ポネット

劇場公開日

ポネット

解説

フランスの名匠ジャック・ドワイヨンが、死んだ母の帰りを待ち続ける幼い少女のひたむきな姿を描き、主役ポネットを演じたビクトワール・ティビゾルが、4歳という史上最年少の年齢でベネチア国際映画祭主演女優賞を受賞したヒューマンドラマ。交通事故で母を亡くした4歳の少女ポネットは、突然の出来事にその事実を受け入れることができない。叔母の家に預けられ新たな生活が始まる中、ひたすら母の帰りを信じて祈り続ける。周囲の大人たちはそんなポネットに「死」の概念を教えようとするが、彼女はますます自分の世界に閉じこもっていく。1996年に製作され、日本では97年に初公開。Bunkamuraル・シネマで32週にわたってロングラン上映されるなど、ミニシアター映画として大ヒットを記録した。ポネットの母を「主婦マリーがしたこと」のマリー・トランティニャン、父を監督としても活躍するグザビエ・ボーボワが演じた。2020年6月、往年の名作を劇場公開する企画「the アートシアター Vol.3」でリバイバル公開。

1996年製作/97分/フランス
原題:Ponette
配給:アイ・ヴィー・シー
日本初公開:1997年11月15日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1996 StudioCanal – Les Films Alain Sarde – Rhône Alpes Cinema

映画レビュー

3.5事故死した母親が戻ってくると信じ続けるポネットの姿に熱いものがこみ...

省二さん
2022年3月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

事故死した母親が戻ってくると信じ続けるポネットの姿に熱いものがこみ上げてきた。
最後にかなりリアルな姿の母親の霊が現れた時は、なんだこりゃと思ったが、あの展開でないとポネットが前を向くのは時間がかかっただろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

4.04歳の主人公・・・素晴らしい

2022年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

萌える

ポネットの演技につきる。
ストーリー自体は感動するほどでは無いと思うがポネットの自然なありのままの演技に吸い寄せられる。
ママの死をどう言ったら理解してもらえるのか、こちらがかまってやりたくなってしまう。
ぐずったり奔放な行動に参ってしまうがかわいすぎるので許してしまい抱きしめてあげたくなる。

最近の映画と思ったらもう25年も前の映画。
今、ポネットはどんな人間になっているのだろう。
ポネットも4歳で演じたビクトワール・ティビゾルも・・・
幸せであって欲しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Elton Shin

3.5ラストは結局そうなるのね~

Ririenさん
2021年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Ririen

4.0ポネット、4歳

2021年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

4歳のポネットは交通事故で母を失い、恋しくてたまらない。
父や周りの人は「死」をわからせようと苦労するのだが・・・。
これだけの演技をよくぞ引き出したものだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全10件)