リオの男

劇場公開日

リオの男
19%
56%
25%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「大盗賊」のジャン=ポール・ベルモンドとフィリップ・ド・ブロカ監督が再タッグを組んだ傑作アクションコメディ。フランス空軍パイロットのアドリアンは1週間の休暇をもらい、恋人アニエスに会うためパリへやって来る。しかし博物館に展示されていたアマゾン古代文明の土像の盗難事件に伴い、土像の発見者の娘であるアニエスが誘拐されてしまう。犯人がアニエスをブラジル行きの飛行機に乗せようとしているのを発見したアドリアンは、とっさにその飛行機に乗り込む。盗まれた土像は全部で3体あり、すべてそろえれば財宝の隠し場所がわかると言い伝えられていた。アドリアンは土像の秘密を暴いてアニエスを無事救出するべく奔走するが……。ヒロインのアニエス役に「ロシュフォールの恋人たち」のフランソワーズ・ドルレアック。1963年製作で、日本では64年に初公開。2021年、ベルモンド主演作をHDリマスター版で上映する「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2」(21年5月14日~、東京・新宿武蔵野館ほか)で公開。

1963年製作/116分/G/フランス・イタリア合作
原題:L'homme de Rio
配給:エデン
日本初公開:1964年10月25日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

a film by Philippe de Broca (C) 1964 TF1 Droits Audiovisuels All rights reserved.

映画レビュー

3.0楽しいコメディ

りあのさん
2022年2月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

フランス軍の兵士アドリアンは1週間の休暇をもらい、恋人アニエスに会うためパリへ戻って来た。しかし博物館に展示されていたアマゾン古代文明の土像が強盗に遭い、土像の発見者の娘であるアニエスが誘拐されてしまった。犯人がアニエスを空港に連れて行き、飛行機に乗せようとしているの見つけたアドリアンは、同じ飛行機に潜り込んだ。盗まれた土像は全部で3体あり、すべてそろえれば財宝の隠し場所がわかると言われていた。アドリアンは土像の秘密を解き、アニエスを救出しようとする話。
コメディを楽しめた。
これもベンモンドのアクションが見所なんだろう。
最近ではあまり見なくなった747以外の4発エンジンの旅客機が飛んでたんだと懐かしく思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りあの

5.0ルパンⅢ世、インディアナジョーンズだけじゃなかった!

300さん
2021年12月18日
iPhoneアプリから投稿

あんまりにも上映館が無いのでBlu-rayを購入。
ルパンとフジコちゃん吹き替えコンビで動きも演出も元ネタだなぁと楽しく観てたところ、
あれ?これは『未来少年コナン』?
宮崎アニメでも使われてる⁉️と気付きました。
当時の映画エンタメにはとんでもない映画だったんでしょうね。
今では人種差別的な描写があって、眉を顰める程では無かったにせよ、今の電波には乗せられないでしょう。
作品としては楽しく笑えるエンタメの真骨頂です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
300

4.0とにかく走る! 泳ぐ! 殴り合う! ベルモンドの魅力炸裂の超お気楽極楽アクションムービー

じゃいさん
2021年6月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

なんか観終わったあと、妙な全能感に満ち溢れて、ついついバカなことやっちゃいそうな(笑)。
自転車でヤンキー烈風隊追っかけたりとか。あと、無賃乗車とか。

なんでもうまくいきそうな、なんでもやれちゃいそうな、
そんなウルトラハッピーな気分にさせてくれる、
底抜けに陽気でまぬけな一大娯楽作!!
しょうじき、ジャン・ポール・ベルモンドがこんなに魅力的な俳優だとは認識していませんでした。
本当にごめんなさい。

『ボルサリーノ』のアラン・ドロンとの殴り合いとか見てると、むしろ鈍重で木偶の坊ぽい印象だったし、ヤクザの親分になっても白痴顔でまるで風格ないなあ、とか思ってたけど、頭の弱いすっとぼけた新兵さんやらせたら、こんなにドンピシャではまるのね。それに、実はサニー千葉並みにものすごく動ける役者なんだな!

徹頭徹尾、走り、泳ぎ、よじ登る。
本作でベルモンドは、ひたすら動き続ける。
向こう見ずに、動き続けた結果として、常に運は開け、なんとなく物事はうまくいく。

思い出してほしい。この映画でベルモンドは「一銭も使っていない」。
一銭も使わずに(バイクをかっぱらって)空港に行き、
一銭も使わずに(車いすの老人の旅券で)リオまで飛び、
一銭も使わずに(靴磨きの少年の善意で)食ったり飲んだり寝たりしている。
飛行機もかっぱらってるし、フランス人から服もただでもらってるし、乱闘のある飲み屋でも払ってる気配がないし、教授と邂逅してからはタキシード代やパーティの参加費はどうやら出してもらっているようだ。
これが「意図的な」演出であるのは、わざわざ靴磨きの少年に一文無しだと告げたあと、オッサンからせしめたお金を全額少年に渡す描写を入れていることから見て間違いない。
彼は、映画のあいだじゅう、主人公特権を行使して、自分でお金を払うつもりがまるでない!
だから、人にお金を渡してしまえるのだ。(もちろんラストの財宝にも1ミクロンも興味がない)
完全寄生生活で、リオ7日間の旅。元祖電波少年。
なんて、うらやましいんだ!

ベルモンドは、まずは手近な交通手段をかっぱらって、敵を追いかける。
で、それが使えなくなったら、適当に乗り換える。
それでも壊れたら、最後は、走る。もしくは、泳ぐ。
このロジックは、映画のあいだじゅう終始一貫している。
ふつうに考えて、車が発進してから、走って追いかけてもあっという間に振り切られておしまいだ。
でも、ベルモンドは、ただ走り続ける。リオの街を、どこまでも。
走って、走って、走り続けるうちに、……いつも、なぜか敵のほうから探しに来る!!
これは、本当に斬新なアクション・システムだぜ……。

とにかく、がむしゃらにやってれば、運は開けるってことだね。

しょうじき、出だしはまあまあノリの古臭い、「昔の映画だ」というエクスキューズ込みで愉しむ映画だと思って、だらっと観ていた。
石井照男とか鷹森立一とかが撮ってた昔の東映アクションみたいな。
でも、飛行機がリオに着いてからは、なんだか空気が変わった。
海岸に建つ少年の家が、夕景に浮かぶシルエットの美しさに、りつ然とした。
そこからは、もう夢中だった。

どのシーンのベルモンドも好きだし、どのシーンのアクションも味わい深いが、
ひとつあげるなら、酒場での乱闘シーンはとにかく最高だ。
正調西部劇やマカロニウエスタンでも良く見るたぐいの殴り合いだが、
ふだん観るそれの「濃縮5倍」くらいの乱痴気ぶりで、脳の中枢にくらくらくる。
ここでは、「上半身裸の現地人は圧倒的にボディが強い」という逆差別的な超人性が強調されているが、まさにこれはスピルバーグが「インディ・ジョーンズ」で継承して見せた要素のひとつだ。

フランソワーズ・ドルレアックの美しさとぶっとんだ能天気さも、映画のおバカに花を添える。
僕はこの人をポランスキーの『袋小路』で記憶していたので、ギャップに結構驚いた。
『ロシュフォールの恋人たち』を観たときに、カトリーヌ・ドヌーヴの実姉とか、デ・ハビランドとフォンテーンみたいでめんどくさそう、とか思ったのを覚えているが、パンフを見たらこの人、その翌年には車のスリップ事故でなくなってるんだなあ、マジで可哀想に。

やっぱり、適当になんでも乗れちゃうベルモンドのようには、
世の中うまくいかないってことですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じゃい

5.0アニエス!

みけさん
2021年6月7日
Androidアプリから投稿

ただただ魅力的なアニエス!

走る!泳ぐ!身体を張ったジャン・ポール・ベルモンド!
もう不必要に動いてる!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みけ
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る