼に関わった画商の交流を描くドラマ。監督・脚本は「マーシャル・ロー」などの脚本で知られるメノ・メイエスで、これが監督デビューとなる。撮影は「マレーナ」のラホス・コルタイ。美術は「ベイビー・オブ・マコン」のベン・ヴァン・オス。出演は「”アイデンティティー“」のジョン・キューザック、「トゥームレイダー」シリーズのノア・テイラー、「ロードキラー」のリーリー・ソビエスキー、「赤い部屋の恋人」のモリー・パーカー、「マーサの幸せレシピ」のウルリク・トムセンほか。

2002年製作/108分/ハンガリー・カナダ・イギリス合作
原題:Max
配給:東芝エンタテインメント

ストーリー

1918年、ドイツのミュンヘン。元軍人の裕福なユダヤ人、マックス・ロスマン(ジョン・キューザック)は、戦場で右腕を失ったが無事帰還。バレリーナの妻ニーナ(モリー・パーカー)と人生を立て直すために、画廊の運営を始める。前衛芸術家の愛人リセロア(リーリー・ソビエスキー)の存在が夫婦の間に影を落としつつも、絵画の売買は順調。そんなある日、画廊のパーティーで、マックスは偶然、画家を目指す復員兵の青年アドルフ・ヒトラー(ノア・テイラー)と出会う。彼はマックスに絵画を見せに来たが、マックスは批評して叱咤激励。一方、貧しいアドルフに対して、陸軍将校マイヤー(ウルリク・トムセン)は、宣伝のための演説をすれば生活の保証をすると誘う。アドルフは街頭で演説をするが、その反ユダヤ的な内容を聞いたマックスは気分を害する。マックスはアドルフに、もっと絵画に打ち込むように諭す。そしてある時、マックスはアドルフが描いたナチスのデザイン案を目にし、心を奪われる。彼は近いうちにアドルフの個展を開くことと、残りのデッサンを見る約束を交わす。だがアドルフは代理で任された演説で観衆を熱狂させ、マックスはアドルフの政治関係者に襲われてしまった。そのため、約束のカフェで待つアドルフのもとに、ついにマックスは現われないのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0画商マックスの劇中劇!ひき肉キューザックの出来上がり!

kossyさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 架空の人物であるマックス・ロスマンを中心に、もしヒットラーがこのまま画家として大成していたらどうなったのだろうと想像させる歴史ドラマだ。劇中でも絵を描きながら演説してアーリア人の純潔を追い求める姿を見ると、あるいは、全く歴史は変わらなかったとも感じさせるほど人を惹きこむカリスマ性もあるのだ。これがノア・テイラーの唸らせるくらいの演技力!恐れ入った。中でも‘Art+Politics=Power’などと紙に書くシーンは狂気に満ちたヒットラーの片鱗を見せるところであり、見ていて震えがくるほどでした。もちろん演説もすごかったですよ。

 ジョン・キューザックの表情も相変わらず良いです。最初のヒットラーの演説を聞いた後に見せる表情なんかは、「こいつに政治活動やらせたら、大変なことになるかもしれない」と考えたのではないかと想像させるほど奥が深いのです。もう一度観るときには確認してみなきゃ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る