奇跡の歌(1998)

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカペラ・コーラスの代表的ジャンルのひとつで、50年代に黒人のストリート音楽として誕生した“ドゥ・ワップ”。その音色に乗せて、挫折したひとりの男の再生を描く人間ドラマ。

1998年製作/98分/アメリカ
原題:Looking for an Echo
配給:M3エンタテインメント

ストーリー

60年代、美しいアカペラの歌声でアメリカを席巻した伝説のドゥ・ワップ・グループ“ヴィニー&ザ・ドリーマーズ”のリード・ヴォーカル、ヴィンスもいまや50歳。十数年前に妻を亡くした彼は、現在はしがないバーテンダーをしていた。入院している娘の担当看護婦ジョアンと出会ったヴィンスは、たちまち彼女と恋に落ちる。しかもジョアンは、“ヴィニー&ザ・ドリーマーズ”の往年の大ファンだったのだ。なぜ歌わないのかとのジョアンの問いに、ヴィンスの脳裏に苦い過去が甦る。だが、旧友たちと再会した彼は、次第に歌うことへの情熱を取り戻していく……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0口パクでなければ・・・

kossyさん
2019年7月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 50歳の誕生パーティが最高!集まった友人たちが皆でアカペラを歌いだすところ。昔のアメリカ音楽の良さが全てつまっています。今でこそ日本でもアカペラが流行っていますが、偽物っぽいのが多すぎますよね。

 ストーリー展開は予想とは違った感じになりますが、じわじわと熱き想いが伝わってきて勇気を与えてくれました。親父の曲を息子が歌い、息子の曲を親父が歌う!これって最高です。大げさですが、最高の家族愛だと思います。人はそれぞれ思い出の曲を持っているものですが、全ての人に愛する歌を喚起させてくれる映画です。

 最高点をあげたいところではあるけれど、息子2人の演技力が弱いのと口パクがモロバレな点がマイナス・・・惜しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る