モンタナの風に抱かれて

劇場公開日

15%
41%
33%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

雄大なモンタナの大自然を舞台に、傷ついた少女と馬の癒しと再生、男と女の切ない愛の交わりを、美しい映像で綴っていくドラマ。監督・製作・主演はハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォード。「クイズ・ショウ」に続き、これが監督第5作目となる。共同製作はパトリック・マーキー。製作総指揮はレイチェル・フェファー。脚本は「ポストマン」のエリック・ロスと、「フィッシャー・キング」「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェニーズ。原作はニコラス・エヴァンスのベストセラー小説。撮影はオリヴァー・ストーン作品で知られるロバート・リチャードソン。音楽は「ショーシャンクの空に」のトーマス・ニューマン。美術はジョン・ハットマン。編集はトム・ロルフ。衣裳はジュディ・L・ラスキン。共演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、「ホーム・アローン3」のスカーレット・ヨハンソン、「スノーホワイト」のサム・ニール、「バードケージ」のダイアン・ウィースト、「大いなる遺産」のクリス・クーパーほか。98年キネマ旬報ベスト・テン第9位。

1998年製作/167分/アメリカ
原題:The Horse Whisperer
配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

ストーリー

13歳の少女グレース(スカーレット・ヨハンソン)は乗馬中に巻き込まれた事故で親友と右足を失い、人生に深く絶望していた。また彼女の愛馬ピルグリムも、事故のショックで人間になつかない暴れ馬になっていた。ニューヨークで雑誌編集長として活躍しているグレースの母親アニー(クリスティン・スコット・トーマス)は、娘の心を回復させるにはピルグリムの全快が必要だと考え、モンタナで馬専門のクリニックを開業しているトム・ブッカー(ロバート・レッドフォード)の元へ、弁護士の夫ロバート(サム・ニール)をひとりニューヨークに残し、グレースとピルグリムを連れてトレーラーで旅立った。トムはアニーの強引な態度に呆れるが、グレースが協力するならばという条件つきでピルグリムの治療を引き受ける。トムの自然に逆らわない優しく誠実な治療法により、ピルグリムは徐々に回復し、グレースも少しずつ笑顔を取り戻していった。そしてアニーはトムに、またトムもアニーに、心惹かれはじめる。そんな時、アニーに会社から解雇命令が届いた。トムに恋していたアニーは、意外にも全くショックはなかった。あるキャンプの夜、ふたりはキスを交わすことになる。だがしばらくして、ロバートがニューヨークからやって来た。ロバートはすっかり元気になった娘の姿を見て、トムに心から感謝するが、アニーはそんな夫を見ているのがつらかった。やがてピルグリムはグレースを背に乗せ、歩けるまでに回復する。そろそろモンタナを去る時が来たようだ。ロバートはアニーのトムに対する感情に気づいており、すべてを彼女の決断にまかせることにした。アニーは悩んだあげく、恋心を引きずったまま、それでも夫と共にニューヨークに帰っていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第71回 アカデミー賞(1999年)

ノミネート

主題歌賞

第56回 ゴールデングローブ賞(1999年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ロバート・レッドフォード
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Moviestore Collection/AFLO

映画レビュー

4.0自我

2021年10月10日
Androidアプリから投稿

少女グレース(ヨハンソン)の母親が
やり手編集長アニー(スコットトーマス)なのだが
直感で事故った娘と馬をトム・ブッカーの農場に運ぶ

この強引さ
というか自我の強さがプラスにもマイナスにも働く
という話で 最後に本人もそれを自覚する

そしてその自我の強さにも惹かれた
みたいなトム(レッドフォード)は
この恋の結末が自身の結婚生活と同じ運命になることを理解している

馬の治療とは馬の自我とも向き合うことだからだろうか

生きてゆくために人間との信頼関係が大切な西部では
同じように馬との信頼関係も必須

「都会がそんなによいの?」と問いかけるトムは
ハリウッドから距離を置いて暮らしたレッドフォードの姿に重なる
(変人と言われていた!?)

「黒馬物語」(1994)で主役の馬に興味を持ったので この映画を見てみようと思った、が
彼が演じたのはピルグリムではなくて、ガリバーの方だった

事故の場面もそうだが、どうやって撮影しているのだろうか

調教師の仕事に興味を持ったら
同じような人が沢山いるらしく
バック・ブラナマンを描いたドキュメンタリー「バック」が存在していた
機会があれば観てみたい

この映画の主役は馬とカウボーイと西部(モンタナ)の大自然みたいですが
陰の主役は調教師だと思われます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie

2.0冗長

J-taさん
2020年7月26日
iPhoneアプリから投稿

普通に馬とスカーレット・ヨハンソンの話だけでいいと思う。ロバートレッドフォードとスカヨハの母さんの恋愛話はなくていいかと思った。途中の恋に発展しそう、みたいな伏線も少々興醒めである
折角いい話、いい画なのに、なんだかなあと思った。
そこ削って2時間で納めた方が美しいかと

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J-ta

3.0馬の目の優しさ‼️

2020年5月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

泣ける

幸せ

こういうcureの方法があるのを初めて知った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねこ太ん。

5.0馬は友だち

きりんさん
2019年12月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ポニーを飼っていたことがあります。
馬は群れで生きる生き物。1頭飼いすると呆れるほど人間にベタベタに甘えるんですよ。

すり寄ってきて離れません。
袖口を噛んでついて回ります。ブラッシングを求めているのです。
毎朝出勤しようとすると「一緒に連れてってちょうだ~い!」と大騒ぎ。
あぐらをかいて本を読んでいるとマジでネコのように膝に乗ってこようとします(汗)
邪魔なので押し返すと足元で横になってイビキをかいて寝るので僕は馬に寄りかかって読書継続。
(馬って立って寝るんじゃなかったですけ?)。

話には聞いていましたが、馬がここまで人間の友だちになり、“癒しのバティー”になってくれるとは驚きでしたね。

だからよーくわかります、
映画で「馬ロス」でヨハンソンがああなってしまうこと。

そして人間嫌いのレッドフォードこそ、馬=友人がいなくては生きられなかった人なんだろうなってこと。

馬の映画はたくさんありますが、どれも馬好きの作者によるものですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る