山の郵便配達

劇場公開日

17%
47%
25%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自然が豊かな湖南省で創作活動を続けるポン・ヂエンミンの短編小説『那山 那人 那狗(あの山、あの人、あの犬)』を映画化。大自然を背景に父と息子、妻と母の立場を通して家族の在り方を描き、1999年中国金鶏賞最優秀作品賞ほか多数の賞を受賞した。

1999年製作/93分/中国
原題:那山 那人 那狗
配給:キネマ旬報社=エフ プロモーション=東宝東和

ストーリー

1980年代初頭、中国湖南省の山間地帯。郵便配達を長年勤め上げた男は、後継ぎとなる息子に引き継ぐため、初めて一緒に、最後の仕事となる“旅”に出る。重い郵便袋を背に山道を辿り、幾つもの村を尋ねる2人。父は手紙を運ぶ責任の重さと仕事の誇りを静かに息子に伝える。息子は寡黙で留守がちな父に対して心の隔たりを感じていたが、人々の信頼を集める父の姿に接し、徐々に尊敬の念と仕事への責任感を深めていく。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第25回 日本アカデミー賞(2002年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0父子の思いをのせた山岳地帯の美しい映像

2020年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

中国は山岳地帯を歩いて郵便配達をする父と、それを引き継ぐ息子の話し。

距離のあった父子が一緒に山を歩きながら仕事をしているうちに、理解し合っていく話し。最後は息子が一人で郵便配達に出発する。同伴する犬が人の心を読む賢い犬でいい味を出している。山岳の美しい素朴な景色も癒される。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯

4.0そこに人生がある

2018年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

 中国は漢民族と満民族、それに数多くの少数民族で成り立っている国である。山の人々は山で暮らし、あまり平地に降りてこない。そこに自分たちの居場所がないことを知っているからだ。それでも若い人を中心に、少しずつ故郷の山を離れる人々がいる。そして電話もインターネットもない故郷と、下山した人々のいる都会を結ぶのは、昔ながらの手紙である。そしてそれを届けるのが本作品の主人公親子なのである。
 息子は父とともに父の歩んだ郵便配達の道を歩く。どのような道を辿り、どのような町や村でどんな人に郵便を配達し、また預かっているのかを知る。そこには様々な人生があり、郵便配達員との様々な係わり方がある。父がそれらの人々を大切にし、また信頼関係を築き上げて来たことを息子は知ることになる。それはとりもなおさず、父の人生そのものなのだ。ささやかでつつましい世界だが、人に優しくする包容力のある豊かな精神と、寛容な人生観。息子は父の偉大さを知り、自分の父であることを誇らしく思う。
 素晴らしい親子の、とてもあたたかい数日間を描いた秀作である。中国はやはり広大だ。こういう映画を作る才能が多分たくさんいるのだろう。ちなみに犬の演技も非常によかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
耶馬英彦

4.0親子

徹2001さん
2018年5月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

永年勤め上げた郵便配達の仕事を、今日を最後に、息子に引き継ぐ父親の物語。

一度仕事に出ると、数日間、長いときには数ヶ月も家を空け、山奥を回りながら、郵便を配る配達人。仕事一筋、しばしば家を空け、息子との関係も疎遠になりがち。父親の仕事を継ぐことになった息子へと、仕事引き継ぎの最後の配達に出かける。

無口な父親と、父親の仕事のことを何も知らなかった息子。父親の配達先で、父親と地域の人たちとの交流を通し、その苦労と、仕事の価値を感じ取る。そしてとりもなおさず父親の人生そのものであることを知る。

何しろ美しかったのが、湖南省の自然。照葉樹林文化などと言われ、日本との共通することが言われる、中国南部ですが、中国にこんなにも自然の美しいところがあるとは驚かされた。中国北部では歴史上早くから、木々は伐採されつくし、埃まみれの風景が印象がある。けど、南船北馬と言いますが、南部は自然が豊かなのですね。

#有る方のプレビューを拝見していて。原題の「那山 那人 那狗」の「山 人 狗」の中国語の発音が「1声 2声 3声」であることに気づいた。

そうね・・・「あの山、あの人、そしてあの犬」犬の前に、ワンクッション置いて訳したりすると 良い感じかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
徹2001

4.5父、息子、犬の心温まるロードムービー

2017年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

午前十時の映画祭で鑑賞。父にとっては最後の、息子にとっては初めての配達の仕事をしていく中で物語は展開される。旅の中で、二人のわだかまりが溶けていったり、息子が父に対していたわりの情を見せたり、父がこれまでの人生を振り返ったり、静かな映画だったが、どのシーンも優しく温かな気持ちになった。犬(「次男坊」)の存在も愛らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
つなやん
すべての映画レビューを見る(全8件)