裏切り者

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
3%
28%
63%
0%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実際に起こった汚職事件をベースにしつつ、裏社会のファミリーを描く社会派サスペンス。監督・脚本は「リトル・オデッサ」のジェームズ・グレイ。撮影は「小説家を見つけたら」のハリス・サヴィデス。音楽は「エスター・カーン/めざめの時」のハワード・ショア。出演は「ロック・スター」のマーク・ウォルバーグ、「スウィート・ノベンバー」のシャーリーズ・セロン、「クイルズ」のホアキン・フェニックス、「誘拐犯」のジェームズ・カーン、「トーマス・クラウン・アフェアー」のフェイ・ダナウェイ、「レクイエム・フォー・ドリーム」のエレン・バースティン、「コヨーテ・アグリー」のヴィクター・アーゴ、「マイ・スウィート・ガイズ」のスティーヴ・ローレンス、「救命士」のアンドリュー・ダヴォリ、「ディープエンド・オブ・オーシャン」のトニー・ムサンテ、「アミスタッド」のトーマス・ミリアンほか。2001年ナショナル・ボード・オブ・レビュー助演男優賞、同年放送映画批評家協会助演男優賞受賞。

2000年製作/115分/アメリカ
原題:The Yards
配給:アスミック・エース(アスミック・エース エンタテインメント=角川書店 提供)

ストーリー

NY。仲間をかばって服役していたレオ(マーク・ウォルバーグ)が、ついに出所の日を迎えた。家族の元に戻った彼はまっとうな人生を望むが、病弱な母ヴァル(エレン・バースティン)の妹キティ(フェイ・ダナウェイ)の再婚相手フランク(ジェームズ・カーン)経営のエレクトリック・レール社で働く悪友ウィリー(ホアキン・フェニックス)に殺人容疑の濡れ衣を着せられ、逃亡生活を余儀なくされる。フランクが事件の真相を知った時、下手に動けば彼が絡んでいる汚職が明るみに出るという事態になっていた。フランクはレオを始末しようとする。しかしレオは、フランクのライバル会社であるウェルテック社のヘクトル(ロベルト・モンタノ)と話をつけ、フランクの汚職をバラして潰す側に回っていた。聴聞会の日、レオはフランクたちと話をつけ、無実を証明される。一方、動揺していたウィリーは、恋人であるキティの娘のエリカ(シャーリーズ・セロン)と家でもみ合って、彼女を転落死させてしまう。そしてレオは、面倒をみてやるというヘクトルを無視し、彼らの汚職の実態をすべて公にするという裏社会への裏切りを行い、真に更正しようと誓うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第53回 カンヌ国際映画祭(2000年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ジェームズ・グレイ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0あなたには背広を着る勤め人になって欲しかった、でも人は外見じゃないわね。

2016年10月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

吹替えで。
マーク・ウォールバーグが若い、ホアキンフェニックスは既に貫禄あるのに。
スカーレットヨハンソンがさらっと脱ぐ。
実話らしいね。
原題は操車場。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.0惜しい気がします

2014年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

『アンダーカヴァー』がとてもよく出来ていたので、ジェームズ・グレイ監督、さらに観てみました!
ところどころ、才能の片鱗は見られたんですが、やっぱり『アンダーカヴァー』の方が良かった気がしますね。
アクションというか、ジェームズ・グレイ監督独特の緊迫感はこの作品でも見られたんですけど、やはりそれを支える人間関係の描き方が、ちょっと今回は希薄だったような気がしますね。できれば、ホアキン・フェニックスとマーク・ウォルバーグのこれまでの関係性をもっと描くなり、予想させるようなショットがあっても良かったのではないかなぁ、と。
しかしまぁ、やっぱりこの監督は見逃せないという気持ちにはさせてくれましたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る