僕の無事を祈ってくれ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

麻薬に溺れた恋人を立ち直らせるために密売グループたちと闘う青年を描いた青春映画。監督は短編『ヤッ・ハー』(未)で注目を浴び、本作が長編デビューとなるラシド・ヌグマノフ。脚本はアレクサンドル・バラノフとバフィト・キリバエフ、撮影はムラート・ヌグマノフ、音楽はヴィクトル・ツォイが担当。

1988年製作/ソ連
原題:Игла The Needle
配給:日本海映画

ストーリー

カザフ共和国マルマ・アタ。故郷に帰って来たモロ(ヴィクトル・ツォイ)は家には寄らず、まず友人のスパルタク(アレクサンドル・バシロフ)を借金を取立てるため訪ねる。だが貸した金は返してくれない。やむなく、かつての恋人ディーナ(マリナ・スミルノーワ)の別荘に泊めてもらおうと考えるが、あいにく別荘は処分され、彼女のアパートに誘われた。久し振りにあったディーナは麻薬に冒されて以前の彼女ではない。ある日、モロはスパルタクに連れられて彼の仲間がたむろするバーに行くが、そこでケンカに巻き込まれる。スパルタクはモロに街を離れるよう勧めるが、結局、モロはディーナのことが気になって一度は汽車に乗り込むが、再び街に舞い戻る。ディーナはモロに、病院への就職を世話してくれた外科医アルトゥール(ピョートル・マモノフ)に誘惑されてヤク中にされ、ヤクの運び屋役をさせられていたと告げる。治療のためにモロはディーナを海の側に連れて行き、彼女を小屋に匿う。しばらく後、街に戻った彼は、ディーナの持っていた残りのアンプルをアルトゥールに渡す。アルトゥールは麻薬中毒者たちに空のアンプル箱を渡し、薬はモロが盗んだと騙す。ヤク中たちはモロを捕え、モロは彼らから逃げ出すが、ディーナの部屋へ行くと、彼女はまた薬に手を出していた。モロは、スパルタクたちの助けを借りて、アルトゥールに復讐せんと立ち向かうが、追いつめてみると彼はただの臆病者に過ぎないことがわかり、モロは叩きのめしはしなかった。そして今度こそディーナを麻薬中毒から立ち直らせようと決意した矢先、モロは麻薬患者の一人にナイフで刺される。傷を負った彼は、雪の中、フラフラと歩き去っていく。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「僕の無事を祈ってくれ」以外にこんな作品をCheck-inしています。