ホフマン物語

劇場公開日

解説

オペレッタ「天国と地獄」などで知られる作曲家ジャック・オッフェンバックによるオペラ「ホフマン物語」を、バレエ映画「赤い靴」の監督・スタッフ・キャストが再結集して映画化した名作アートシネマ。ドイツの詩人E・T・A ・ホフマンの小説から3つの恋物語を用いて脚色した戯曲をもとに、主人公である詩人ホフマンと、パリの自動人形オランピア、ベネチアの高級娼婦ジュリエッタ、ギリシャの歌姫アントニアが織りなす幻想的な3つの恋の顛末を描く。キャストには当時のオペラ界・バレエ界のトップスターが集結し、テノール歌手ロバート・ランスビルがホフマン役、ソプラノ歌手アン・エイアーズがアントニア役を務めた。さらに、振付も担当したフレデリック・アシュトンや「赤い靴」のモイラ・シアラーらサドラーズ・ウェルズ・バレエ団のダンサーたちも出演し、オペラ歌手が歌唱吹替えを行った。演奏は、トーマス・ビーチャム指揮によるロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団。第4回カンヌ国際映画祭特別賞、第1回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。1951年製作で日本では52年に劇場初公開、2001年に製作50周年を記念したオリジナル全長版でリバイバル公開されている。

1952年製作/124分/イギリス
原題:The Tales of Hoffmann
配給:リスキット
日本初公開:1952年3月1日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第24回 アカデミー賞(1952年)

ノミネート

衣装デザイン賞(カラー) ハイン・ヘックロス
美術賞(カラー)  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0素晴らしいなあ

okatu1210さん
2022年1月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

70年以上前の作品ですよ。
CGとは無縁の。
すごいね この映画に込められた才能と情熱(演出・技術)。
その後の映画は、相当影響受けてるだろうなあ
あのフェリーニだって無縁でないだろう「サテリコン」とか「カサノバ」「そして船は行く」・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
okatu1210
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る