ベアーズ・キス

劇場公開日

34%
33%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

孤独なサーカスの少女と、人間に姿を変えられる小熊の美しく切ない恋物語がヨーロッパ各地を背景にして描かれる。監督は、「コーカサスの虜」でアカデミー賞にノミネートされたセルゲイ・ボドロフ。「ショー・ミー・ラヴ」の新星レベッカ・リリエベリが少女ローラを好演する。

2002年製作/98分/カナダ
原題:Bear's Kiss
配給:ギャガ

ストーリー

天涯孤独なサーカスのブランコ乗りの少女ローラは、母グマに死なれた小グマと出逢う。ミーシャと名づけられたそのクマは、なんと人間の青年に姿を変えることができる不思議なクマだった。シベリアを起点にヨーロッパを巡るサーカスの道程で、密かに紡ぐローラとミーシャの恋。しかしミーシャはローラを守ろうとして、人を傷つけてしまう……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0熊の演技は見事

kossyさん
2018年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 サーカス団の中の偽の家族。孤独を感じるローラがいい。

 後半、やたらと熊から人間へと変身したミーシャとセックスするローラ。ファンタジー映画としてはあるまじき行為のような気がします。そりゃ、回りの悪い大人たちよりは健全な熊人間ですけど、人間の尊厳にもかかわるわけですから・・・多分、大人向けにしたかっただけなのでしょうけど、ゾッとした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)