レプスキー大胆不敵 ジェネシスNO.18

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大女優の宝石を警備する元刑事の活躍を描くサスペンス・アクション。ジェームズ・ハドリー・チェイス原作のシリーズ第3弾。監督は「スーパーガール」のジャノー・シュワーク、製作はセルジオ・ゴッビ、エグゼクティヴ・プロデューサーはニコール・ゴッビ、脚本はアアレック・メディエフとセルジオ・ゴッビ、撮影はジャン・イヴ・ル・ムネール、音楽はクロード・ボランが担当。

1989年製作/フランス
原題:Have a Nice Night
配給:ヒューマックスピクチャーズ

ストーリー

南仏ニースに駐在する保険会社調査員レプスキー(マイケル・ブランドン)は、恋人キャロル(バレリー・ステファン)と大ゲンカ。そこへ、大女優バーバラ(マリサ・ベレンソン)の宝石を警備しろという指令がくる。彼女がカンヌに来る前日、ホテルの彼女の部屋に何者かが侵入、追い詰めたレプスキーの前でバルコニーから飛び降りる。残された謎の言葉、『ジェネシス_18』。翌日、秘書のアナイーデ(ソフィー・ルノワール)と共にバーバラが到着、レプスキーと、友人のオッタビオーニ警部補(ギイ・マルシャン)は、強情な彼女に振り回される。街へ出たバーバラが引ったくりに合ったことから、アナイーデが、『粛清者』と称して過激な活動を行っているテロ・グループのメンバーであることが判明。死んだ侵入者も、彼らの仲間だった。『ジェネシス』は、聖書の中で神に滅ぼされた人々の物語を指していたのだ。レプスキーとバーバラを人質にとって逃走するテロ・グループと、オッタビオーニのデッドヒートの果てに、ついに犯人は逮捕され、バーバラたちは無事救出されて、レプスキーとキャロルの仲も収まるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「レプスキー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「レプスキー大胆不敵 ジェネシスNO.18」以外にこんな作品をCheck-inしています。