レナードの朝

ALLTIME BEST

劇場公開日

36%
55%
8%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

神経科医オリバー・サックスが実体験をつづった著作をもとに、30年にわたる昏睡から目覚めた患者と彼を救おうとする医師の交流を、ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズの共演で描いたヒューマンドラマ。1969年。ニューヨーク、ブロンクスにある慢性神経病患者専門の病院に赴任したセイヤー医師は、話すことも動くこともできない患者たちに反射神経が残っていることに気づき、訓練によって彼らの生気を取り戻すことに成功する。ある日彼は、30年前にこの病院に入院して以来ずっと眠り続けている嗜眠性脳炎の患者レナードに、まだ認可されていないパーキンソン病の新薬を投与する。そしてある朝、レナードはついに目を覚ます。監督は「ビッグ」「プリティ・リーグ」のペニー・マーシャル。

1990年製作/121分/アメリカ
原題:Awakenings
配給:コロムビア・トライスター映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第15回 日本アカデミー賞(1992年)

ノミネート

外国作品賞  

第48回 ゴールデングローブ賞(1991年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ロビン・ウィリアムズ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5Document of a Medical Miracle

2021年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

A flash of a film nominated for three Oscars. It's the 1960's, and Williams plays an under-qualified, or perhaps over-qualified physician hired to oversee patients of catatonia. He takes special interest in De Niro's character, who becomes the first-ever patient 'awakened' from the state of paralysis. It's a touching and sad set piece.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

3.5マイルドなアルジャーノンに花束を

yta07さん
2022年5月15日
iPhoneアプリから投稿

脳炎で麻痺していて動くことも話すこともできない患者に今までとは別の薬を投与することで、症状の劇的な改善が見られた。

しかし、今までの失われた人生の数十年間や、薬の副作用などに苦しんだ後、結局は元の状態に戻ってしまうという実話に基づくストーリー。

「アルジャーノンに花束を」は、劇的な症状の改善が見られ知能指数も通常の人間以上になったが、この映画はそこまではいかない。より現実味のあるストーリー。

前半は少し間伸び気味。

後半は感動する。
一度は劇的な症状の改善が見られたが、薬の副作用により思いどおりに体が動かせず、自分でもそれが分かっているのが辛い。

そんな自分を見せるのが嫌で、気になっていた女性にもう会わないと切り出すが、女性がゆっくりダンスでフォローするシーンは感動する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yta07

4.5快方に向かったと言う事実が大切

さん
2022年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ロビンウィリアムズ扮する医師セイヤーは、脳炎に基づく意思の無い難病に立ち向かっていた。そんな頃、ロバートデニーロ扮する患者レナードに出会った。

実話による展開だが、医師としての根気と動けぬ患者を演じる役者魂を感じた。ロバートデニーロをもってして30年時を失った微動だにしない患者役に起用するとは凄いね。患者を治そうとする医師の信念と、家族の気持ちとの一体化も重要だ。仮にそれが一時しのぎであったとしても快方に向かったと言う事実が大切だ。夢を見られただけ幸せと考えたいね。老年に近づくにつれ、体の弱みやら親の病気とか経験してくると、医師の親切さなどこの映画の切実感が身に染みるね。まさに感動作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

5.0奇跡

2022年4月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

嗜眠性脳炎はこの映画を見て初めて知った病気だった。
1969年、主人公である医者(ロビン・ウィリアムズ)が、患者(ロバート・デ・ニーロ)にパーキンソン病の新薬を投与したところ、症状が奇跡的に改善する。
同じような症状の患者たちにも投与したところ、病室が一変する。
立場で見方が変わりそうな映画だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全61件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る