ムトゥ 踊るマハラジャ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ムトゥ 踊るマハラジャ
ムトゥ 踊るマハラジャ
13%
59%
22%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インドの国民的俳優ラジニカーントが主演を務め、大地主に仕える召使いムトゥの活躍を、インド映画ならではの歌や踊りをふんだんに取り入れて描いた娯楽大作。日本では1998年に公開されて大ヒットを記録し、インド映画ブームを巻き起こした。大地主ラージャーの屋敷で働くムトゥは、ラージャー専属の執事、馬車の御者、ボディーガードとして、常にラージャーと行動をともにしていた。ある時、ひょんなことから旅回り一座の女優ランガと恋に落ちたムトゥだったが、ラージャーもまた、ランガを好きになってしまう。さらに、屋敷を乗っ取ろうと企むラージャーの伯父の陰謀により、ムトゥは屋敷を追い出されそうになるが、ラージャーの母シヴァガーミがムトゥの驚くべき出生の秘密を明らかにする。95年に製作され、日本では98年6月、渋谷のミニシアター、シネマライズ単館で公開がスタートすると口コミで評判が広がり、23週におよぶロングランを記録。その後も全国で上映されて大ヒットとなり、日本にインド映画ブームを巻き起こした。日本公開から20周年を記念した2018年、4K&5.1chデジタルリマスター版でリバイバル公開される。

1995年製作/166分/インド
原題:Muthu
配給:エデン
日本初公開:1998年6月13日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1995/2018 KAVITHALAYAA PRODUCTIONS PVT LTD. & EDEN ENTERTAINMENT INC.

映画レビュー

4.0インド映画を日本に知らしめた伝説の作品

2018年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

インド映画も日本ですっかり定着したが、その先鞭をつけたのはこの作品だった。渋谷シネマライズで毎日長蛇の列だったのを覚えている。当時は歌って踊りまくるのが衝撃だった。

デジタル・リマスター上映で改めて観たが、20年経っても映画の魅力は全く衰えていなかった。最近のインド映画は洗練された演出をするようになったが、ハリウッド映画と変わらない画作りになってしまったようにも思うし、むしろこの映画のほうがインド映画としての強烈な個性を感じる。主演のラジニカーントのキレのある踊りとアクション、きらびやかな衣装、CGを使っていない大量の馬車によるチェイスシーンなど見どころ満載、3時間があっという間だ。ランガを演じたミーナも美しくて見とれてしまう。

とにかくこの映画は笑顔が絶えないのが良い。いつもだれかが笑っていて、観客と一緒に楽しもうという姿勢が感じられる。観終わった後、最高にハッピーになれる映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
杉本穂高

1.5今見返すべき映画ではない

tiso jackさん
2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

寝られる

インド映画を日本に知らしめた伝説の映画として名高いが、何か感動や楽しさを求めてこの作品を今見返すのはオススメしない。
有名作を話のネタとして見ておく程度で臨むのが良いだろう。
私は前者であり、見事に肩透かしを喰らってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tiso jack

3.5インド映画のイメージを確立した名作

n.yamadaさん
2019年11月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

興奮

インド映画の日本での知名度を一気に押し上げた、伝説の作品。この作品のおかげで、インド映画=ダンス満載のミュージカル映画というイメージが確定したと言えるんじゃないでしょうか。

まぁ確かに、ストーリー展開も楽しくて、見てて飽きない。コメディとしても笑えるシーンの連続で、ダンスも凄いって言うより楽しい。
でもこの作品、とにかくミュージカルとして曲が良いのが成功した理由かも。無駄に大袈裟だったり、明るい曲調だったり、ちょっと憂いを帯びた曲だったりと、バラエティに富んでいる(^^)b

ただこの作品、とにかく長い( ^_^ ;)
意味不明なシーンも多かったので、その辺をカットしたらもっと見やすくなるんじゃないかなぁ?( ^_^ ;)

とりあえず、この作品を見てダメなら、インド映画(のミュージカル)はダメかもね~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

5.0違和感こそ最大のエンターテイメント

きりんさん
2019年10月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

矢口監督の「ダンス・ウィズ・ミー」を見ながら僕の心は、退屈で、かつての「ムトゥ」に飛んでいました。

ミュージカルの違和感を揶揄してみたという矢口監督でしたが
新作を肩透かしに感じたのは中途半端だったからだと思うのです。

映画はドキドキしてなんぼです。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「踊るマハラジャ」シリーズ関連作品