夕陽のギャングたち

劇場公開日

解説

二十世紀初頭のメキシコを舞台に、アイルランド人の革命家とメキシコ人山賊の活躍を描く。製作はフルヴィオ・モルセッラ、監督はセルジオ・レオーネ、レオーネの原案を彼自身とルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、セルジオ・ドナーティが脚色化した。撮影はジュゼッペ・ルゾリーニ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はロッド・スタイガー、ジェームズ・コバーン、ロモロ・ヴァッリ、マリア・センティ、フランコ・グラツィオーシなど。日本語版監修は清水俊二。テクニカラー・テクニスコープ。

1971年製作/イタリア
原題:Duck You Sucker
配給:ユナイト

ストーリー

一九一三年のメキシコ。陽気で人の好い山賊の首領ファン・ミランダ(R・スタイガー)は、サン・フェリペに通じる街道で、駅馬車を襲った後オートバイで通り合わせたアイルランド人ジョン・マロリー(J・コバーン)を捕えた。彼は、アイルランド共和国の脱走兵でやたらダイナマイトを振り廻すところから、イギリス政府のおたずね者になっていた。メサ・ベルデの銀行を襲撃しようとしているファンにとって、彼と組めば鬼に金棒だ。早速二人はメサ・ベルデ行の列車に乗り込んだ。途中、ファンは警察に見つかり逮捕されそうになったところを、謎の人物、外科医のビレガ博士(R・バッリ)によって助けられた。メサ・ベルデに着いてみると、銀行は軍隊によって警護されていたが、計画を敢行し襲ってみると、中には政治犯が監禁されていた。パンチョビラやサパタの革命軍に加わっているビレガ博士に引っかかってしまったのだ。ファンは革命軍の英雄として祭り上げられたものの、冷酷なグチエレス大佐(D・アントワン)率いる政府軍によって追われる身となってしまった。やがてグチエレスの手によってビレガ博士が捕えられ、激しい拷問の結果、何千という革命の指導者たちが死ぬことになった。一方、山の隠れ家に戻ったファンが目撃したものは、老いた父ニーノ、そして可愛い六人の息子がグチエレスによって虐殺されている姿だった。怒りに燃え復讐を決心したファンは、待ち伏せていたグチエレスに捕えられたが、ジョンに救出された。アメリカへ行こうと決めた二人は列車に飛び乗った。その列車が革命軍に攻撃された時、ファンは逃亡中の総督ドン・ハメイ(F・グラツィオーシ)を殺し、またまた革命軍の英雄に祭り上げられてしまった。もうアメリカの銀行を襲うどころではない。パンチョビラがファンにほれ込んだのだ。そんな時、ビレガが革命軍に戻ってきてジョンをびっくりさせた。彼は、ジョンに裏切り行為を目撃されていたとは知らないのだ。パンチョビラは、ファンとジョンに、グチエレスと千人の部下を運ぶ列車の襲撃を命じた。ジョンはビレガを連れてダイナマイトを積んだ列車に乗り込んだ。それをグチエレスの列車に衝突させようというのだ。二台の列車が近づき、あわやという瞬間、ジョンは飛びおり、ビレガを乗せた列車は轟音をたてて衝突した。そこへファンの率いる一隊が到着し、後始末を始めた。硝煙の中からファンが現われ、二人が駆けよろうとした時、銃声が響き、ジョンの躯がくずれ落ちた。涙にくれるファンにほほえみかけるジョンは上着のポケットに目をやった。そこにはダイナマイトが二本残っていた。「お願いだ」、ファンは導火線に火をつけた。赤い火花は空を彩り、それはジョンが夢みたであろう最も大きな、美しい、見事な爆発であった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

1.0死体だらけ

2022年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ストーリー:山賊野郎とダイナマイト野郎は、出会った時は仲が悪かったが結局協力して銀行を襲う。ダイナマイト野郎にはめられて山賊野郎は革命の英雄になる。

マンガチックでわかりやすい。
笑いを誘う部分もあるが、テンポが悪い。長い。
意外と大掛かり。
オープニングとエンディングの毛色が違いすぎる。
人物像に厚みがない。
つまらない映画。

今週の気付いた事:革命とは双方の虐殺合戦。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほとはら

3.0暖か味のあるギャング映画

2021年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

全体的には音楽含め結構コミカルな展開に思えました。同じ監督の「ウエスタン」はスリルや心情が深く出ているお気に入りなのですが、似た路線を期待した自分は、まず肩透かしを食らってしまった(苦笑) 軽いタッチにしたことで女性にも観やすいノリにしたのかなと。

 前半、馬車に乗せてもらった主人公のことをバカにする上流人間達の姿を、憎らしいまでにアップで撮る。美味しそうに食べてる口元をアップにしたり屁理屈を言いながら服装、料理、グラス等いかにも勝ち組て感じの余裕。そこに主人公の仲間が襲い掛かる「ざまぁみろ」感は観てて気分爽快になりますね。実生活で「今に見てろよ」というハングリーな気持ちにさせてくれます。ただ、こういう情が出てる場面は後半に進むまで少ないのが残念かな。

(印象に残った場面)
 ・ポスターを後ろから指で破り、覗き見してる目が元顔と上手くフィットするのは洒落てる
・橋を爆破するシーンは爽快
・死人を眺め洞窟から去っていくJ.コバーンの後ろ姿の映像美

 しかし何だか場面場面の繋がりがいまいちわからなかった。いつ仕掛けたの?いつ忍び込んだの?気になってしまいました。。。

 100分過ぎからは冗談も減り真剣みがあって良かったです。鳥の糞が頭に落ちて場が和むシーンなんかは前半の半端なコミカルさとは違って好きです。二人が噛み合った瞬間と思えたので。

 死ぬまで爆破と縁がある職人ジェームズ・コバーン、格好良かったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
はむちん

4.5無骨な男の泣けるクライムムービー

2019年7月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、DVD/BD、CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

楽しい

勝新太郎と高倉健の唯一の共演作「無宿/やどなし」をテレビで観ていて、ふと思い出した映画です。昭和の映画スターは無骨で画面に溢れるオーラが洋の東西を問わず半端ないなと感じたからです。それから見ると近年の男達は綺麗過ぎて(特に日本映画)リアリティのある野性味が、もの足りないように感じます。「夕陽のギャングたち」は公開当時の1972年に2本立ての一本として観ましたが、もう一本の方がメイン(確かヘップバーンの映画だったような?)の公開だったため当時は評判にならなかったが、私はこちらの作品の方が大いに気に入ったのを覚えています。それからビデオやテレビ放映で3度ほど、いつ見ても涙が出る名作だと、お気に入りの一本です。最後のシーンからエンディングの曲が流れると、ほぼ条件反射のように泣けてくるのだから、たまりません。映画音楽の巨匠と言われるモリコーネは、その後の映画やドラマ音楽に多大な影響を及ぼし第一線で活躍する多くの弟子を育てたことでも知られていますが。このエンディングの曲の良さは、やはり映画を鑑賞してこそ深い感銘を受けられるのだと感じます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ロンロン

3.5とてもよかった

2019年3月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
吉泉知彦
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る