クリビアにおまかせ!

劇場公開日

0%
25%
25%
25%
25%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

療養所で暮らす人々と近所の住人たちの日常を描いたミュージカル・コメディ。1960年代にオランダで国民的人気を博したテレビシリーズの映画化。監督・共同脚本はこれが長篇デビューとなるピーター・クラマー。原作はオランダの国民的作家であるアニー・M・G・シュミットほか。出演は舞台やテレビで活躍するルス・ルカ、「アントニア」のパウル・R・コーイ、これが映画初出演のチツケ・ライディンハほか。2003年サンフランシスコ・インターナショナル・レズビアン&ゲイ映画祭観客賞受賞。

2002年製作/102分/オランダ
原題:Ja Zuster Nee Zuster
配給:アルバトロス・フィルム(ポニーキャニオン=フジテレビ=ニューセレクト)

ストーリー

陽気な看護婦のクリビア(ルス・ルカ)は、サクラ草通りでクリビア・ホームという療養所を経営している。そこの住人たちはみんな楽しく暮らしているが、隣に住む意地悪な大家のボーデフォル(パウル・R・コーイ)は、クリビアたちを追い出して、老人向け高級療養所を作る計画を密かに練っていた。そこで彼は、ホームの住人たちによる彼の飼い猫に対する動物虐待を理由に、裁判に持ち込む。だが、裁判中に住人の一人が発明した不思議な薬を飲んでしまい、突然良い人になってしまう。性格が豹変したボーデフォルは、クリビアや住人たちと仲良くなり、平和な日々が続いた。しかしある日、突然薬の効き目が切れて元の木阿弥に。嫌な奴に戻ってしまったボーデフォルは、クリビアに窃盗の濡れ衣を着せる。彼女は有罪判決となり、住人共々追い出されることに。ボーデフォルは大喜びするが、街の住民全員から嫌われてしまい、孤独を味わう。一方、たくさんの人々から別れを惜しまれるクリビアたち。その光景を盗み見て後悔の念にかられたボーデフォルは、クリビアたちと和解。ボーデフォルとクリビアは、2人の名を冠した療養所を共同経営することになり、サクラ草通りは再び明るさを取り戻すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

1.0過剰な道化演出

odeonzaさん
2020年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.0陽気なナース

kossyさん
2020年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 赤十字のマークを違う意図で使うが修正を加えてないという注意書き。それほど酷い使われ方はしていない。診療所の看護婦に一目ボレして泥棒に入った男ヘリット。実験が大好きで“悪人を善人にする”薬を発明したおっさん。大家は普段、呂律の回らない喋り方なのに、歌は一番味があった。裁判と同時進行でストーリーが進む。

 古きMGMミュージカルをそのままオランダ版にしたような映画。懐かしいほど中味がないコメディ・ミュージカルという雰囲気がいい。原色をふんだんに使った美術もよかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全2件)