ラ・ブーム

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラ・ブーム
23%
19%
31%
19%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

13歳の少女が青春の入口を通り抜け、人生の喜びと悲しみにふれるさまを描く。フランスでは四五〇万人の観客を動員するヒットを記録した。製作はアラン・ポワレ、監督は“La Gifle”(74)のクロード・ピノトー。彼と女流のダニエル・トンプソンが脚本を執筆し、トンプソンが台詞を書いている。撮影はエドモン・セシャン、音楽はウラジミール・コスマが各々担当。主題歌「愛のファンタジー」をリチャード・サンダーソンが歌っている。出演は七〇〇人の応募者のなかから選ばれたソフィー・マルソーを始め、クロード・ブラッスール、ブリジット・フォッセー、ドニーズ・グレー、シーラ・オコナー、アレクサンドラ・ゴナン、アレクサンドル・スターラン、ベルナール・ジロドーなど。

1980年製作/フランス
原題:La Boum
配給:松竹=富士映画

ストーリー

10月のパリ。新学期にわくリセで、13歳の少女ビック(ソフィー・マルソー)はペネロプ(シーラ・オコナー)と仲良くなった。ビックの父フランソワ(クロード・ブラッスール)は歯科医、母フランソワーズ(ブリジット・フォッセー)は漫画家で、一人娘のビックとは率直な関係でありたいと願っていた。母方のひいおばあちゃんプペット(ドニーズ・グレー)は現役のハープ奏者で、その豊富な男性経験からビックに恋愛戦術を伝授してくれる。ブームで知り合ったマチュー(アレクサンドル・スターラン)に恋心を抱くビック。一方、別れたつもりの愛人に迫られて一夜をすごしたフランソワは、足を骨折したと嘘をつく。夫を信じて本気で案じてくれる妻の真心に、うたれて真相を告白するフランソワ。結局、フランソワは別居することになった。ホテルマン志望のマチューが、実習のためグランド・ホテルに行く。彼を追ってビックもグランド・ホテルに。だが、二人のランデブーはみじめな結果に終った。フランソワーズは娘のことで会ったドイツ語教師エリック(ベルナール・ジロドー)と付きあうようになる。フランソワが勘違いから、フランソワーズに嫌味を言ったことがきっかけで、フランソワーズとエリックは結ばれる。プペットに「今を逃したら最後よ」と言われて、フランソワは妻をベニス旅行へ誘う。しかし、彼女はエリックとアフリカ旅行に行くという。だが、フランソワーズは搭乗口で思い直し、昔ビックを身ごもったと告白したレストランに行く。すると彼が一人さびしく食事をしていた。ビックはブームでマチューと再会し、抱き合い踊る。そこヘ、初対面の少年が入って来て、ビックと目が合った。新しい曲が始まると、二人は踊り出す。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0真の“千年に一人の美少女”はここに!

近大さん
2017年8月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

幸せ

萌える

13歳の女の子の恋への憧れや青春を描き、本国フランスや日本でも大ヒットを記録した、1980年のソフィー・マルソーのデビュー作。

フランスの文化や価値観も垣間見れるが、話は至って普遍的。
経験や成長、出会いを通じて、恋する喜びや人生を知る。
女の子の甘酸っぱい青春ストーリー。
タイトルの“ラ・ブーム”とはダンス・パーティーの事。
誰と行くか、誰々に誘われるのを待つドキドキ、何を着ていくか…アメリカ文化で言う所のプロム。
日本では馴染み無いが、強いて言えば、運動会や文化祭のダンス・プログラムでのドキドキみたいなものか。

ヒロインの青春劇と並行して、家族の諸問題も。
そんな中、時折助言をしてくれる人生熟練者、ひいおばあちゃん最強説。

正直話としては少々退屈な部分もあったが、ソフィー・マルソーを見る為だけでも本作を見る価値はある。
何度も何度も何度も言い回されてきただろうが、ここは同じ言葉を重ねたい。
ソフィー・マルソーが可愛いッ!!
“美少女”“千年に一人の…”という言葉は本作のソフィー・マルソーの為にあるのではなかろうか。
見出だした監督やキャスティング・ディレクターは歓喜しただろうね。
劇中の他の女の子と比べると、ちょいと大人びた雰囲気も堪らん。
さて、ソフィー・マルソーが出るとどうしてもセクシーやエロに期待してしまう。
本作では皆無。だってこの時はまだ女の子だもん。
セクシーやエロは彼女が大人になってから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.0可愛かった

Alexaさん
2016年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

こういう子供の恋愛みたいな映画って結構好きで、純粋なところがいいなって思う。

ちょっと危なっかしいけれど、観ていて可愛らしかった。そしてあのおばあちゃん凄い。ああいうおばあちゃんが欲しいなって思った笑

2もあるけど、観るほどじゃないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Alexa

2.0青いりんご

2016年5月17日
Androidアプリから投稿

楽しい

思春期の甘酸っぱい恋愛模様を描いた本作だが、日本とフランスでは文化や暮らしぶりが違うのでピンと来なかった。
娘のことを心配する両親の姿は万国共通なんだけどね。
YouTubeで久しぶりにリチャード・サンダーソンの歌う「愛のファンタジー」を聞いてみたけど、いかにも甘ったるい恋愛映画の主題歌って感じだった。

主人公のヴィット役で一躍スターの座を獲得したソフィー・マルソーは、日本ではフランスの薬師丸ひろ子だと騒がれていた。
確かに薬師丸ひろ子のように息の長い女優さんになったけど、こちらは後にボンドガールにも抜擢されたのだから大したものである。
彼女の母親を演じたブリジット・フォッセーは、不朽の名作『禁じられた遊び』では無垢な少女だったのに、結構いい感じの熟女になっていたので驚いた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。

1.0親の目線でしか観られない

2015年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

幸せ

 ソフィー・マルソーのデビュー作。
 思春期の女の子が、愛と自由を得て人生の喜びを知る物語。
 幼い恋は見ていて危なっかしいと感じるだけなのは、自分がすでに娘を心配する親の立場でしか、この作品に触れることができないからだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ラ・ブーム」シリーズ関連作品