メジャーリーグ2

劇場公開日

3%
28%
54%
13%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大リーグのお荷物球団クリーブランド・インディアンズ(実在する)の珍無類の活躍を描いた、野球コメディのヒット作「メジャーリーグ」(89)の続編。今回は奇跡の逆転優勝から一転、最下位へと転落したチームが再び優勝を目指す姿を描く。監督は前作に続きデイヴィッド・ウォードで、製作はジェームズ・G・ロビンソンとウォードの共同。撮影は「心の扉」のヴィクター・ハマー、音楽は「ニュー・ジャック・シティ」のミシェル・コロンビエに交代。出演はチャーリー・シーン、トム・ベレンジャー、ジェームズ・ギャモンら前作のメンバーに加え、日本から″とんねるず″の石橋貴明が助っ人選手役で参加したのも話題に。

1994年製作/アメリカ
原題:Major Leage II
配給:東宝東和

ストーリー

万年最下位から脱し、昨シーズンは奇跡の逆転優勝を遂げたインディアンズ。今年も期待がかかるが、ナインの様子が少しおかしい。豪速球型から変化球投手に転じたリッキー(チャーリー・シーン)、ハリウッドで映画の撮影があるため、足のケガを心配して長打狙いのバッターになるというウィリー(オマー・エップス)、ブードゥー教から仏教徒へ改宗したセラノ(デニス・ヘイスバート)ら、選手たちのプレイは冴えない。サードのドーン(コービン・バーンセン)は意地悪な女性オーナーのレイチェル(マーガレット・ウィットン)から球団の経営権を買い取り、オーナーの座に収まっていた。キャッチャーのテイラー(トム・ベレンジャー)は選手としては引退同然で、二塁への送球に全く自信のない新人キャッチャー、ベイカー(エリック・ブラスコッター)のコーチを任される。ブラウン監督(ジェームズ・ギャモン)もチームの状態に頭を抱えるが、新加入のパークマン(デイヴィッド・キース)を除いて全く振るわない。連敗続きのふがいなさに頭にきたパークマンも、突然移籍してしまった。観客も激減し、心労で倒れたブラウンの代わりにテイラーが監督代理を務めるが、全く事情は変わらない。ドーンは再び、レイチェルにチームを売ってしまう。そんなある日、日本から助っ人としてやって来たタナカ(石橋貴明)がカミカゼ・プレイで猛ハッスルし、それに刺激されてかナインも次第に復調しはじめる。チームにツキが戻ったが、女性エージェントのフラナリー(アリソン・ドゥーディ)の元でCM撮影にうつつを抜かしているリッキーだけがスランプのまま。徐々に勝ち星を上げたインディアンズは、とうとうリーグ優勝戦を迎える。恋人ニッキ(ミシェル・バーク)の態度に目を覚ましたリッキーは、いよいよ正念場でテーマ曲に乗って登板。見事勝利を飾り、彼女の愛も勝ち得た。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

1.5酷い

ダビさん
2021年7月31日
Androidアプリから投稿

パート1は良かったのに残念。
タカさん結構出てるんや、くらいしか感想が出てこない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ダビ

3.0選手の魅力が薄れ物語も行き当たりばったり

Cape Godさん
2021年3月1日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

総合:55点 ( ストーリー:55点|キャスト:65点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:75点 )

 二作目だが、駄目な選手が集まりながらも最後には優勝を目指して頑張っていた前作と異なり、成功に浮かれたからなのかあるいは理由すらないままにすっかりと良さが消え失せ駄目な選手になっていた。選手としてだけではなく人としても、調子に乗ってさっぱり駄目な人になった。前作で個性が強く面白かった登場人物たちに魅力が減少したし、登場人物の面白さがこの映画の大きな魅力だっただけに作品全体の質感が落ちた。
 そして物語のほうも、特に良い敵役がいるわけでも大きな目標を持つこともなくただ試合をしていて面白みに欠けた。前の球団の持ち主も無理矢理登場した感じで敵役としての魅力が薄い。インディアンスは弱いのにいつの間にか倒すべき明確な敵も理由もないままに強くなるのも不自然だった。

 石橋貴明が登場するのは、野球が人気がある日本市場での興行収入を意識したのだろうか。何にせよまだまだ典型的なアメリカ人が考えるへんてこな日本人像であったが、それでも日本人が登場するのは良かった。野茂投手のメジャーリーグ挑戦のほんの少し前の作品であり、その意味で時代の先取りであった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Cape God

3.5もう少し意外性があったなら

光陽さん
2021年1月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

興奮

気楽に観られる楽しい映画でした。
でも、新キャラ石橋貴明さん以外は1とはほとんど代わり映えしない展開だったので、もう少し意外性とかあったならもっと良かったように思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
光陽

2.0石橋貴明

kossyさん
2020年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 優勝して有名になって、ギャラが上がったりオフは映画出演するやらで全くやる気のない選手たち。一度名声を得ると陥りがちなジレンマだ。確信犯的な手法で続編を作り上げた感がある。地区優勝するまでの過程がかなり手を抜いた仕上がりになっていて、立ち直るきっかけの描写もお粗末だ。

 石橋貴明の出演が話題を呼んだが、映画の枠にはまっていて、お笑いとしてのポジションは真価を発揮されていない。わずかながら日本人ファンに向けてのサービスがあるだけだろう。登場人物が多いため個人個人の良さを引き出せずになってしまったのか・・・どことなく『ポリスアカデミー』の続編の失敗に似ている。

 試合の見せ場がキャッチャーの野次合戦になっています・・・やはり前作と違って脚本が悪いんだろうな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「メジャーリーグ」シリーズ関連作品