鷲は舞いおりた

劇場公開日

10%
38%
42%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

チャーチル暗殺に命を賭けたドイツ軍の男達の活躍を描く戦争冒険映画。製作はジャック・ウィナーとデイヴィッド・ニーヴン・ジュニア、監督は「マックQ」のジョン・スタージェス、脚本はトム・マンキーウィッツ、原作はジャック・ヒギンズ(早川書房刊)、撮影はアンソニー・リッチモンド、特殊効果はロイ・ホワイブロー、音楽はラロ・シフリンが各々担当。出演はマイケル・ケイン、ドナルド・サザーランド、ロバート・デュヴァル、ジェニー・アガター、ドナルド・プレザンス、アンソニー・クェイル、ジーン・マーシュなど。

1976年製作/123分/アメリカ・イギリス合作
原題:The Eagle has Landed
配給:東宝東和

ストーリー

1943年9月12日。イタリー山中に監禁されていたムッソリーニ救出にドイツ軍は成功した。ヒムラー(ドナルド・プレザンス)はヒットラーの命令下、次の作戦をラドル大佐(ロバート・デュヴァル)に命じた。チャーチル誘拐作戦だ。ラドルは自分の軍人生命を賭け、作戦を練る。チャーチルがイギリス東海岸のスタドリーで静養する時に作戦を……。ラドルは作戦のリーダーにスタイナー(マイケル・ケイン)、そして工作員にIRAのデブリン(ドナルド・サザーランド)を選んだ。早朝、デブリンの出発と共にこの『イーグル作戦』を決行された。デブリンは先にスタドリーへ着き、そこの女スパイのジョアンナ(ジーン・マーシュ)と共に行動を開始する。そして村の娘モリー(ジェニー・アガター)と愛しあう彼。やがて、デブリンからの電信を受け、ラドルはスタイナーに出撃を命じた。1943年11月6日早暁、スタイナー以下16名のイーグルはイギリスに舞いおりる。ポーランド軍に扮した彼ら。数時間後にチャーチルが来る--。だが、水車に巻き込まれた少女を救った彼らの1人が、逆に巻き込まれて死に、下に着てたドイツ軍服が村人にみつかってしまった。急を聞いてかけつけたアメリカ軍との戦闘で、村は戦場と化し、イーグル達は死んでいった。ただ1人スタイナーはのがれ、チャーチルの到着を待つ。アメリカ軍の包囲網を抜け、やがて現われたチャーチルにむけスタイナーの銃が火を吹いた。倒れ行くチャーチルの影武者。実のチャーチルはテヘラン会談に出席中なのだ。作戦は闇に葬られた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

5.0男の美学です それが詰まっています

あき240さん
2020年12月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

シビレました
ドイツ軍側が主人公なのが珍しいところ

原作はナバロンの要塞の原作のアリステア・マクィーンにも並ぶ冒険小説界のビッグネームであるジャック・ビギンズの同名小説

題名は小説の方は「鷲は舞い降りた」で、降りたが漢字表記、映画の方はひらがな表記です

80年代のトム・クランシーにも匹敵する75年の超ベストセラーです

子供の時に戦車のプラモデルを沢山作った男の子なら、ドイツ軍の格好良さを良く分かっているはず
その格好良さが全編にあります
そんなことを書くと直ぐ、「お前はナチスドイツを礼賛するのか?」と言う人が現れます

馬鹿言っちゃいけない!
ちゃんと本作を観てから言って欲しい
そしてこの世界的なベストセラーの原作を読んでからにしてもらいたいものだ
ナチスドイツへの批判の物語なのだから

但し、原作を読み始めたなら寝ることを忘れてしまい、睡眠不足になるのは必定
悪しからず

ラードル大佐の眼帯の面構え
シュタイナー大佐の指揮ぶり
彼の降下猟兵部隊の部下達
冒頭の親衛隊と部隊が対峙したときの立ち姿の格好良さったらありゃしない!
クライマックスでのシュタイナー大佐渡部隊との別れで、部隊が気をつけの姿勢をとるシーンにシビレなかったら、アナタ本当の戦争映画ファンではないです

超お偉方の思いつきで冗談のようなプロジェクトが始動する
幹部はみんなこの案件から逃げるか、検討するふりだけして、その超お偉方が忘れるのを待つばかり
しかし超お偉方には、その思いつきを実現させて自分の得点を上げようとする取り巻きがいるものです
その連中にとっては、その思いつきで犠牲者が何人出ようと自分には関係ないことなのです

だから、どういう訳か本当にやることになってしまう

はたと気がついたら、自分がその計画立案の担当者になり、具体的な案にまとめる羽目になっている
いや実行部隊に任命されていた
そんな経験のある人もいると思います

超困難で他の誰にも出来ないことだからこそ、話を聞いてしまうと何故だか挑戦したくなっている
なまじやれそうと目算がたってしまうともう、自分自身が逃げるどころか、それにのめり込んでしまう

ほんの僅かだがチャンスがある
こんなことは他の誰にも成し遂げられない
これをやれる能力があるのはこれだけ人がいても自分だけだ
強烈にプライドがくすぐられる甘美な罠です

確実に失敗するだろう事とは自分自身分かっている
それでも、こんなところでくすぶって消えてしまうよりましだ
それでいいのか?

男の美学です
それが詰まっています
どうせ駄目でも男なら誉ある方を選びたいものです
それが本作のテーマです

是非原作をお読みになって下さい
冒険小説の最高傑作のひとつです
ハヤカワNV文庫で簡単に入手できます
そしてそこには本作を観て感じた疑問点への全ての答えがあります
シュタイナー大佐が何故英語をネイティブに話せるのかも分かります
本作が二倍にも三倍にも面白くなると思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0映画的な映画

2018年10月6日
PCから投稿

冒頭からの映像が目に焼きつく。
カメラのセンスが抜群。
奇を衒わなくても、これほど斬新で印象的な出来栄え。
戦争映画なのに感傷的な切り口に感じるのは何故だろう。
感動するわけでもないが、退屈するわけでもない。
でも、観てよかとですちゅう、不思議な感覚で、よく思い出すのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.5中弛みはあるが物語は面白い

Cape Godさん
2017年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

総合70点 ( ストーリー:75点|キャスト:75点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 話としては面白かった。原作が有名な小説らしく、設定も展開も大筋としてはよく出来ていた。いつか原作を読んでみたい。しかしながらイギリスにデブリンが潜入してからの村での描写が長くて中盤で散漫として中弛みした。長めの作品なのでもっと要点を簡潔に絞ったほうが良い。
 登場人物も良かった。特にデブリンは英国に迫害されて活動家となった複雑な過去があり、その活動内容と人物像に魅力があった。演じたドナルド・サザーランドもいい出来で、彼が似たような役を上手く演じた『針の目』を思い出させる。その他にも暗い過去を持ち英国を恨む女、敗色濃厚な中で総統の気まぐれから始まった大仕事に軍人として本気を出す大佐、能力がありながら不遇の日々を送る特殊部隊と、特にドイツ側の登場人物に魅力があった。ただ作戦の成否を描くだけでなく、登場人物の背景にも光を当てている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

3.0ドイツ人にみえない

2017年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

興奮

第二次世界大戦末期、ドイツはイギリスのチャーチル首相の暗殺を目論む。
起用されたのはやり手の空挺部隊で、リーダー(マイケル・ケイン)は生粋の軍人でナチスのやり方には批判的。
首相が訪れる予定の村に落下傘で降下、教会を占拠するが・・・。
テンポがイマイチで乗り切れない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「鷲は舞いおりた」以外にこんな作品をCheck-inしています。