ロジャー・ラビット

劇場公開日:

解説

アニメーションの登場人物の住む町・トゥーンタウンを守るため立ち上がった町の人気キャラクター・ロジャーと人間である探偵エディの活躍を、実写とアニメーションの合成で描いてゆく。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグとキャスリーン・ケネディ、製作はロバート・ワッツとフランク・マーシャル、監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス、アニメーション監督はリチャード・ウィリアムス、ゲーリー・K・ウルフの原作を基にジェフリー・プライスとピーター・シーマンが脚本、撮影はディーン・カンディ、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はボブ・ホスキンス、クリストファー・ロイド、声の出演はチャールズ・フライシャー、キャスリーン・ターナーほか。

1988年製作/104分/アメリカ
原題:Who Framed Roger Rabbit
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

時は1947年のハリウッド。ロサンゼルスの東部のどこかにアニメーションの登場人物の住む町トゥーンタウンがあった。この町の人気者ロジャー(声=チャールズ・フライシャー)はある仕事に失敗し、ぼんやりして仕事に身の入らない状態になってきた。心配した社長のマルーン(アラン・ティルヴァーン)は、探偵のエディ・ヴァリアント(ボブ・ホスキンス)を雇い、ロジャーの妻で官能釣なジェシカ(声=キャスリーン・ターナー/エイミー・アーヴィング)を尾行させる。彼はインク・アンド・ペイント・クラブに行き、ジェシカと彼女の愛人だという噂のマーヴィン・アクメ(スタッビー・ケイ)の2人の信用をおとすような写真を撮る。ところがそのマーヴィンが何者かによって殺されてしまい、ロジャーが第1容疑者にされてしまう。ロジャーはエディに助けを求め、事のなりゆきから彼もロジャーをかくまわざるを得なくなり、エディの恋人ドロレス(ジョアンナ・キャシディ)も彼に力を貸すが、ドゥーム判事(クリストファー・ロイド)の悪意の追求は甘くなかった。トゥーンを殺すためのテレピン油と薬品を混ぜた液体を武器に確実に迫ってきていた。逃げる2人も事件がもっと複雑になっていることに気づき、ついに彼らの陰謀に巻き込まれトゥーンタウンを守るための人質になってしまうのだった…。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第61回 アカデミー賞(1989年)

受賞

編集賞 アーサー・シュミット
視覚効果賞  
音響効果編集賞  

ノミネート

撮影賞 ディーン・カンディ
美術賞  
音響賞  

第46回 ゴールデングローブ賞(1989年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ボブ・ホスキンス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.5アニメ×実写というオリジナリティを活かしたストーリーに感服

2022年7月8日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
といぼ:レビューが長い人

4.5映像技術だけでも楽しめます

2022年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

笑える

楽しい

難しい

ディズニープラスで久々に鑑賞。

実写と2Dアニメーションの融合は1988年とは思えないクオリティとなっており、今見ても技術力の凄さを感じました。また、この作品にはディズニーだけでなく、ワーナーなどの他社キャラクターも沢山登場しており、ミッキーとバックスバニーが共演しているだけでも感動しました。

ストーリーは全体的に大人な内容となっており、推理やサスペンス要素が多くて子供には理解しにくい内容になっているように感じました。しかし、笑えるシーンも多く、エディとロジャーはウサギとおじさんというかなり変わった組み合わせとなっており、彼らのやり取りには飽きることなく笑うことが出来ました。また、ジェシカもセクシーで美しく、彼女のダイナマイトボディーを眺めているだけでも見惚れてしまいました。

内容があまり理解できなくでも、映像技術だけでも楽しめる内容となっているので、少し変わった映画を見てみたいという方にもおすすめな作品となっています。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Ken@

2.5うさぎ

2021年6月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2021年6月19日
映画 #ロジャー・ラビット (1988年米)鑑賞

実写とアニメーションが混在した映画

CGがまだまだの時代の最先端の作品ですね

内容はドタバタコメディ

コメントする (0件)
共感した! 0件)
とし

4.0アニメと実写の合体、それがめちゃくちゃ楽しい仕上がりとなっている。...

2020年12月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

アニメと実写の合体、それがめちゃくちゃ楽しい仕上がりとなっている。お馴染みのキャラクター達が生き生きと暴れまわり、まさにディズニーワールド。後から知ったがロバート・ゼメキス監督作品、面白くないはずがなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る