リーサル・ウェポン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
リーサル・ウェポン
リーサル・ウェポン
10%
49%
38%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

家庭思いの黒人刑事と自殺志望の刑事が、麻薬組織を潰滅させるまでの警察アクション。製作はリチャード・ドナーとジョール・シルヴァー。監督は「レディホーク」のリチャード・ドナー。脚本はシェーン・ブラック、撮影はスティーブン・ゴールドブラット、音楽はマイケル・ケイメン、エリック・クラプトンが担当。出演はメル・ギブソン、ダニー・グローヴァーほか。ドルビー・ステレオ。

1987年製作/アメリカ
原題:Lethal Weapon
配給:ワーナー映画

ストーリー

LA。高層アパートから娼婦(ジャッキー・スワンソン)が飛び降り自殺をする。50歳の誕生日を妻トリッシュ(ダーレン・ラヴ)、娘リアン(トレーシー・ウルフ)らに祝福されて家を出た黒人刑事ロジャー・マートフ(ダニー・グローヴァー)が捜査に当たる。被害者アマンダが戦友の銀行家マイケル(トム・アトキンス)の娘と知り暗然とした気持ちになるロジャー。署につき、新しい相棒が、自殺志望で麻薬課から移ってきたマーティン・リッグス(メル・ギブソン)と知り、ますます沈む。マーティンは妻を交通事故で亡くし、毎朝目覚めると拳銃を顔に向けるのだった。屋上から自殺志望者とともに下の緩衝マットに飛び降りて、またロジャーを嘆かせた。アマンダのパトロン宅を訪ねて、銃撃戦を展開。夜、ロジャーはマーティンを家へ招き、2人は胸襟を開きあう。ロジャーはマイケルを問い詰め、ヴェトナム戦争当時の特殊部隊の一部がその後、将軍(ミッチェル・ライアン)指揮のもとに大掛りなヘロイン密輸を行ない、マイケルの銀行を隠れ蓑にしていたことを聞き出すが、将軍の手下のジョシュア(ゲイリー・ビジー)がヘリで襲来してマイケルを射殺してしまう。その後、マーティンはジョシュアに生命を狙われ、危うく助かるが、敵を欺くため殉死と発表する。リアンがさらわれ、ロジャーは砂漠に呼び出される。マーティンが隠れて狙撃するが、つかまってしまい、マイケルからどれだけ聞いたかと拷問される。しかし、死力を振りしぼり、反撃に転じた。ロジャーは将軍の車に銃弾をぶちこみ、車はバスに激突し、中にあった手榴弾が爆発し将軍は焼死する。車で逃げ出したジョシュアをマーティンが疾走して追いかけるが、逃げられてしまう。彼はロジャー宅に急ぐが、誰もいなかった。マーティンが来て2人は素手で殴り合い決着をつけることにした。死闘の末、ジョシュアは破れた。しかし、抱き起こした警官の銃を抜き取りマーティンとロジャーを狙う。その一瞬前にマーティンとロジャーはともに銃を抜きジョシュアを射殺する。自殺願望がなくなったマーティンはロジャー宅でクリスマスを過ごす。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第60回 アカデミー賞(1988年)

ノミネート

音響賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.5メル・ギブソンがカッコイイ

WALLEさん
2020年4月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

アクションにやたら手間・金をかけていて見どころになっている。最後のファイティングは謎

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
WALLE

3.0コンビ刑事物の最高シリーズ。

トラ吉さん
2019年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

シリーズの中では一作目だけに真面目に丁寧に描かれていて、映画としての評価は一番なのかもしれない。だが後半の方が雑な作りではあるが、ポジティブ要素が強くなっているのとローナやレオ等も含めファミリー的な感じの方が個人的に好きだ。
メル・ギブソン好きとしては幸せになっていくのを微笑ましく観てしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トラ吉

2.5平凡な作品。。

かつさん
2019年4月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

 うーん、ちょっと平凡な作品だったかな。。アクション映画としても、サスペンス映画としても、中途半端だった印象・・マーティンとロジャーの掛け合いは、楽しかった。特にロジャーは、○。皮肉っぽいセリフ回しや表情が良かった。
 冒頭から女性の裸が出てくる作品にもかかわらず、年齢制限がないのが、時代を感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かつ

3.0メルギブに萌える

GreenTさん
2018年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この頃のメルギブはカッコいい。死んだ奥さんの写真を抱きしめて泣くシーンは悶絶する。最愛の女性を失くした悲しみの表現でメルギブの右に出るものはいないだろう。しかしプロットはツッコミどころ満載な映画だなと今回思った。メルギブ演じるリッグスが「リーサル・ウェポン」である所以は、マーシャルアーツに精通しているからというくだりがあるのだが、最後、悪役のジョシュア(ゲイリー・ビジー)と一騎打ちするシーンでは全くマーシャルアーツの影響を感じられなかった。また、リッグス刑事とジョシュアの一騎打ちを、マータフ警部補をはじめとしてLAPDの警官たちが取り囲んでヤンヤヤンヤの大喝采でやらせているところが時代を感じた。これがOKな時代もあったのだ(笑)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
GreenT
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「リーサル・ウェポン」シリーズ関連作品