追撃者(2000)

劇場公開日

18%
28%
27%
27%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

裏社会の過激な抗争を描くハードボイルド・アクション。71年のイギリス映画「狙撃者」のリメイク。監督は「死にたいほどの夜」のスティーヴン・ケイ。製作は「恋愛小説家」のマーク・カントンほか。脚本は「ボディ・ショット」のデイヴィッド・マッケンナ。原作はテッド・ルイスの小説。撮影は「シンドラーのリスト」のマウロ・フィオレ。音楽は「最終絶叫計画」のタイラー・ベイツ。出演は「コップランド」のシルヴェスター・スタローン、「スリーピー・ホロウ」のミランダ・リチャードソン、「シーズ・オール・ザット」のレイチェル・リー・クック、「バッファロー'66」のミッキー・ローク、「 狙撃者」の主役でもあった「サイダーハウ ス・ルール」のマイケル・ケイン、「フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス」のアラン・カミング、「セレブリティ」のグレッチェン・モルほか。

2000年製作/103分/アメリカ
原題:Get Carter
配給:日本ヘラルド映画(日本ヘラルド映画=ポニーキャニオン=丸紅提供)

ストーリー

ジャック・カーター(シルヴェスター・スタローン)は、ラスベガスの裏社会で、悪党から借金を回収する闇組織の取立屋として君臨する男。ある時、彼はシアトルに住む弟が死んだことを知り、葬儀に出席するためにシアトルへと急行する。何年も音沙汰がなく、久々に姿を見せたジャックに、弟の妻グロリア(ミランダ・リチャードソン)は良い顔をしない。やがて、ジャックは弟とバーを共同経営していた英国人ブランビー(マイケル・ケイン)、弟の浮気相手であったジェラルディン(ローナ・ミトラ)、そして彼女の愛人サイラス(ミッキー・ローク)らの存在を知る。弟は、サイラスの組織の陰謀によって殺害されたようだ。弟の娘ドリーン(レイチェル・リー・クック)が組織の連中にレイプされており、その映像が収められたディスクを明るみに出そうとしたのが原因であった。復讐を誓うカーターは、闇組織の関係者を一人、また一人と追い詰めていき、サイラスとの対決に向かうのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0傑作と言っていい。

zippo228さん
2021年4月3日
iPhoneアプリから投稿

人間味のあるアクション映画としてみた場合、傑作だと言えます。
公開当時のレビューでは「はらはらドキドキしなかった」とか「オチがない」とか、変な感想が多く見かけられました。これはジャンルを勘違いしていたお客が多かったという事であり、スタローンのアクション映画ならド派手な展開なんだろうと思い込まれていた事によります。
しかしこの映画は地味な作風の、人間ドラマを重視した作品であり、むしろスタローンがランボーをやる前の、70年代以前のハードボイルドな作風だと思った方が正しく鑑賞できます。

スタローン自身は筋肉美をいかしたスーパーアクションの主演を続けてきましたが、ロッキーで有名になった当初は、70年代からのアル・パチーノやデ・ニーロの後ろを行くようなスター路線を目指していました。このため自身が50歳を越えた辺りからイメージチェンジをはかり、ヒューマンドラマ路線に戻ろうとしたのが本作となります。

結果として、スタローン自身の人気が下降していた事もあり、本作の地味な作風は世間に認められずヒットしませんでしたが、映画作品として見た場合にはとても良質な作品だと言えます。
90年代中頃からタランティーノによって始まった70年代リバイバルの風潮も、本作の企画には関係していると思われ、1971年の「狙撃者」をリメイクしたものとなっています。
しかしオリジナルと見比べても、本作は独自の現代的なセンスで作られたものとなっており、大まかなストーリー以外には違った質の作品になっています。
当時のスタローンはスターとして人気が落ち、ロッキー・ランボーの続編で復活する前の低迷期にありましたが、本作での監督の演出には、よーく見るとそんなダサい存在になっていたスタローンを茶化したような撮り方をしている事が見受けられます。そんな監督のセンスも本作の主人公の設定と相まってうまく効果が出ています。
この映画は人生の折り返し地点に差し掛かったマフィアの男の話であり、スタローン自身が今まで暴力的な映画を作り続けてきたことの、慚愧の念と重なるところもありました。
この作品によって新たなスタローンの側面が見られたのですが、残念ながら興行的には失敗してしまったため、この路線はこれで終わりとなります。これ以降の熟年となったスタローンはロッキー・ランボーの続編でスターとして復活をはかり、自身が築いてきたスーパーアクション路線に戻る事となります。
これと同時期に制作された「オーシャンズ11」などを見ていると、70年代風のリバイバルスタイルの作品という事でBGMまでリバイバル風にしている事が印象的ですが、本作では2000年代当時最新のクラブジャズを採用しており、これみよがしなリバイバル風の作品作りはしていません。あれから20年以上経った今となっては、本作の方が映画作品としての品格が備わっており、鑑賞に耐えるものになっている事がわかると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
zippo228

4.0結構好きです♪

2021年3月17日
スマートフォンから投稿

悲しい

楽しい

スタローンが取り立て屋なのが新鮮ですね(笑) リリース当時はミッキー・ロークに少しハマっている頃でして、実際にああいうキャラクターがいたら近寄りがたいですが、サングラスが似合ってました♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画は生き甲斐

5.0掘り出しモンの名作

2014年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

知的

シルベスター・スターローンの追撃者は
リメイク版のほうです。

リメイクされる作品と言うのは得てして脚本がいいものです。
そして何故かいつも僕はリメイク版のほうが好きです。

この映画もしゃれた演出でスターローンが最高にカッコよく撮れています。私が見た10本くらいのスターローン作品では最高だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KIDOLOHKEN
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る