ラジュー出世する

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本では43年振りのロードショー公開となるインド娯楽映画。ダージリンの大学で建築を学び、一旗揚げるため大都市ボンベイにやってきた青年が奮闘する物語。笑いあり涙あり、歌も踊りもありの娯楽大作。インドでは指定席入替制のため、公開と同時に一ヶ月先まで入場券が売り切れたと言われる。監督は『ボンベイのサリム』(特別上映)が紹介された、高名な科学者の息子として生まれたアズィーズ・ミルザー。製作はボンベイ映画界きっての大物プロデューサーと言われるG・B・シッピー。脚本はマノージュ・ラールワーニー。撮影はピノード・プラダーン。音楽はジャティン=ラリット。美術はゴータム・セン。編集はジャヴド・セイド。出演は主人公ラジューにテレビ界出身でインド映画ナンバー1人気のシャー・ルク・カーン、ヒロインのレヌ役には清純派にしてグラマーなジュヒー・チャーウラー。他に演技派として知られるナーナー・パーテーカルが出演している。

1992年製作/159分/インド
原題:Raju Ban Gaya Gentleman
配給:エスパース・サロウ=シネマサラ配給 (新日本映画社提供)

ストーリー

ダージリンの大学で建築を学んだ青年ラジュー(シャー・ルク・カーン)は一旗揚げるために大都会ボンベイにやって来て、口上を生業とする世俗離れしたジャイ(ナーナー・パーテーカル)のもとに居候する。頭からラジューに水をかけてしまったOLのレヌ(ジュヒー・チャーウラー)は、やがてラジューと恋に落ちる。レヌの紹介で彼女の勤めるゼネコンに就職したラジューは、あっという間に昇進していく。ラジューの出世を嫉妬したライバルたちによる罠がラジューを待ち受ける。彼が現場責任者となった現場で人身事故が発生し、また社長の命令でしぶしぶ手を染めた贈賄も発覚し、窮地に立たされ、仲間たちの信頼も失う。ラジューは身の潔白を示すため全てを証言するため、ライバルの妨害を退け、法廷に出頭する。ラジューは無実が証明され、レヌの愛と仲間の友情を取り戻す。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る