リーサル・ウェポン

劇場公開日

11%
50%
36%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

家庭思いの黒人刑事と自殺志望の刑事が、麻薬組織を潰滅させるまでの警察アクション。製作はリチャード・ドナーとジョール・シルヴァー。監督は「レディホーク」のリチャード・ドナー。脚本はシェーン・ブラック、撮影はスティーブン・ゴールドブラット、音楽はマイケル・ケイメン、エリック・クラプトンが担当。出演はメル・ギブソン、ダニー・グローヴァーほか。ドルビー・ステレオ。

1987年製作/アメリカ
原題:Lethal Weapon
配給:ワーナー映画

ストーリー

LA。高層アパートから娼婦(ジャッキー・スワンソン)が飛び降り自殺をする。50歳の誕生日を妻トリッシュ(ダーレン・ラヴ)、娘リアン(トレーシー・ウルフ)らに祝福されて家を出た黒人刑事ロジャー・マートフ(ダニー・グローヴァー)が捜査に当たる。被害者アマンダが戦友の銀行家マイケル(トム・アトキンス)の娘と知り暗然とした気持ちになるロジャー。署につき、新しい相棒が、自殺志望で麻薬課から移ってきたマーティン・リッグス(メル・ギブソン)と知り、ますます沈む。マーティンは妻を交通事故で亡くし、毎朝目覚めると拳銃を顔に向けるのだった。屋上から自殺志望者とともに下の緩衝マットに飛び降りて、またロジャーを嘆かせた。アマンダのパトロン宅を訪ねて、銃撃戦を展開。夜、ロジャーはマーティンを家へ招き、2人は胸襟を開きあう。ロジャーはマイケルを問い詰め、ヴェトナム戦争当時の特殊部隊の一部がその後、将軍(ミッチェル・ライアン)指揮のもとに大掛りなヘロイン密輸を行ない、マイケルの銀行を隠れ蓑にしていたことを聞き出すが、将軍の手下のジョシュア(ゲイリー・ビジー)がヘリで襲来してマイケルを射殺してしまう。その後、マーティンはジョシュアに生命を狙われ、危うく助かるが、敵を欺くため殉死と発表する。リアンがさらわれ、ロジャーは砂漠に呼び出される。マーティンが隠れて狙撃するが、つかまってしまい、マイケルからどれだけ聞いたかと拷問される。しかし、死力を振りしぼり、反撃に転じた。ロジャーは将軍の車に銃弾をぶちこみ、車はバスに激突し、中にあった手榴弾が爆発し将軍は焼死する。車で逃げ出したジョシュアをマーティンが疾走して追いかけるが、逃げられてしまう。彼はロジャー宅に急ぐが、誰もいなかった。マーティンが来て2人は素手で殴り合い決着をつけることにした。死闘の末、ジョシュアは破れた。しかし、抱き起こした警官の銃を抜き取りマーティンとロジャーを狙う。その一瞬前にマーティンとロジャーはともに銃を抜きジョシュアを射殺する。自殺願望がなくなったマーティンはロジャー宅でクリスマスを過ごす。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第60回 アカデミー賞(1988年)

ノミネート

音響賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.5Fun and Morally Incompetent Action Classic

2020年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

In my entire life, not one person has ever recommended Lethal Weapon. I always assumed it was some dated, unfunny, cornball 80's action meant for Saturday-afternoon TV. To my surprise, it's a decent action flick, with bloody gun fights, really bad bad guys, and problematic, macho antiheroes. Not as smart as Eastwood, but definitely more of a crack-the-whip adventure. A pre-Die Hard Christmas film.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

3.5男臭い魅力が満載

2021年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

あると思ってたら観たことなかった。
男臭い魅力が満載。単純だしこの手の映画が好きなら楽しめると思う。

展開はとにかくベタ。ハードな事件を解決する、それだけ。
ならではのところもあって、ロジャー家のアットホームムービー的なところ。そこをたっぷり見せてるので、ただハードなだけではなくあったかみのある印象になっている。家に招待する感じとか、ほのぼのしてていい。
あと、最後は、ぷぷぷっ、と吹き出してしまうような決闘で締めくくる。あんなこと、ある?いや、ない。でもこんな映画だから許されてしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

5.0マッドな刑事と完成後に省かれた夜雨のロサンゼルス

2021年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

クリスマス近辺の夜に起きた女性の投身自殺から浮かび上がる、ベトナム帰還軍人の麻薬犯罪組織に立ち向かう二人の凸凹コンビ刑事の活躍。

公開時に見てから全ての続編も観ているが、Netflixで配信されたので、一作目は20年振りに再見して思ったこと。

この映画の脚本で当時一躍注目を浴びて第一線に踊り出たシェーン・ブラックは、長いブランク(スランプ?)近年の『アイアンマン3』や『ナイスガイズ!』などで復活しているが、ケレン味の程良い塩梅の本作がとても良い。

本作で微笑ましいのは、白人のリッグス刑事と黒人のマータフ刑事が、全く人種間の壁がなく知り合い、相棒となる過程を自然に見せてくれるニュートラル感だと思う。当時も隠されていたのかもだが、今の分断されて人種嫌悪が更に炙り出されたアメリカを憂う。
個人的には、マータフの娘リアンナ(とても可愛い)がヒロインなのもいい。

ネタバレあり

映画のクライマックスは、監禁された敵のアジトから踊り出たリッグスとマータフの爽快なガンアクションが見所だが、この時のロサンゼルス大通りが、濡れた路面になっており、ネオンやクルマのライトで照り返された路面の光の美しさにハッとする。
周囲のクルマも多数の水滴を纏っており直前まで、実際に夜雨が有ったと推察される。

その観点から各場面を見直すと、冒頭にある朝のマータフ家の場面や夜のシーンのほとんどは、路面が濡れているか濡れた跡があり、雨の極端に少ないハリウッド、ロサンゼルスに、撮影の時期に雨が降っていて、それを生かした画面作りをしていると思う。
ちなみ映画内で明らかに雨が降っているのは、リッグスがショットガンで狙撃されるナイトシーンと奥さんの墓参りをする昼の場面のみ。

ちなみに、「リーサル・ウエポン4』のDVDにある特典映像に、本作の公開版からカットされた場面が収録されており、なんと夜雨の場面が2箇所もあった。
どちらも最愛の奥さんを事故で失ったリッグス刑事の心情に寄り添うカタチでの雨(悲しみ表現)であり、公開版にあればもっともリッグス刑事のマッドな行動に説得力が出たと思う。

本作といえば、銃器マニアには忘れられない拳銃でもあるベレッタM92Fが、リッグス刑事の愛銃としてクローズアップされて、その後のガンアクションでも15連多装弾数を生かしたアクションの礎を作った映画として記憶されている。(ベレッタ乱射は『男たちの挽歌』の方が早いが、個体のコマーシャル性はこちらの方が高い)

そういえば、エディ・マーフィーの『ビバリーヒルズ・コップ』のラストのガンアクションも素晴らしくて本作が参考にしているかも。

ちなみにこれもカットされた場面だが、マータフ刑事と出会う前の場面で、リッグス刑事は学校校庭をライフル狙撃する基地外と対決する場面があり、その優れた射撃能力を見せるシーンがあるが、重複するのかカットされている。

ベトナム後遺症や自殺志願などのテーマ扱いながら、ベテラン職人のリチャード・ドナー監督の明るい資質により本来なら重くなる物語をユーモアと軽快に演出しており、クリスマスムービーとしても爽やかに鑑賞できる。

最近の刑事アクションでは、省かれている場面で、容疑者を射殺した後の検証などがきちんと描かれているのもあり改めて見直すと面白いので、80年代刑事アクションの傑作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミラーズ

5.0面白いバディ・ムービー

2020年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

恋人を失い自殺願望の強いリッグス(メル・ギブソン)と、真面目一方で年金を楽しみにしているマータフがコンビを組むことに。
二人のキャラがとても面白く、掛け合いが漫才のよう。
次からはもう一人が加わるので最強。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「リーサル・ウェポン」シリーズ関連作品