愛してる、愛してない…(2002)

劇場公開日

愛してる、愛してない…(2002)
16%
43%
35%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アンジェリク(天使のような)という名前を持つ純粋な女性が、現実と空想の境がなくなり、愛する男性とその家族を傷つけ、苦しませることになってしまう、精神に異常をきたした女の恐怖の行動を描いたサスペンスストーリー。監督は新進気鋭の若手レティシア・コロンバニ。出演は「アメリ」のオドレイ・トトゥ、「トリコロール 赤の愛」のサミュエル・ビアン、「視線のエロス」のイザベル・カレほか。

2002年製作/96分/フランス
原題:A la folie...pas du tout
配給:コムストック

ストーリー

ボルドー。美術学校に通うアンジェリク(オドレイ・トトゥ)は、心臓外科医の素敵な恋人ロイック(サミュエル・ビアン)と幸せな時を過ごしている。ロイックには弁護士で妊娠中の妻ラシェル(イザベル・カレ)がいるが、離婚は時間の問題。アンジェリクはベビーシッターをしていた縁で、ロイックの隣に留守番として住むことになり、デートをすっぽかされても、1本のバラをくれた日のことを思い出し、ロレックを信じている。しかし、妻と寄り添うロイックを見かけてから、ラシェルに自分の存在を暴露するなど様子がおかしくなる。けれど、実は全てはアンジェリクの空想で、本当はロイックはアンジェリクと恋人でも何でもなかったのだ。しかし、空想を信じてしまっているアンジェリクは、憎いラシェルをスクーターで轢き流産させ、ロイックの敵と思える人も殺してしまう。ロレックはアンジェリクがストーカーだとやっと気が付く。逆上したアンジェリクはロレックを階段から突き落とすが、ロレックは助かる。裁判後、精神病院に入ったアンジェリクは、数年経って完治したと判断され退院。何も知らない病室の掃除夫が、壁に描かれたアンジェリクの絵を剥がしている。その絵は薬の点で描かれていた。病院の薬は飲まれていなかったのだ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0男女平等に映画も構成しました

Gustavさん
2020年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

3.0アメリ効果を逆に使う!

調整中さん
2016年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アメリ効果を利用した脚本なんでしょうね。
まさかあのアメリが!?アメリ役をしていたトトゥさんが!?この純粋そうな顔したトトゥさんが!?みたいな。
でもアメリをストーカー、いや変質者だと思っていた私は、制作者側の意図に全く嵌まらず。
あと、世の中で繰り返せば繰り返すほど信憑性がなくなる言葉の第一位って、
やはり「俺はやってない」だと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
調整中

4.0アメリ2

jukokoさん
2015年4月26日
Androidアプリから投稿

アメリとセットで見ると良いと思う。

アメリを見て違和感を感じた人はやっぱそうだよねーって思える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jukoko

2.5思い込みの深い人ってほんと怖い。 これに尽きる。 この作品観たら、...

AZUSA.Mさん
2015年2月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

知的

思い込みの深い人ってほんと怖い。
これに尽きる。
この作品観たら、
アメリ?は?あれってfantasyでしょ?
ってなる。てかなった。
オドレイさんの無垢でピュアな演技がこの作品だと更に恐怖を助長させ、観てる側を焦らせる。なにもするな!だめだ!やっちゃいけない!誰かこの主人公を助けてやってくれ〜と叫びたくなる衝動に駆られてしまった。
なぜだろう。被害者ではなく主人公を助けてやってほしいと思った。これはオドレイさんの可愛さとやっぱり瑞々しい演技のせいだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AZUSA.M
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る