南太平洋

劇場公開日

南太平洋
17%
17%
49%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジェームズ・A・ミッチェナーの小説「南太平洋物語」をオスカー・ハマースタイン2世、リチャード・ロジャースとジョシュア・ローガンによりミュージカル化されて、ブロードウェイで驚異的なロング・ランをつづけた作品の映画化。今回の映画化では「エデンの東」のポール・オスボーンが脚色にあたり、「サヨナラ」のジョシュア・ローガンが監督、撮影は「無頼の群」のレオン・シャムロイ。音楽はリチャード・ロジャース。ハマースタイン作詞、ロジャース作曲の10数曲が演奏される。出演は「旅情」のロッサノ・ブラッツィ、「魅惑の巴里」のミッチー・ゲイナー、「お茶と同情」のジョン・カー、他にレイ・ウォルストン、フランス・ニューエン、ラス・モーガンら。製作バディ・アドラー。

1958年製作/アメリカ
原題:South Pacific
配給:20世紀フォックス

ストーリー

太平洋戦争の真最中、南太平洋のある島に海兵隊所属のジョセフ・ケーブル中尉(ジョン・カー)がやって来る。彼には島にいるフランス出身の民間人で、農園主のエミール・デ・ベック(ロッサノ・ブラッツィ)に会う特別任務があったのだ。エミールの知人には、海軍の看護婦ネリー・フォーブッシュ(ミッチー・ゲイナー)がいた。彼は明朗な彼女が好きで、自分が故国で、自由のためにある男を殺したことを話す。島には洗濯屋兼よろず屋のビリス、土産物製造業のメリーなどがいて、島の司令官は海軍大佐ジョージ・ブラケット。近くには活火山を持つバリ・ハイ島があり、そこには将校以外の者の上陸が禁じられている。ケーブル中尉はブラケット大佐に、“鰐命令”を伝達する。その内容は、敵の輸送船団を攻撃するためある島に監視所を設け、そこに地理にくわしい者を配置するというもの。それにはエミールが適任だというのだった。大佐は、ネリーを通じて彼の素性を調査させる。エミール邸での晩餐会の晩、ネリーはエミールからの求婚を受け、エミールは喜びで大佐の命令には耳もかさなかった。バリ・ハイ島の祭の日、メリーはケーブル中尉を島に伴い、自分の娘ライアット(フランス・ニューエン)を紹介。2人はたちまち恋仲になる。一方ネリーは、エミールが過去に地元の女性と結婚したことがあり、妻は死に、2人の子供がいることを知り、衝撃を受ける。そしてエミールは軍慰問のショーのあとで、ネリーから結婚を断られる。その後エミールは軍への協力を引き受け、ケーブル中尉と共に飛行機である島に向かう。途中で密航したビリスは見つかって敵の襲撃を受けるが、落下傘で海上に降りる。救命袋に乗ったビリスは安全海域へ逃れ、敵軍攻撃をのんびりと見物する仕末だ。ケーブル中尉とエミールの活躍で“鰐命令”はみごとに成功するも、ケーブルは戦死、エミールは行方不明となる。その頃、エミールへの愛を取り戻したネリーは、子供たちの面倒を見ながらエミールの帰りを待つ決意をする。そしてついに、エミールは無事に戻ってくるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 アカデミー賞(1959年)

受賞

音響賞  

ノミネート

撮影賞(カラー) レオン・シャムロイ
作曲賞(ミュージカル) アルフレッド・ニューマン ケン・ダービー

第16回 ゴールデングローブ賞(1959年)

ノミネート

作品賞(ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ミッツィ・ゲイナー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0美しい歌とともに色彩を楽しんでください

あき240さん
2019年6月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

不覚にもハッピーエンドに涙しました
美しい映像、美しい風景、美しい物語、美しい歌
何もかも最高です

舞台は赤道の少し南、パプアニューギニアの東方ソロモン諸島
まだ日本軍が優勢な頃の最前線の島
日米両軍の勢力が均衡して不思議な平和な日々の中での二組のラブロマンスの物語
そして終盤はなんとその日米の均衡を破る活躍が描かれます
それによって日本軍は総崩れとなり、米軍の本格的な反攻が始まるのです
もちろんガダルカナルの戦いのことを描いているのだと思います
この戦いこそ太平洋戦争の攻守が逆転した本当の天王山でした

つまり本作は南の島のラブロマンスのミュージカル映画だとばかり思っていたら、なんと本格的な戦争映画でもあったのです

そうした強いストーリーを下地にしているからこそ、その上に展開されるラブロマンスも力強く胸を打つのだと思います

圧倒的な色彩、歌のシーンの前になるとカラーフィルターがかかり青だの黄色だのの色彩に染まります
確かに不自然でそのままの美しい自然をバックにして歌のシーンで良かったのではと思います
しかし、その色彩の変化!
超有名な名曲バリハイのシーンの燃えるような赤い色彩と歌が終わって現れる青い海と空、そしてやがて赤く燃える夕焼けの対比!
またこれも有名なハッピートークでは手指の可愛い仕草だけでなく、黄色いフィルターの映像と水中の目の覚めるような深い青のコントラスト!
まるでトロピカルカクテルに酔ってくらくらするかのようです
歌のシーンだって劇のなかで突然はいるのは、ミュージカルに慣れない人なら不自然に感じるものです
ならばカラーフィルターが感情の演出として歌のシーンと共に入っても同じはず
本作のそれが流儀なんだと心得て見れば楽しめるものになります
ぜひポジティブに捉えて色彩を楽しんで頂きたいと思います

フランス人のロマンスグレーの素敵なおじさま役のロッサノ・ブラッツィは実はイタリア人
デヴィッド・リーン監督の旅情でもレディキラーでした

本当の恋愛はどんな障壁も乗り越えてしまうはず
命がかかったときそれを理解できるという物語でした
もう一つの悲恋で終わるラブロマンスの結末を知ってヒロインは自らの中の障壁を克服できたのでした

余韻も素晴らしく美しく、胸に残りました
暑い夏の夜に是非ご覧ください

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0話は平凡でもムードや楽曲は良かったのに…

近大さん
2019年6月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

単純

幸せ

1958年のハリウッド・ミュージカル。
太平洋戦争真っ只中の南太平洋のある島を舞台に、2組のカップルの恋模様を描く。

島に住む農園主のフランス人と従軍看護婦。こちらはしっとりと大人の恋。
ある任務を帯びて島にやって来た若い中尉と島の娘。こちらは若者らしく、情熱的に。
「愛する人が居てこその楽園。居なければただの島」
陽気そうな作風に思えて実は、年の差や各々の境遇、過去、事情…意外とシビアで悲恋的。
しかしながら、2時間半という長尺の中にたっぷり2組の恋や一応戦争映画らしい見せ場を織り込んでるものの、この当時のハリウッド・ミュージカルあるあるで話はそれほど深みは無い。
が、大規模ロケが行われたという南太平洋の島の風景やムードは最高。
楽曲も印象残り、メイン曲の“魅惑の宵”もいいが、南国ムード溢れる“バリハイ”と島の娘がキュートに指をパチパチさせる“ハッピー・トーク”が好き。
見た後も暫く、メロディーが耳から離れない。

話自体は平凡でも風景や楽曲は良かったのに、本作には一つ、残念な点が。
ミュージカル・シーンになると決まって画面が赤くなったり青くなったり黄色くなったり、カラー処理が施される。
よって、せっかくの美しく雄大な景色がおじゃんに。
“バリハイ”など、実景で見たかったのに…。
幻想的な演出を狙ったのかもしれないが、その実は一体どういう意図だったのだろう…??

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.5ミッチー・ゲイナーのパフォーマンスはショウほど素敵な商売はないと同...

2016年2月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ミッチー・ゲイナーのパフォーマンスはショウほど素敵な商売はないと同様素晴らしいが作品としては舞台版南太平洋の方が良い。当時のアメリカの敵は日本だという事が良くわかるが戦時中の状況がまるで違う。映画を観るといつも日本が勝てない戦いに挑んでいたかがはっきりわかる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る