キッチン・ストーリー

劇場公開日

21%
50%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

50年代にスウェーデンで実際に行われたという“独身男性の台所での行動パターン調査”をヒントに、調査員と調査対象者となった2人の中年男性の交流をユーモラスに綴ったコメディ。監督は、「卵の番人」のベント・ハーメル。

2002年製作/95分/ノルウェー・スウェーデン合作
原題:Salmer fra kjokkenet
配給:エスピーオー

ストーリー

ノルウェーの田舎で一人暮らしをしている、年老いたイザックの元へ、フォルケという男がやって来た。主婦の台所仕事が世界的に重要視され始めた1950年代初頭。キッチン棚の大きさや調理台の高さなど、台所の国際的な規格が出来上がっていた。そこでは製品開発など多くの面で「行動心理学」が大きな役割を果たしており、1944年にスウェーデンで発足した「家庭研究所」では、「ノルウェーとフィンランドにおける独身男性の台所での行動パターン」についての調査が開始されようとしていた。フォルケはその「家庭研究所」の調査員であり、トレーラーで国境を越えてスウェーデンからノルウェーにやってきたのだった。イザックは「馬」がもらえるという理由からこの調査に応募していたが、彼が手にしたものはスウェーデン特産の赤い「馬の人形」だった。応募したことを後悔したイザックは、フォルケを家に入れることを拒否。しかし、数日後、ようやくあきらめたイザックの家の台所には、彼を見下ろす奇妙な監視台が設置された。調査される側と調査員との間には、「お互い会話してはいけない」「いかなる交流ももってはならない」などのルールが厳しく決められていた。一日中、黙って自分を見下ろすフォルケに気を許せないイザックは、キッチンを使わず寝室でこっそり調理をする。弱った体を心配して、時々友人のグラントがお茶を飲みに尋ねてくる以外は、イザックの家に人が出入りすることは無かった。お互い気まずい観察生活が続いたある日、ついにフォルケとイザックは口をきいた。ゆっくりと確実に深まっていく二人の距離。いつしか、お互いにコミュニケーションをとることが楽しみになっていた。イザックの誕生日。フォルケは自分のトレーラーにイザックを招待し、いっぱいのロウソクを立てたケーキでお祝いする。トレーラーの外には、楽しそうな二人を窓から見て、持ってきたケーキを手に帰ろうとするグラントの姿があった。楽しい日々を過ごす二人だったが、フォルケは調査員としてのルールを破っていた。ついに頭のかたい上司に知られてしまい、フォルケはクビを言い渡されてしまう。そんなフォルケにイザックは、自分と一緒にクリスマスを過ごさないかと提案する。しかし、イザックの提案を受け入れたフォルケの元へ上司マームバーグが現れ、「スウェーデンとの国境までトレーラーを運べ」と命じるのだった

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.01年間に主婦が歩く距離は前はコンゴまでだったのに今はイタリアまで・・・って。

kossyさん
2019年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 しかし、イザックは馬をもらえるからと調査対象となったのかぁ・・・最初に馬の人形が映ってましたけど、かなりずるいです(笑)

 北欧でもノルウェーとスウェーデンじゃ仲が悪いのかなぁ。戦争では傍観してただけのスウェーデンと非難してましたがな。

 被験者と喋っちゃいけないと言われていたのに、徐々に奇妙な友情のようなものを感じ取ったのだろうか。しかし、逆に調査されていたフォルケなんてのは笑えるなぁ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0ルールを破った時、見えなかったものが見えてくる

shimoさん
2016年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

2.5独特のテンポと空気感

keitaさん
2012年2月7日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

ハリウッドには無い独特の空気感がよかった。
熱を出してトレーラーで寝込んでいるフォルケの代わりにイザックが自分で書き込むシーンなど全体を通して監督の優しい眼差しと映画への愛が溢れていて、内容もだがそれ以前にその映画としての質感に心が温かくなる。
独特のテンポによって見終わればいつの間にか穏やかな気持ちに包まれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keita

5.0ゆっくり、ともだち。北欧の癒し系ムービー

2009年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

タイトルの「ゆっくり、ともだち。」は日本版予告編のキャッチコピーなんですが、
映画の魅力がこの一言に集約されてました。いいですコレ。大好きです。

物語はノルウェーとスウェーデンというスカンジナビアの隣国同士のお話。
北欧製作の映画というのはたぶん人生初体験です。

1950年冬。独身男性のキッチンにおける動向の統計調査のために
スウェーデンからノルウェーにカタツムリ型のトレーラーハウスを引いて車でやってくる調査員。
隣国同士、陸続きの国境を越えた先は左側通行から右側通行へと変わります。
島国の日本では絶対にありえないこの場面はとても面白い。

対象の家に着くとトレーラーハウスをキッチンに横付けし、
四六時中プールの監視員のように台の上から被験者の行動を監視、記録します。

定められたルールにより、コミュニケーションなく無言で対峙する2人。
張り詰めた空気。静まり返る室内。外に出ればあたり一面の雪景色…。

そんな中で淡々と繰り広げられるユーモアたっぷりのなごみ系のやりとり

☆ネズミ捕りにそ~っとチーズ…。「コホン」 「…!!!!」
☆部屋の電気をOFF。探検隊のヘッドライトON。
☆2階の穴から逆に覗き見。監視を逃れて寝室でこっそり料理。
☆被験者のいない間に台の上でお弁当。ゆで卵に味気がない。塩借りちゃおう。
 被験者戻る。塩がない。部屋中探す。気まずそうに「ここです(指差し)」  …などなど(笑)。

そして2人のターニングポイント。

☆キセルを口に。も草がない。「よかったらホレ(無言で投げ渡す)」。「お、おぉ悪いな…(無言で吸う)」
 「コーヒーでも飲め(喋りかけた!)」→ゴクリ→「ありがとう(こっちも!)」

ここから心温まる交流を深めていくことに…。
実はそれぞれ私生活で孤独を抱える一人身の中高年男たち。
ともだち。友情。絆。いいです^^。

そしてまたシーンを盛り上げる音楽もいいんですねー。
テーマ曲となるラジオ放送の楽曲をはじめ、効果的に挿入されるゆったりとりた心地いい音楽…
久し振りにサントラが欲しくなるクオリティ高い楽曲の数々でした。

そしてそして

個人的な思い入れですが、雑貨に関わる仕事をしてるので、
ミッドセンチュリーの北欧らしい緑がかった淡い色調のナチュラルな内装や
並べられた家具、食器類、調理道具に至るまで1つ1つに興味津々。
たくさん走ってるメーカーもわからないレトロなデザインの車もイイ。
いちいち色使いが絶妙で、絵の具やクレヨンにない微妙な色合いがツボです。

その中でも違う意味で気になるのが、劇中でいきなり不思議な存在感を示す謎の「赤べコ」。ならぬ赤い馬の置物。
正体はDVD特典のインタビューで知りましたが、「ダーラナホース」というスウェーデンの代表的なお土産物らしいですね。
日本で言うところの「赤ベコ」や「木彫りの熊」、「狸の焼き物」なんかと同じ立ち位置でしょうか。いい味出てます。

交流を深めてからも続く微笑ましい小さなエピソード。

☆風邪を引いて猫革のマフラーを巻いて馬の背中で…。
☆風呂上りに水道管と銀歯のラジオ受信。
☆黒のスーツで2人だけの誕生日会にはケーキとコーヒー、そしてバーボン。
☆ノコギリバイオリン。
☆就寝中に運ばれるトレーラー。見つめる視線。連れ戻す馬の足音。

2人の間に終始流れるなんとも言えないイイ空気。
この空気が合わない人には起伏のない淡々とした展開で退屈と言えば退屈な作品かもしれません。
「かもめ食堂」、「ストレイトストーリー」、「スモーク」、「バグダッドカフェ」…
この中にお気に入りの作品がある人なら、断然おすすめです!

地味な国の地味な男達の地味な癒し系ムービー。
また一つ、お気に入りランクに上位作品が加わりました。

※他サイトより転載(投稿日時:2008/05/07)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
live_at_luxor
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る